住宅ローン

住宅ローン借り換え

【住宅ローン借換えで年利4%以上の効果も】フラット35の金利1%以下で借り換えメリット増大

5年前にフラット35で住宅ローンを借りています。 金利が固定されているため、金利が下がったときのみ、金利に関心を持ち、借り換えを検討するというスタンスです。 今のところ、変動金利で借りていたほうが安かったわけですが、長期間借りるので、固
フラット35

【頭金2割以上】住宅ローン・フラット35の金利が0.4%台も

住宅ローンの固定金利がかつてないほどに下がっています。 指標となる10年物国債金利がマイナス圏で推移するバブルかなと思える状態なので、お金を借りる側にとっては非常に有利な状況とも言えますね。 将来の金利上昇リスクを完全排除するなら、フラ
2019.09.08
住宅ローンの基本

【年収500万円台の住宅ローン】年収35%で借りると危険なワケ

フラット35の金利が史上空前の低金利になるなど、借りる側としてはメリットが大きくなっています。 住宅ローン減税があるので、10年は金利よりも減税の方が大きいので、お金を借りるとお金がもらえる状態です。 マイナス金利ってすごいですね。
2019.08.28
フラット35

【10年前借入なら500万円のメリットも】フラット35からフラット35への借り換えを検討しよう

お金を増やすには、収入を増やすか、支出を減らすかです。 どちらも使えるお金を増やすことができますね。 住宅ローンで過去にフラット35を借りている方、私も含めてですが、フラット35への借り換えのチャンスが到来しています。 長期金利が一時
2019.08.23
変動金利ローン

【住宅ローン変動金利】5年ごとに0.25%ずつ金利上昇した場合どのくらい負担が増えるのか

住宅ローンは、変動金利で借りるのが最も利息負担が小さくなるかもしれません。 固定金利と違って、将来の金利は約束されていませんので、あくまで「かもしれません」というわけです。 つまり、変動金利の場合は、『金利上昇』という不確定な点があるの
2019.07.31
住宅ローンの基本

【住宅ローン減税1%】マイナス金利時代に住宅ローンを借りるとお得なのか

マイホームを買う際に利用する住宅ローン。 マイナス金利時代で金利は固定金利で1%を下回る異常な低金利状態です。貸し手の銀行も利ざやが取れなくて干上がっている状態。 住宅ローンを借りるからお得かどうかで、マイホームを買うかどうかの決断をす
2019.07.31
住宅ローン

【住居費の負担問題】住宅ローンを利用してまでマイホームは購入すべきか

住宅ローンを利用するデメリットは、長期間にわたり借金を負うことです。 また、管理費や固定資産税など賃貸ではない負担も生まれます(賃貸の家賃には、大家の負担を肩代わりしているので実質は変わりませんが)。 将来の収入が不安定なときです。 住宅ロ
2019.07.26
フラット35

【フラット35】住宅ローンは固定金利が優位に。金利1%以下は魅力

住宅金融支援機構の全期間固定型住宅ローン「フラット35」の金利が最低水準で推移しており、将来の金利上昇リスクを完全排除できるので、金利を固定で借りる好機ともいえますね。 フラット35と変動金利または10年固定金利の差は縮まっているので、「
2019.09.03
フラット35

【フラット35】買取型と保証型の違いとは?【金利が下がるメリット】

長期金利がマイナス圏で推移しています。 金利が下がる、というか、マイナスになっているので、お金を借りる側としてはメリットがあります。 特に、住宅ローンを借りる人はメリットしかないですね。 フラット35の金利は、1.18%(21年以上借
2019.07.03
フラット35

【変動金利だけで決めない】住宅ローンを借りる際にフラット35も検討しておくべき3つの理由

マイホームを購入する際には、住宅ローンを借りる方がほとんどだと思います。 人気が高いのは金利が最も低い変動金利です。 住宅金融支援機構の調査によると、住宅ローンを借りる方の約半数が変動金利で借りています。 変動金利は、金利上昇というリスクを
2019.05.22