住宅ローン

フラット35

フラット35の金利優遇パターン別シミュレーションをまとめてみた

住宅ローンを借りるときに、固定金利で考えているかたは「フラット35」を検討する方が多いですね。 フラット35は銀行が窓口となって、住宅金融支援機構が提供している全期間固定金利の住宅ローンです。 そのフラット35は、金利優遇のプランがいく
2019.01.30
住宅ローンの基本

マイホーム取得でもらえるお金や安くなるお金をご存知ですか。

マイホームは、金利が低いときは買い時でもあります。 そのマイホームを購入する際に、国や自治体がいろいろな制度をつくって、支援してくれています。 実際、知らないとマイホーム購入の予算をシミュレーションするときに、「あと少しお金があったら・
2017.09.24
住宅ローンの基本

マイホームは「年収の5倍まで」と考えると痛い目を見る。安易な予算アップは危険

マイホームを買うときに大事なことがあります。 「いくらの家を買うのか(予算をどうするか)」 「住宅ローンをどれくらい組むか」 一生に一度の大きなお金が動くときなので、慎重になる必要がありますが、『一生に一度だから』と『ちょっと無理して
2018.06.23
フラット35

フラット35の団信が制度変更。別払い不要や介護保障もつくので使いやすく

住宅ローンを選ぶときには、悩む固定金利と変動金利。 固定金利は、金利変動の心配をしなくいいので、資金計画がたてやすいのが特徴です。 その固定金利の代表格が、フラット35です。 CMでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フラッ
2017.10.03
住宅ローン繰上返済

繰上返済と住宅ローン控除の最適関係。10年間は繰上返済しないほうがいい?

繰上返済をするのは、最強の投資法とも言われます。利息軽減効果があるので、住宅ローンの借入金額が多いほど効果は高いです。 しかも、株式投資などと違って、確実に利息を減らすというリターンを得ることができる方法が繰上返済です。 我が家は2年前
2018.08.06
住宅ローンの基本

マイホームの頭金の考え方で改めて良かったと思う選択。

マイホームを買うときに、住宅ローンを借りることになる人が大半だと思います。 その際に、できるだけ借入金額(銀行から借りるお金)を少なくすることで、利息負担を減らすことができますし、毎月の返済額も小さくすることができますね。 そのために必
住宅ローンの基本

住宅ローンの返済期間は平均14.4年と想像以上に短い。繰上返済効果が最強

住宅ローンを組むことによる「縛り」が動きを悪くするというのは、確かにそうなんです。 そうしたデメリットもあるのですが、将来のことを考えると、家賃を払い続けることを考えれば、住宅ローンの返済により、住居費が下がるというメリットもあるわけです
2019.03.10
住宅ローンの基本

住宅ローン月々の支払いはいくらまでに抑えるべきか?は人生に関わる判断

日本の住宅ローンは、担保である家がなくなっても、ローンは残ってしまうんです。 例えば、震災などで家がなくなってしまっても、住宅ローンが残っていたら返済しないといけないんです。 いわゆる二重ローンという問題です。 さて、住宅ローンを組む
2019.01.01
住宅ローンの基本

返済貧乏にならない住宅ローンの選び方。超低金利は借り手有利です。

子どもが生まれて、そろそろ家でも買おうか。 そう思ってマイホームを買おうとするときにお世話になるのが「住宅ローン」です。 初めて住宅ローンを借りるときには、どうしたものかと悩んでしまいますね。 国交省の調査によると、住宅を取得する世帯
2019.01.01
フラット35

住宅ローン選びの順番は固定金利→変動金利で検討すべき

今年マイホームを考えているあなたにとって、悩ましいのが住宅ローン選びですね。 この超低金利のなかでは、「お金を借りる」という面においてはとっても有利な時期です。一方、新築マンション価格は高騰していますので、物件価格という面では不利な時期で
2017.10.03
住宅ローン借り換え

住宅ローン控除が使えなくなる?住宅ローン繰上返済・借り換えの注意点とは?

マイホームを購入して、良かったことの一つが「住宅ローン控除」を受けられることです。 年末の借入残高の1%の所得税が戻ってくるのです(所得税で引ききれない場合は、住民税が減額される)。 我が家は、住宅ローン控除が年間20万円ありますので、
2019.01.15
フラット35

悩める住宅ローンの金利選び。固定金利で借りると借り換えするときも心理的に楽。

住宅ローン金利は、史上最低水準が続いていますね。 2016年1月に日銀がマイナス金利を導入して以降、フラット35をはじめとする全期間固定金利や10年固定金利などの固定金利の金利低下が顕著です。 国土交通省の住宅市場動向調査によると、マイ
2017.10.03
保険

フラット35の団体信用生命保険は必要?加入時の年齢で判断しよう。

住宅ローンを借りるときには、団体信用生命保険に加入することになります。 この保険は、住宅ローンを借りた人が万が一亡くなった場合に、住宅ローン相当額の保険金が下りること、つまり、残された家族は住宅ローンの返済を心配する必要がなくなるというも
2017.08.27
住宅ローン借り換え

住宅ローンの金利は家計の余裕度で選べ!どんな金利を選んでいるか参考にしよう。

住宅ローンを選ぶ際に、最後の最後まで悩むのが「金利選び」です。 変動金利にするのか、いやいや金利が上がったときが恐いから固定金利か、いやいや繰上返済をすればいいから変動金利のほうが有利だ・・・ 堂々巡りになってしまうんですよね。その気持
2018.11.23
住宅ローンの基本

年収400万円または600万円世帯がマイホーム取得のときに気を付けたいこと

年収400万円あるいは600万円世帯以外は、あまり読んでも意味がないかもしれません。 我が家は、マンションを購入するまでは、賃貸派だったのですが、今ではすっかりマイホーム派です。 どちらがいいというわけではなく、生活スタイルに合った住み
2018.02.21
統計関連

住宅ローンの負担感がある人は68.2%もいる!お金を借り過ぎてはいけない。

この時期は、マイホームをいよいよ取得する…という方も多いですよね。 我が家は2年前、ちょうどマイホーム取得の終盤を迎えていました。住宅ローンを決めて、融資を受ける。そんなときでした。 3月引き渡しの物件って多いですよね。 住宅ローンを
2019.01.27
フラット35

フラット35の金利優遇の比較。フラット35S、リノベ、子育て支援型など併用できる?

住宅ローンでも人気が高いのが全期間固定金利の「フラット35」ですね。 日銀のマイナス金利政策を出して以降、長期金利は下がり、住宅ローンの借り換え需要を生み出しました。金利が低くなっているので、底値からは上がってきているとはいえ、まだまだ十
2018.03.07
フラット35

住宅ローン「フラット35」に子育て世帯向け新制度!金利優遇を受けるとメリット大!

平成29年度予算案の閣議決定が決まりましたね。 閣議決定とは、いわば政府の意思決定です。とっても重要な決定判断です。 政府予算案の予算成立の流れはこんな感じです。 各省庁は7月に地方自治体から「予算要望して~」と集約して、そのあと
2018.03.07
統計関連

住宅ローンフラット35(2016年)の金利は史上最安値を更新した年でした。

住宅ローンを借りるときに悩むのが、固定金利か変動金利か、ですね。 2016年は、1月に日銀が「マイナス金利導入しまーす!」ということで、長期金利がどんんどん下がって、史上最安値を更新した年でもありましたね。 我が家はフラット35を借
2016.12.19
変動金利ローン

住宅ローンのスケジュールは要チェック!おすすめの銀行で事前審査を受けておこう。

マイホームを購入すると、物件の引き渡しが多いのが2月から3月の時期。 逆算すると、住宅ローンをどこで借りるのかを決めるのが、遅くても1月となります。我が家の場合は、3月上旬の引き渡しであったため、ざっくりしたスケジュールは次のようなもので
2018.04.01