ふるさと納税の基本

ふるさと納税の基本

【ふるさと納税キャンペーンまとめ】生活コストを抑える必須の制度

ふるさと納税の魅力は、寄付した額のほとんどが寄附金控除で、実質的な負担がなく、自治体から返礼品をもらえることです。 返礼品は、お米やお肉、生活用品、旅行券、家電など様々あります。 返礼品をもらって、生活費の削減にも利用できますね。 年
2019.12.01
ふるさと納税の基本

ふるさと納税は損しない。やらないほうが損なくらい。家計の節約になる活用法

ふるさと納税は、6月から新制度が始まります。 今までのように、過度にお得な返礼品はなくなりますが、新制度下でも非常にお得な制度であることは変わりありません。 ふるさと納税は、損せず、返礼品をもらうことができます。株価の変動のある株主優待
2019.05.29
ふるさと納税の基本

【5/31〆切】泉佐野市のふるさと納税は返礼品+Amazonギフトが20~40%もらえる【寄付額の最大70%】

ふるさと納税は、法改正があり、6月1日以降は、総務省が認めた自治体に対してのふるさと納税のみ寄付金控除を受けることができます。 東京都を除くすべての自治体が総務省に申請していますので、今審査されているところですね。 注目は、総務省と面と
2019.06.01
ふるさと納税の基本

【6月以降注意せよ】ふるさと納税で除外は4自治体(泉佐野市、高野町、小山町、みやき町)

ふるさと納税が令和元年6月1日以降、新制度になります。 この新制度になってから、 次の自治体へのふるさと納税は税控除が受けられない 大阪府泉佐野市 和歌山県高野町 静岡県小山町 佐賀県みやき町 東京都 の5つの自治体です。 東京都
2019.05.17
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の規制はいつから?5月31日までに申し込むのが正解!

ふるさと納税の返礼品で、過度なものが多いと問題になっていることから、ふるさと納税の見直しが始まります。 ふるさと納税を利用する側としては、残念な部分もありますが、地方の特産品を知るきっかけにもなったので、このまま制度は続いてほしいものです
2019.05.27
ふるさと納税の基本

ふるさと納税のデメリット・注意点とは?節約につながる制度を上手に利用しよう

ふるさと納税は実質的には節約手段ともなりますが、デメリットもあります。 私はふるさと納税は、家計にとってプラスの面が大きいため、毎年のようにしていますが、デメリットも理解しています。 特によく使うのは、やですね。 返礼品も豊富に取り扱
2018.12.27
ふるさと納税の基本

さとふるのAmazonギフト券キャンペーンがすごい!必ずもらえるようになってお得に

ふるさと納税の申し込みの約5割は12月に申し込み(※)に集中するそうです。 ※ の2017年申込実績 年収が決まりこの時期であれば、自分の上限額を把握しやすいので、ふるさと納税をできるからですね。 そして、昨年はここまでヒートアップし
2018.12.17
ふるさと納税の基本

楽天ふるさと納税で自己負担もタダにできちゃう!スーパーセールのチャンスを逃すな!

年内最後の楽天スーパーセールが始まりました。 楽天ポイントをがっつり貯めることができるセールです。 我が家も楽天ポイントを貯めるために、を作ったばかり。 ポイント支払いをうまく活用することで、家計支出の削減を狙います。 この年末の楽
2018.12.09
ふるさと納税の基本

どこがおすすめ?8つのふるさと納税サイト比較。会社員なら節税につなげよう

ふるさと納税は、自治体への寄付巣をすることで様々な返礼品を受け取ることができます また、寄付後は確定申告をすることで、税金が安くなるため、実質的な負担はわずか2000円です。 収入のある方は誰でもできるので使わない手はないのですね。
2018.11.30
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の注意点・損しない対策を知ってお得に節税してみよう

ふるさと納税のデメリットやするときの注意点をまとめています。 ふるさと納税歴年で賢く使えばふるさと納税は、私たちの家計にプラスになります。 ただ、注意点もいくつかあるので、これから初めてふるさと納税を始める方は、この記事で学んでいきまし
2018.11.30