【おすすめ】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【株主優待】100株保有でクオカードが5000円以上もらえる銘柄まとめ

クオカード優待クオカード・ギフトカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株主優待の中でもクオカードは、優待廃止リスクも高いものの、使い勝手の良さが魅力的ですね。

私もクオカード優待はいくつか保有しているので、コンビニや書店で使っています。

あまりコンビニに行くほうではありませんが、昨年はクオカード優待だけでコンビニ支出を賄えましたので、非常に助かりました。

今日の記事では、100株保有で5,000円のクオカードがもらえる優待銘柄をまとめてみました。

スポンサーリンク

5000円以上のクオカード優待がもらえる

100株保有で5,000円以上のクオカードがもらえる銘柄をまとめてみました。

調べた限りでは、7銘柄ありましたね。

リンクは各社の優待ページに飛びます。

銘柄株主優待
3498 霞ヶ関キャピタル

【8月】100株・5,000円

5807 東京特殊電線

【3月】100株・3,000円

5,000円(1年)

7164 全国保証

【3月】100株・3,000円

5,000円(1年)

7172 JIA

【12月】100株・500円

1,000円(1年)

3,000円(2年)

5,000円(3年)

7864 フジシール

【3月】100株

3,000円(1年)

5,000円(3年)

7937 ツツミ

【3月】100株・1,000円

3,000円(3年)

5,000円(5年)

8566 リコーリース

【3月】100株・2,000円

4,000円(1年)

5,000円(3年)

9663 ナガワ

【3月】100株・10,000円

20,000円(1年)

25,000円(2年)

【】内は権利月、()内の年数は、継続保有要件です。

ナガワは投資額も大きいですが、100株1万円のクオカードはインパクトがありますね。

ジン
ジン

霞ヶ関キャピタルは、21年8月優待よりプレミアム優待に変更となりました!

3498 霞ヶ関キャピタル 株主優待 プレミアム優待 (1)

どんな会社?

どんな事業を手掛けているのか、簡単に見ておきましょう。

銘柄事業内容
3498 霞ヶ関キャピタル

物流施設、アパートメントホテルや保育園などを

投資商品として組成・運用することが収益柱

5807 東京特殊電線

古河電気工業系の電線中堅。

三層絶縁電線や自動車シート用ヒーター線などを手掛ける。

7164 全国保証

住宅ローン保証が中核。

独立系信用保証会社。

7172 JIA航空機リースが主力。
7864 フジシール包装資材の大手メーカー
7937 ツツミ

宝飾品・貴金属小売りの大手。

インドからダイヤモンドを輸入(国内1位)。

8566 リコーリースリコーグループのリース会社。
9663 ナガワ

仮設ユニットハウスの製造・レンタル大手。

自己資本比率89.5%と好財務。

ナガワは、今回初めて知りましたがかなり良さそうな銘柄ですね。

株主優待利回りが高いのは?

全て100株保有で5,000円以上のクオカードになった場合の優待利回りで算出しています。

指標面で見てみると、リコーリースが圧倒的な割安さですね。

リース会社は指標面では割安な銘柄が多いです。

27期連続増配と増配を続けている点も魅力的ですね。

クオカード優待5000円 (1)

優待5000円の場合、ナガワは20,000円の場合

霞ヶ関キャピタルは、配当予想を出していませんので、1株20円が維持されると仮定して算出しました。

優待利回りで最も高いのは、JIA(7172)ですね。

ツツミ、東京特殊電線が続きます。

総合利回りでは、JIAが5%超え

となっていますね。

リコーリースも総合利回り4.8%

と高くなっています。

株主還元の積極的なのは?

配当性向と配当利回りを比較してみましょう。

ROEがバブルの大きさです。

クオカード5000円優待 配当性向 R3.5.12現在

クオカード5000円優待 配当性向 R3.5.12現在

こうしてみると、ツツミはROEも低く、配当性向がぶっちぎりで高いですね。

EPS以上に配当を出している証拠で避けたい銘柄と考えます。

配当性向は50%未満の銘柄が多いですね。

スポンサーリンク

業績はどうか?

業績面も見ておこうと思います。

3期平均の売上増加率を見ると、各社やや成長力がないですね。

霞ヶ関キャピタルは、絶好調なので期待大です。

クオカード5000円優待 売上高 R3.5.12現在

クオカード5000円優待 売上高 R3.5.12現在

JIA、リコーリースも業績面ではやや苦戦していますね。

売上規模も見ておこう

売上規模で見てみると、ダントツでリコーリースが大きいですね。

時価総額では、全国保証ですが、このあたりが株の面白いところ。

クオカード5000円優待 営業利益率 R3.5.12現在

クオカード5000円優待 営業利益率 R3.5.12現在

その全国保証は、営業利益率80%くらいとすさまじい高さです。

詳しく分析はできていませんが、こうした初期のスクリーニングで見ると、東京特殊電線とツツミは、投資先から外したほうが良さそうです。

スポンサーリンク

クオカード5000円の優待が魅力

フリー 投資

100株保有でクオカード優待5,000円がもらえる銘柄を比較してみました。

もう一度指標面で見ておきます。

クオカード優待5000円 (1)

優待5000円の場合、ナガワは20,000円の場合

全国保証、JIA、リコーリースを保有していますが、いずれも保有続ける方針です。

JIAはややリスクの高い銘柄ですが、株価は上がり基調ですね。

霞ヶ関キャピタルも成長株としておすすめです。

また、ナガワが自己資本比率90%近い無借金銘柄であり、下げた時に拾えれば放置でいいかもしれませんね。

ツツミ、東京特殊電線は私としては避けたい銘柄です。

総合利回りは高めですが、魅力を感じません。

いずれもやや投資額が高めなのがネックですが、ねらい目はJIAでしょう。

安定度で言えば、リコーリースですね。

少額投資でもコツコツ投資を続けて単元化するのも楽しみですね。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

LINE証券は、約定代金に関わらず、買付手数料が無料と人気が高いので、LINE証券を使うことです。
LINE証券は、LIENアプリから手軽に投資信託や個別銘柄を買うことができため、投資初心者の方にも使い勝手の良い設計となっています。

【LINE証券のメリット】

  • 1株数百円から手軽に投資ができる(最低100円から投資ができる)
  • 全銘柄買付手数料が無料
  • LINE Pay・LINEポイントを使って投資ができる(1ポイント1円で入金可能)

  • 平日21時まで取引可能
  • LINEアプリから取引ができる
  • LINE Payで引き落とし設定が簡単
  • 投資信託も購入できる
これから投資を始めたい方、少額で投資を始めたい方は、まずはこの機会に口座を開設してみましょう。
口座維持手数料は無料となっています。
まずは手軽に始めて見るのが大切ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
クオカード・ギフトカード株主優待ランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント