住宅ローン

住宅ローン借り換え

フラット35から住居費を下げれるか?住宅ローン借換えシミュレーション結果

家計の節約を実現するためには、固定費の見直しが欠かせません。 保険料やスマホ代が効果的で実践してきました。 年数万円の節約を実現できています。 さらに下げれないかと欲が出てきますね。 家計のなかでもっともウェートを占める『住居費』を
変動金利ローン

【借りる前にチェック】住宅ローン・変動金利の金利が上がったときの返済シミュレーション方法

住宅ローンを借りる人の大半が変動金利を借りています(住宅金融支援機構調査では2017年度 56.5%)。 変動金利のメリットは、その超低金利を活用できることですが、一方で金利上昇というリスクを借主である私たちが抱えることとなります。 「
住宅ローンの基本

住宅ローンの保障は何をどう選ぶ?がん、疾病保障まで有利な銀行比較

低金利の今は、住宅ローンも金利引き下げ合戦をしています。 最安金利は、変動金利であればの()でしょう。借り換えであれば、となっているので、さらにお得です。 住宅ローンを借りると、フラット35を除いて、団体信用生命保険(団信)に加入します
2018.10.19
変動金利ローン

変動金利5%ルールと125%ルール。適用がない銀行もあるので注意

住宅ローンでは、変動金利で借りることが最も低い金利を享受することができます。 このため、変動金利を選ぶ人が50%以上と最も多いですね。 低金利を実現できているのは、銀行側からすると「金利上昇した際に金利を上げることができる」からです。
変動金利ローン

ネット銀行の住宅ローンは低金利でメリットばかり?メガバンクとの比較

住宅ローンは、空前の低金利です。 特に、ネット銀行は店舗を持たないので、余分なコストがないこともあり、メガバンクなどと比較して低金利を実現していますね。 そのネット銀行の変動金利は、0.4%台を実現するなど超低金利です。 対面で相談で
フラット35

フラット35の融資手数料と金利の比較。有利に借りられるところはどこ?

フラット35は、住宅金融支援機構が貸主として、銀行が窓口となって販売している住宅ローンです。 住宅金融支援機構のバックが国なので、35年長期を固定金利で提供してくれています。 住宅ローンは、銀行にとって「金利+各種手数料」が収入源ですが
2018.12.10
住宅ローン繰上返済

住宅ローン繰上返済のタイミングは?住宅ローン減税を損しない方法とは

住宅ローンを組むと、住宅ローン減税という大きな減税制度を受けることができますね。 最大400万円(10年間)の減税となりますが、所得や借入金額などによるので、400万円をフル活用できる人は少ないです。 ですが、それでも大きな減税制度です
住宅ローンの基本

ほとんどのサラリーマンは住宅ローン減税をフル活用できない現実

住宅ローン金利が史上最低金利で推移していますので、借りるにあたっては良い時期です。 特に、日銀のマイナス金利後は、みるみる金利が下がっています。金利負担を減らせるので、メリットが大きくなっていますね。 住宅ローンのうち、元金部分は実質強
2018.08.06
フラット35

日銀が長期金利上昇を容認。住宅ローン金利はどうなる?長期金利とフラット35の推移

日銀は、金融政策決定会合(2018年7月31日)において、金融緩和による副作用を和らげるため、長期金利の上昇を容認しました。 長期金利については、声明の中で、 「金利は経済・物価情勢などに応じて上下にある程度、変動しうるものとする」
2018.10.12
住宅ローンの基本

住宅ローンの元利均等返済から元金均等返済どっちがお得?試算した意外な結果

住宅ローンを借りるときには、金利の種類(変動金利や固定金利)のほかに、『元利均等返済』と『元金均等返済』を選ぶ必要がありますね。 私は『元利均等返済』、つまり、返済期間は元本と利息の割合が変わらない元利均等返済を選びました。 元金均等返
住宅ローンの基本

住宅ローンの金利動向。変動金利シミュレーションと出口戦略は考えておこう

住宅ローン金利は、史上最低金利で推移していますが、どれだけ下がってきているのかをまとめてみました。 人口減少社会で、持ち家を持つリスクもあります。 一方で、老後の収入が先細ることが予想されるなか、家計支出のなかで最も大きい住居費を圧縮で
変動金利ローン

変動金利の特徴と借りる際の注意点。固定金利とのシミュレーション差で対策を練る

住宅ローンを借りる際には、金利のタイプをどれにしようかと悩みますね。 大きくは変動金利、固定金利に大別されます。 あなたもすでに勉強されたことだと思います。 住宅ローンは、35年など長期にわたって組むものなので、借りる前の検討が重要で
2018.09.05
住宅ローンの基本

共働きの賢い住宅ローン。夫婦二人とも住宅ローン控除を受ける方法は?

低金利の今は金利負担が小さいため、住宅ローンを借りる側にとって有利な環境です。 夫婦共働きが増えているので、夫婦の収入を見込んで借りる家庭も多いですね。 住宅ローンは、住宅ローン控除という税金を安くする制度を利用することができるので、借
2018.07.06
住宅ローンの基本

マイホーム購入の頭金をいくら貯めるかは、年収から見る借入金額を目安にしよう。

​30代のマイホーム取得率は、国勢調査のデータを見てみると、おおよそ五割くらいです。 地域によって、当然、変わってきますが、30代は多くの方にとって、ライフイベントが目白押しで、また、大きなお金が動くときでもあるわけです。 最も大きくお
2018.06.12
住宅ローンの基本

住宅ローンに不安なときには、銀行に相談すると知識もつき利用して良かった話

30代前半、 子どもが生まれた、 マイホームどうしよう、 ・・・住宅ローンってどうしたらいいんだろう? これ、4年前の私です。 ちょうど子どもが生まれるタイミングで、ひょんなことからマイホームを探すことになり、マンションを購入しま
2018.06.08
住宅ローン借り換え

住宅ローン借り換えおすすめは?【フラット35】史上最低金利で節約効果が大きい!家計改善に

フラット35は、全期間固定金利の住宅ローンです。 いまのような低金利のときに、将来にわたって金利を固定できるメリットは大きい。 フラット35は、新規借入だけでなく、借り換えにも利用することができます。 フラット35からフラット35への
2018.09.08
フラット35

住宅ローンは中途半端な固定金利は後悔のもと?金利上昇に悩みたくないならフラット35

マンション購入時に相当悩んだのが、住宅ローンの金利タイプです。 固定金利(フラット35)なのか、変動金利なのか、あるいは、10年固定金利など期間固定金利か。 現状、変動金利がもっとも金利が低く(だと()、借りる側としては有利です。 我
2018.09.17
変動金利ローン

変動金利の3つの注意点。利用してもいいと思う人はこんな人

住宅ローンを選ぶ際に最も悩むのが、金利のタイプです。 大別すると、「変動金利」と「固定金利」に分かれますが、住宅ローンを借りる方の半数以上が「変動金利」を選びます。 みんな変動金利で借りるんだったら、うちも「変動金利でいいんじゃない?」
2018.06.27
住宅ローンの基本

年収600万円で住宅ローン3,000万円を借りるリスク。税込年収の試算は危険

家族ができて、30代になると多くの人がマイホームを考えます。 持ち家率が急上昇する年代ですね。特に、30~34歳のときの持ち家率はグンと上がります。子どもが生まれたり、小学校に上がったりする時期とちょうど重なります。 年収600万円は、
2018.03.15
マンション購入

マンション買うと決意した理由。買って後悔?買って良かった?

夢のマイホーム。 我が家は、マイホームを夢とは思わず、賃貸のほうが最強じゃない?と思っていたクチです。 それでも、結果的にマンションを購入することになったわけですが、マンション購入に至るまではいろいろと悩んでいたわけです。 あなたもマ
資産運用

住宅ローン繰上返済すべき?それとも資産運用するほうが良いの?

住宅ローンは多くの方が35年で組みます。我が家のように30代で組むと、定年過ぎても住宅ローンが完済していない・・・という状況もありますね。 そのために、繰上返済という強力な方法があります。 繰上返済の魅力は「利息を減らせること」「借入期
2018.08.06
フラット35

フラット35の隠れたメリット。賃貸に出す場合も利用できる住宅ローン

住宅ローン選びで迷う金利の種類。みずほ銀行が住宅ローンから撤退するなど、低金利の環境で銀行も根を上げはじめました。 要は、「今の住宅ローン金利では手間の割に儲からないからもうしない」というわけです。 金利が上がれば、銀行の本業である利ザ
2018.10.13
住信SBIネット銀行

住宅ローン変動金利は0.4%台で借りられる。借り時が低いと金利上昇も耐えられる?

空前の低金利で、住宅ローンの金利も下がっていますね。 人気の高い変動金利の場合、今では0.4%台を提示する銀行も出ています。 私が借りた3年ほど前では、0.7%台とそれでも十分低かったですが、さらに下がっていますね。羨ましい限りです。
2018.05.21
変動金利ローン

2025年に金利1.8%予測も!?住宅ローンは変動金利が有利だけど注意点も

マイホーム購入で悩むもののひとつとして『住宅ローンの金利選び』だと思います。 とある友人は、販売会社の言われたとおりに住宅ローンを組んで、なぜその金利で組んだのか?を聞いたときに「わからん」という一言でした。 私は、提携住宅ローンには否
2018.07.31
フラット35

フラット35の金利優遇パターン別シミュ―レーションをまとめてみた

住宅ローンを借りるときに、固定金利で考えているかたは「フラット35」を検討する方が多いですね。 フラット35は銀行が窓口となって、住宅金融支援機構が提供している全期間固定金利の住宅ローンです。 そのフラット35は、金利優遇のプランがいく
2018.08.18
住宅ローンの基本

マイホーム取得でもらえるお金や安くなるお金をご存知ですか。

マイホームは、金利が低いときは買い時でもあります。 そのマイホームを購入する際に、国や自治体がいろいろな制度をつくって、支援してくれています。 実際、知らないとマイホーム購入の予算をシミュレーションするときに、「あと少しお金があったら・
2017.09.24