配当金投資

配当金投資

株式投資の配当金で生活費を稼ぐという発想。配当重視が大切な理由

年前あたりから配当金を増やすことを投資のKPIにしています。 余剰資金は、基本的に配当金狙いの投資をしています。 我が家の第1目標は、年間90万円の住宅ローン相当額でしたが、2019年は保有株を手放さなければという前提ですが、達成見込み
配当金投資

配当再投資の魅力。配当利回り5%株を10年保有すれば、38%下落してもトータルで負けない

配当利回り5%の銘柄を保有し、10年間再投資すると1.05^10=1.63倍に保有株が増えます。 (1/1.63)-1=38%下落してもトータルで負けることがなくなります。 また、20年間保有すると投資元本は2.65倍になります。 株価が購
2019.03.19
国内株(配当)

【利回り5%超高配当株・比較】16年増配を続ける日本たばこ産業(JT)か、途中・無配に転落した日産自動車か

配当金を得ることを目的に、株式投資をしています。 そのなかでも、配当金を増やし続ける増配株に投資をしていますが、まだ始めて2年ほど。 もしもはありませんが、過去、今保有している増配株に投資をしていたらどのくらい増えていたのだろう?とシミ
2019.03.15
配当金投資

給料が上がらないなら増配株を買おう!配当金で生涯年収アップで家計の助けに

子育てが始まると教育費の積立を始め、お金がかかってきます。 また、年収は上がりにくい時代ですし、増税・社会保険料のアップで手取りは減る一方です。 若いうちからコツコツと投資を継続することで、この収入減に対抗することができます。 つぶや
2019.03.15
国内株(配当)

【高配当vs増配力】配当利回り5%超え高配当のJTか?増配余力のあるKDDIへの投資どちらがいい?

配当金を目的とした投資をしていますので、できるだけ安定配当株に投資しています。 2018年は約50万円の配当金、2019年は100万円以上を予定しています。 保有する日本たばこ産業(JT、2914)とKDDI(9432)の株価が同じ27万円
2019.03.23
国内株(配当)

【JPX】日本取引所グループの配当金・配当利回り推移&株主優待。倒産リスクほぼゼロの優良銘柄

国内唯一の上場取引所グループである日本取引所グループ(JPX、8697)は、東証に上場しています。 取引所運営しているところが自身の証券取引所に上場しているわけですが、国内唯一の上場取引所であるため、倒産リスクは限りなくゼロです。 日本
2019.03.15
国内株(配当)

分配金の利回り5%以上のREIT購入で不労所得を増やす。スターツプロシード(8979)を購入

インカムゲイン(配当金、分配金)を重視した投資に切り替えているので、コツコツと不労所得を増やしています。 日本株の場合は、3月決算銘柄が多く、配当金も年2回が基本なので、6月と12月しか入金がありません。 このため、できるだけ毎月、配当
2019.03.05
配当金投資

毎月20万円の配当金をめざせる高配当株の儲け方を有名投資家に学ぶ

高配当株への投資の魅力に取りつかれて、約1年ちょっと。 たまに投資雑誌である「ダイヤモンド・ザイ」を見るのですが、『高配当株』がテーマでした。 配当再投資ブロガーで有名なバフェット太郎さんや三菱サラリーマンさんも登場していましたので、配
2019.02.25
受取配当金 記録

【2019年2月配当金履歴】不人気・高配当タバコ株(BTI)などから受領。再投資資金に

2019年2月も配当金を受領しました。 配当金目的の銘柄数は10と少ないですが、なんとか毎月配当金を得ております。 2019年2月は、高配当株の代表格である、 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)英国たばこ株 AT&
2019.03.13
国内株(配当)

日本電信電話(NTT)に新規投資。配当再投資で複利運用ができる銘柄

家計の収入源を増やすため、配当金を目的とした投資をしています。 株価の値上がり益はあまり見込めませんが、安定したインカム収入狙いをしているため、精神的には落ち着いて投資できます。 2018年はJTなどたばこ株が売り込まれたので、集中的に
2019.02.18
国内株(配当)

建機世界2位!高配当株「コマツ」の配当金・配当利回り・業績推移

建機世界2位の小松製作所(コマツ、6301)。 世界1位は米国キャタピラーですが、キャタピラーの時価総額は約8兆円あり、コマツは約2.5兆円と3倍の差があります。 コマツは建設機械の遠隔監視システム「コムトラックス」を業界に先駆けて導入
2019.02.15
国内株(配当)

KDDIがカブドットコム証券にTOB(1株559円)。17年連続増配のKDDIは買い増し候補

KDDIがカブドットコム証券への出資比率49%を目途に出資すると発表しています。 カブドットコム証券は上場廃止になる見通し。 買い付け価格は1株当たり559円と、12日終値に比べて約6%高い価格を設定。 買い付け期間は、4月下
2019.02.14
配当金投資

配当再投資で報われる銘柄を選ぶ方法。元本割れリスクを減らしてトータルで勝つ戦略

配当金を増やし、安定収入源を作ることをめざしています。 配当金狙いのなかでも、減配や株価下落があると、トータルリターンがマイナスになってしまいます。 高配当株で減配しない銘柄を保有し、配当金を再投資し続けることで、トータルでは負けない(
2019.03.17
国内株(配当)

リース会社の配当利回り・連続増配年数一覧。増配多く、株主優待もあり魅力的な投資先

将来の配当金という不労所得を増やすため、増配銘柄へ投資することを基本としています。 配当金は、「株数を増やすか」「増配するか」の2点のみ増やしていけますが、後者は当然ながらコントロールできません。 そのため、過去の増配履歴を踏まえながら
2019.02.11
国内株(配当)

【8566】23期連続増配!リコーリースの配当利回り・配当金推移・増配率・株主優待

安定した配当金を得ることを目的に、連続増配株への投資をしています。 リース業界は、継続課金ビジネスですので、景気変動の影響を受けるものの、比較的、安定した収益があります。 リコーリースは、上場以来23期連続で配当金を増やしている国内屈指
2019.02.09
国内株(配当)

【JT・2018年決算発表】日本たばこ産業は配当利回り5.5%超、16年連続増配へ!

国内の高配当株では最強と思い、昨年のこの時期からコツコツと投資をしている日本たばこ産業(JT、2914)。 もう何度も決算資料を見ているので、頭にこびりついていますね。 そのJTが2018年12月期決算を発表しています。 気になる20
2019.02.09
国内株(配当)

配当利回り5%超のSUBARU(スバル)は要注意・高配当株。

3月決算企業が70%くらいを占めますので、配当金を増やすチャンスです。 3月権利確定日は、 となっています。 私は、配当利回りの高い企業への投資を中心に、コツコツと積み増してインカムゲインを増やし、経済的自由を手に入れることを目標
2019.02.08
国内株(配当)

NTT(日本電信電話)の配当利回り・配当性向・配当金推移。8年連続増配で今後も期待

子会社のNTTドコモ株を保有していますが、ふと親会社のNTT(日本電信電話)の配当金推移はどうなんだろうと思い、調べてみました。 驚きだったのが、NTTは配当性向が30%程度しかありません。 NTTドコモは40%を超えていますので、配当
2019.02.08
配当金投資

配当再投資を続けるメリットは2つ!「安定した現金収入」+「投資資金の増加」

配当金を目的とした株式投資にめざめて約2年。 2017年は約15万円、 2018年は約50万円と順調に増やせています。 その間に保有株の株価は大きく下がり(というか・たばこ株)、含み損も出ていますが、不思議なものであまり気になっていま
2019.03.17
米国株(配当)

Apple決算(2019年度第1四半期)発表で時間外は株価上昇!最強株の一つと改めて思う

Appleは2年前に50万円ほど買っていたのですが、高配当株への振り向けのため、一端は売却しています。 また、2019年初めには「Appleショック」とも言われ、株価が暴落しました。 Appleが2018年10月~12月期の決算を発表し
2019.02.01