【ふるさと納税】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

ポイント制・商品券

ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行に行ける!宿泊代が実質2,000円とお得すぎな返礼品

総務省が返礼品は寄付額の3割までという方針(2017)を打ち出してから、4月以降は還元率の高い返礼品が少なくなると思い、ふるさと納税をしてみました。 総務省の通達は法的には縛りはないようですが、従う自治体は増えるのじゃないかなと思います。
2020.10.22
ポイント制・商品券

【ポイントで返礼品】年内寄付だけで得するふるさと納税

ふるさと納税は、寄付時に返礼品を選ぶのが一般的です。 ふるさと納税は年内に申し込みをすることで、翌年の税控除を受けられることから、年内にすることが必須です。 ただ、返礼品をすぐに選べない、欲しい返礼品が見つからないというときには、寄付時
2019.12.31
ふるさと納税 旅行

【タダで旅行も】ふるさと納税でもらえる宿泊券・星野リゾートも登場

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 年内に寄付をすれば、来年税控除を受けることができるので、自己負担2000円で返礼品がもらえるのは魅力的ですね。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は旅行券の返礼品も選ぶことができるので、実
2019.12.31
スポンサーリンク
ポイント制・商品券

【還元率30%超え?!】ふるさと納税 洲本市の温泉利用券は満足度の高い返礼品

ふるさと納税は、2018年度は過去最高の寄付額だったそうです。 大阪府泉佐野市などAmazonギフト券が人気で、寄付額を押しあげたようですね。ご存知のとおり、ふるさと納税は制度改正があり、寄付額の30%までなどの条件が付きました。 条件
2019.12.30
ポイント制・商品券

ふるさと納税のポイントを移行する方法&有効期限延長でポイント積立する方法

ふるさと納税は、自治体へ寄付することで税金控除が受けられ、返礼品が手に入る制度です。 年収などによって受けられる税金控除額は変わります。限度額内での寄付であれば、実質2,000円の負担で済みます。 ふるさと納税の返礼品は、お肉、お米、果
2019.12.16
ポイント制・商品券

【期間限定】Amazonギフト券が寄付額の20%+お米がもらえるふるさと納税キャンペーン

株式会社ユニメディアが運営するふるさと納税ポータルサイトは、家電などの返礼品も取り揃えている点で魅力。 法改正により、換金性の高い返礼品は少なくなりましたが、現在でも地場産品として用意する返礼品には、家電などが取り揃っています。 寄付額
2019.09.29
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で「旅行券」がもらえる自治体まとめ【2019年1月現在】

​ふるさと納税は、自治体に寄付することで返礼品がもらえる制度です。 いくつもふるさと納税をしていますが、使い勝手がいいのが「旅行券」です。 寄付額の50%をもらえる旅行券もあります。 例えば、家族構成などにもよりますが、年収700万円
2019.07.25
ポイント制・商品券

2000円で4000円分のサーティワンアイスクリームの商品券がもらえるふるさと納税

ふるさと納税の返礼品に対する規制をめぐり、大阪府泉佐野市と総務省がバトっていますね。 2019年6月1日以降は、総務省が認めた自治体のみがふるさと納税による減税を受けられるわけです。 個人的には後出しじゃんけんだなと思いますが、総務省は
2019.06.01
スポンサーリンク