ふるさと納税の基本

ふるさと納税の基本

年末のふるさと納税の駆け込みで気を付けたい3つのこと

ふるさと納税歴年で、今まで50以上の自治体に寄付をしてきました。 年末にふるさと納税駆け込みをしたこともありますが、気を付けたいこともあります。 ふるさと納税は、実質2,000円の自己負担でお得な返礼品を受け取ることができるので、収入の
2018.12.29
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の規制はいつから?5月31日までに申し込むのが正解!

ふるさと納税の返礼品で、過度なものが多いと問題になっていることから、ふるさと納税の見直しが始まります。 ふるさと納税を利用する側としては、残念な部分もありますが、地方の特産品を知るきっかけにもなったので、このまま制度は続いてほしいものです
2019.02.01
ふるさと納税の基本

ふるさと納税のデメリット・注意点とは?節約につながる制度を上手に利用しよう

ふるさと納税は実質的には節約手段ともなりますが、デメリットもあります。 私はふるさと納税は、家計にとってプラスの面が大きいため、毎年のようにしていますが、デメリットも理解しています。 特によく使うのは、やですね。 返礼品も豊富に取り扱
2018.12.27
ふるさと納税の基本

さとふるのAmazonギフト券キャンペーンがすごい!必ずもらえるようになってお得に

ふるさと納税の申し込みの約5割は12月に申し込み(※)に集中するそうです。 ※ の2017年申込実績 年収が決まりこの時期であれば、自分の上限額を把握しやすいので、ふるさと納税をできるからですね。 そして、昨年はここまでヒートアップし
2018.12.17
ふるさと納税の基本

楽天ふるさと納税で自己負担もタダにできちゃう!スーパーセールのチャンスを逃すな!

年内最後の楽天スーパーセールが始まりました。 楽天ポイントをがっつり貯めることができるセールです。 我が家も楽天ポイントを貯めるために、を作ったばかり。 ポイント支払いをうまく活用することで、家計支出の削減を狙います。 この年末の楽
2018.12.09
ふるさと納税の基本

どこがおすすめ?8つのふるさと納税サイト比較。会社員なら節税につなげよう

ふるさと納税は、自治体への寄付巣をすることで様々な返礼品を受け取ることができます また、寄付後は確定申告をすることで、税金が安くなるため、実質的な負担はわずか2000円です。 収入のある方は誰でもできるので使わない手はないのですね。
2018.11.30
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の注意点・損しない対策を知ってお得に節税してみよう

ふるさと納税のデメリットやするときの注意点をまとめています。 ふるさと納税歴年で賢く使えばふるさと納税は、私たちの家計にプラスになります。 ただ、注意点もいくつかあるので、これから初めてふるさと納税を始める方は、この記事で学んでいきまし
2018.11.30
ふるさと納税の基本

ふるさと納税とはどうやってする?3分でパッとわかる3つのポイント

ふるさと納税って興味あるけど、どうしたらいいんだろう? この記事では、 「ふるさと納税ってなに?」 「ふるさと納税の注意点は?」 「ふるさと納税はどうやってするの?」 について、3分でわかるようにまとめてみました。
2019.01.25
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の注意点。自己負担が増えないように知っておきたい3つのこと

ふるさと納税は、サラリーマンでも手軽にできる節税方法ですが、いくつか注意点もあります。 今年初めてふるさと納税をしてみようかな?と思う方は、最初にルールを知っておくと失敗しらずで、節税することができます。 我が家もふるさと納税歴年と長く
2018.12.12
ふるさと納税の基本

ふるさと納税をするときの注意点と駆け込みにおすすめ3つの返礼品

ふるさと納税は本日が最終日です。 自治体によっては、23:59分まで受け付けしている自治体もあれば、15:00までとしている自治体もあるので、必ず期限を確認しておきましょう。 自治体HPを見に行くのが簡単ですが、手間もかかります。 ふ
2018.01.01
ふるさと納税の基本

年収800万円超だと12万円以上のふるさと納税(寄付)ができて返礼品も充実

今年も残りわずか。ボーナスも支給され、今年の年収は大方決まっているのではないでしょうか。 私の年収は昨年よりも10%も削減してしまいました。子育て中でお金もかかるので痛いですが、給料が下がったのではなく、残業しなかったからです。 残業代
2018.10.12
ふるさと納税の基本

はじめてのふるさと納税で知っておくべき4つのポイントを簡単にまとめてみる。

ふるさと納税ポータルサイトの「」の調査によると、約8割の方が「ふるさと納税は知っているけど、したことがない」ようですね。 昨年は、別の調査ですが9割の人が「制度は知っているけど、したことがない」だったので、少し浸透してきているのかもしれま
2018.08.15
ふるさと納税の基本

楽天ふるさと納税・スーパーSALEはポイントアップの大チャンス!実質負担ゼロも可能です。

ふるさと納税のなかでも、まるでネットで買い物をするようにふるさと納税ができる「楽天ふるさと納税」。 ふるさと納税は、お肉やお米などの返礼品がもらえて、寄付額から2,000円を除いて残りの金額は税金控除してくれる寄付制度です。 もし、あな
2019.01.02
ふるさと納税の基本

ふるさと納税は年収ごとにお得度が変わる!初めてするときの注意点

ふるさと納税ってどうするの?ってたまに質問を受けます。 なぜか、ふるさと納税といえば・・・みたいな人になっています。 ふるさと納税は、自治体への寄付。それを”ふるさと納税”って呼ばれているわけですが、実際に納税するわけではないんです。寄
2017.11.20
ふるさと納税の基本

年末のふるさと納税の申込期限はいつまで?最強の節税方法を実践しよう!

ようやく年収が確定し、ふるさと納税をやってみようと思う方も多いと思います。 12月は自治体にとってふるさと納税をゲットできるかの正念場と言えそうですね。 そのふるさと納税。 いつまでにできるのか期限が気になりますね。 いつまでできる
2018.12.25
ふるさと納税の基本

お肉やお米がもらえるふるさと納税。発送月を選ぶと不便さが解消!

2016年のふるさと納税の受付は12月31日までです。税金は暦年で計算しますからね。 今年の年収が決まって、自治体の返礼品がもらえて、税金控除のチャンスです。 ふるさと納税の返礼品の還元率は30%~50%と言われますから、例えば、寄付額
2017.12.29
ふるさと納税の基本

ふるさと納税は「クレジットカード払い」が絶対おすすめな3つの理由

自治体に寄付することにより、寄付先の特産品など返礼品がもらえる「ふるさと納税制度」。 寄付金控除により、税金が安くなるので、自己負担はたったの2,000円です。 ふるさと納税の流れは、5つのステップを踏むだけで、とっても簡単です。
2019.01.30
ふるさと納税の基本

収入が増えても、ふるさと納税の限度額が減ってしまうときもあるので注意

ふるさと納税で大事なことは、たびたびこのブログでも取り上げていますが、限度額を確認することです。 ふるさと納税(自治体への寄付)をすると、寄付額から2,000円を除いた金額の税金が安くなり、おまけに自治体から返礼品がもらえますので、人気が
2018.12.09
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の失敗事例を踏んじゃうとお得じゃないよ。賢く節税しよう。

ふるさと納税は、サラリーマンが手軽にできる節税対策です。 自分が住んでいる自治体も含めて、自分が好きなまち、応援したいまちに納税できる仕組みですね。 ふるさと納税という名称はついていますが、実際は自治体への寄付です。 それを、ふるさと
2018.11.24
ふるさと納税の基本

ふるさと納税したあとに住所変更があった場合はどうしたらいいの?

人気の高まっているふるさと納税。 ふるさと納税をすると、寄附金控除証明書という確定申告のときに税金を安くしてくれる証明書類をもらうことができるんです。 先日、勢いよく楽天市場を利用して、ふるさと納税を実行したら・・・ 住んでいる住
2019.01.11