ポイント制・商品券

ポイント制・商品券

今年のふるさと納税は今日が最後!駆け込みで狙いたい返礼品5選!

ふるさと納税は、本日が最終日です。 クレジットカード決済必須ですが、23時59分の決済まで対応していますね。 来年6月以降は、ふるさと納税は大きく変わります。税制改正により、 返礼割合が3割を超える、あるいは、地元産品以外の返礼品を提
2019.01.01
ふるさと納税 旅行

ふるぽのふるさと納税でJTB・JAL・るるぶ・ゴルフのクーポンが使いやすい

ふるさと納税の返礼品は、お肉やお米が有名ですが、旅行クーポンも手に入ります。 JTBが運営するふるさと納税サイト『』では、JTBやJAL、るるぶトラベルの旅行クーポンをもらうことができますね。 また、ゴルフ場予約クーポンや民泊に使えるク
2019.01.16
ポイント制・商品券

ふるさと納税で返礼品+Amazonギフトがもらえるサイトまとめ!ふるなびがお得

ふるさと納税では、寄付額のほとんどが税金控除という形でお金が戻ってきて、自治体からの特産品がもらえるのでお得な制度と言えます。 ふるさと納税は、ポータルサイトを利用して、自治体に寄付することになりますが、寄付をすることでAmazonギフト
2018.11.30
ポイント制・商品券

【2018年12月版】寄付額50%を狙える!ふるさと納税でもらえる商品券・食事券・旅行券まとめ

ふるさと納税の返礼品は、寄付額の30%までという総務省の通達が出ていますが、一部の自治体では30%以上の返礼品を用意しています。 こうした自治体へのふるさと納税をした場合には、税金控除の対象外にするという動きが出ています。 今年の税制改
2018.12.31
ポイント制・商品券

楽天ふるさと納税のメリット大きさ。楽天カードでポイントも貯まる

楽天スーパーSALEが始まりましたね。 楽天スーパーSALE期間 →  楽天スーパーSALEは楽天スーパーポイントを貯めるチャンスです。 も買い回り特典の対象なので、自己負担2,000円で返礼品がもらえるふるさと納税は見逃せませんね。
2018.12.04
ポイント制・商品券

ふるさと納税のポイントを移行する方法&有効期限延長でポイント積立する方法

ふるさと納税は、自治体へ寄付することで税金控除が受けられ、返礼品が手に入る制度です。 年収などによって受けられる税金控除額は変わります。限度額内での寄付であれば、実質2,000円の負担で済みます。 ふるさと納税の返礼品は、お肉、お米、果
2018.12.14
ポイント制・商品券

楽天ふるさと納税はお買い物マラソンも対象。ポイントでふるさと納税もできる

ふるさと納税は、自己負担2,000円でいろんな返礼品をもらうことができるので、人気が高いですね。我が家も毎年のように、ふるさと納税をしています。 ふるさと納税のサイトのなかでも、楽天ユーザーに見逃せないのが楽天ふるさと納税ですね。 は、
2018.06.14
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で「旅行券」がもらえる自治体まとめ【2019年1月現在】

​ふるさと納税は、自治体に寄付することで返礼品がもらえる制度です。 いくつもふるさと納税をしていますが、使い勝手がいいのが「旅行券」です。 寄付額の50%をもらえる旅行券もあります。 例えば、家族構成などにもよりますが、年収700万円
2019.01.07
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税・旅行券(還元率50%)!寄付額10万円なら5万円分の旅行券

昨年は、ふるさと納税の返礼品を利用して、旅行に行くことができました。 旅行代はそれなりにお金がかかってくるので、少しでも節約できるところはしたいですね。 楽天トラベルなどのポイントを利用すれば、節約できるのも魅力ですが、ふるさと納税でも
2018.12.09
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行券(クーポン)まとめ。50%還元率のギフトカードも

ふるさと納税は、寄付額のうち2,000円を除いて残りの金額が税金控除(所得税、住民税)してくれるお得な制度です。 ガシガシ使っていくことが節税にもなるので、サラリーマンでも手軽にできる節税方法と言えます。我が家も夫婦揃って、毎年ふるさと納
2019.01.20
ポイント制・商品券

ふるさと納税「ふるなびグルメポイント」「ふるなびトラベル」は期限なしのお得な返礼品

ふるさと納税でも人気が高いのがポイントをもらえる返礼品です。 具体的な返礼品を選ぶのではなく、ポイントをもらって、ポイントの範囲内で好きな返礼品を選べるというのが特徴です。 寄付をしたあとに、ゆっくりと返礼品を選べるので時間に追われるこ
2018.01.01
ポイント制・商品券

ふるさと納税は何がいいの?初めての返礼品選びで迷ったときの厳選5選(還元率高め)

年収がある程度わかってくると、しておきたいのが「ふるさと納税」です。 年収によって納税額が変わってくるので、ふるさと納税の限度額も変わってきますね。 控除上限額シミュレーションをすると、自分の年収だったらどのくらいの限度額になるんだろう
2018.11.08
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行に行ける!「Yahoo!トラベル(るるぶ)」「ふるなびトラベル」がお得!

ふるさと納税では、さまざまな返礼品が用意されていますが、なかでも利用してよかったのが、「Yahoo!トラベル」の「」で利用できる宿泊クーポンです。 今年は、那覇市へのふるさと納税で、Yahoo!トラベルを活用して、沖縄旅行にも行ってきまし
2018.12.29
買ってよかったモノ

モンベル折り畳み傘は軽くておすすめは本当だった!持ち運びにストレスゼロ!

梅雨の時期が近付いてきましたね。 私は通勤時間が長いので、傘を持つのが嫌いなんです。片手がとられますのでね。 そのため、両手が開くように必ず折り畳み傘を持っています。普段、カバンの中に入れておけば、傘を手に持って持ち歩く必要がないですか
2019.01.16
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行に行ける!宿泊代が実質2,000円とお得すぎな返礼品

総務省が返礼品は寄付額の3割までという方針(2017)を打ち出してから、4月以降は還元率の高い返礼品が少なくなると思い、ふるさと納税をしてみました。 総務省の通達は法的には縛りはないようですが、従う自治体は増えるのじゃないかなと思います。
2018.12.31
ポイント制・商品券

ふるさと納税「ポイント制」がおすすめな理由。駆け込み時に利用しよう。

ふるさと納税にポイント制度があるのをご存知ですか。 私も、ふるさと納税をするときに、ポイント制度がよくわかっていなかったので、実際に使ってみました。 ふるさと納税のポイント制度が便利!ふるぽを使ってみよう! ふるさと納税は、自治体への
2018.12.14
ふるさと納税の基本

めっちゃ便利!ふるさと納税「ポイント・カタログ制」の使い方

ふるさと納税で、ポイント制を導入する自治体が増えていますね。 今までふるさと納税は、寄付をする際に返戻品である「特産品」を選ぶことが普通でしたが、ポイント制が導入されたことで、ますます使い勝手がよくなっています。 ふるさと納税は2015
2018.12.14
ふるさと納税の基本

ふるさと納税のポイント制度は便利!「ふるさとチョイス」か「ふるぽ」がおすすめ

ふるさと納税の駆け込みが多い12月です。 ふるさと納税は自治体への寄付をすることですが、自己負担2,000円を超えた部分は所得税と住民税(あるいは住民税のみ)が安くなる節税方法として人気を集めています。 自治体へ寄付をすると特産品をもら
2018.12.14