住宅ローン

住宅ローン

消費税増税により、住宅ローン減税が3年延長することで、お得になるのか。

住宅ローン減税の延長が税制改正で予定されています。平成31年度税制改正の内容記事。 2019年10月から2020年末の間に新たに契約 引き渡された住宅やマンションに住民票を移して居住する人 については、住宅ローン減税が10年から
2019.07.24
住宅ローン

住宅ローン減税が10年から13年へ【3年延長】!20年末までの入居限定。中古は対象か?

消費税増税対策とし住宅ローン減税の拡充になります。 与党の平成31年度税制改正大綱が発表されましたね。 なんと、 住宅ローン減税が10年から13年に延長 されるのです。 我が家も毎年20万円の減税を受けていますので、この期間が延び
2019.01.04
変動金利ローン

変動金利5%ルールと125%ルール。適用がない銀行もあるので注意

住宅ローンでは、変動金利で借りることが最も低い金利を享受することができます。 このため、変動金利を選ぶ人が50%以上と最も多いですね。 低金利を実現できているのは、銀行側からすると「金利上昇した際に金利を上げることができる」からです。
変動金利ローン

ネット銀行の住宅ローンは低金利でメリットばかり?メガバンクとの比較

住宅ローンは、空前の低金利です。 特に、ネット銀行は店舗を持たないので、余分なコストがないこともあり、メガバンクなどと比較して低金利を実現していますね。 そのネット銀行の変動金利は、0.4%台を実現するなど超低金利です。 対面で相談で
2019.05.29
住宅ローン繰上返済

住宅ローン繰上返済のタイミングは?住宅ローン減税を損しない方法とは

住宅ローンを組むと、住宅ローン減税という大きな減税制度を受けることができますね。 最大400万円(10年間)の減税となりますが、所得や借入金額などによるので、400万円をフル活用できる人は少ないです。 ですが、それでも大きな減税制度です
2019.03.07
住宅ローンの基本

ほとんどのサラリーマンは住宅ローン減税をフル活用できない現実

住宅ローン金利が史上最低金利で推移していますので、借りるにあたっては良い時期です。 特に、日銀のマイナス金利後は、みるみる金利が下がっています。金利負担を減らせるので、メリットが大きくなっていますね。 住宅ローンのうち、元金部分は実質強
2018.08.06
フラット35

日銀が長期金利上昇を容認。住宅ローン金利はどうなる?長期金利とフラット35の推移

日銀は、金融政策決定会合(2018年7月31日)において、金融緩和による副作用を和らげるため、長期金利の上昇を容認しました。 長期金利については、声明の中で、 「金利は経済・物価情勢などに応じて上下にある程度、変動しうるものとする」 引
2019.04.14
住宅ローンの基本

住宅ローンの元利均等返済から元金均等返済どっちがお得?試算した意外な結果

住宅ローンを借りるときには、金利の種類(変動金利や固定金利)のほかに、『元利均等返済』と『元金均等返済』を選ぶ必要がありますね。 私は『元利均等返済』、つまり、返済期間は元本と利息の割合が変わらない元利均等返済を選びました。 元金均等返
住宅ローンの基本

住宅ローンの金利動向。変動金利シミュレーションと出口戦略は考えておこう

住宅ローン金利は、史上最低金利で推移していますが、どれだけ下がってきているのかをまとめてみました。 人口減少社会で、持ち家を持つリスクもあります。 一方で、老後の収入が先細ることが予想されるなか、家計支出のなかで最も大きい住居費を圧縮で
住宅ローンの基本

共働きの賢い住宅ローン。夫婦二人とも住宅ローン控除を受ける方法は?

低金利の今は金利負担が小さいため、住宅ローンを借りる側にとって有利な環境です。 夫婦共働きが増えているので、夫婦の収入を見込んで借りる家庭も多いですね。 住宅ローンは、住宅ローン控除という税金を安くする制度を利用することができるので、借
2018.07.06