投資信託

投資信託

投信コストは信託報酬だけでない。実質コストは?楽天バンガードシリーズ

積立投資でコツコツと資産形成をしていくのに便利なのが投資信託です。 我が家も投資信託で毎月積立をしていますし、idecoも全力で使っています。 パフォーマンスに影響を与えるのが、コストです。 代表的なのが販売手数料と信託報酬です。
楽天カード

楽天証券の投信積立は楽天カード払いで。1%分の楽天スーパーポイントが貯まる

楽天カード決済で積立投資ができるようになります。上限は、毎月50,000円までですが、購入額の1%の楽天スーパーポイントが貯まるので、ノーリスクで1%取れますね。2018年10月27日からスタートです。 ローコストのインデックス投資をしておけば、信託報酬分も実質ゼロと考えれますね。
2018.09.03
投資信託

インデックス投資の出口戦略。いま考える2つの時期とその後の資産形成

月数万円のインデックス投資への積立は、資産形成をしていくのに有効な方法です。 株式の平均リターンは5%~7%程度ありますので、預貯金で持っておくより遥かにいいです。ただし、15年、20年と積立を続けていくことが重要です。 すぐにお金持ち
2018.08.13
スポンサーリンク
投資信託

ひふみ投信と楽天VTIのリターン比較。積立投資をしていれば短期は気にしない

将来の資産形成を見据えて、毎月、積立投資をしています。 お金持ちになることも、急にお金が増えることもありませんが、長い時間をかけて、預貯金よりはるかに大きなパフォーマンスが期待できます。 10年、20年と長い時間をかけて、毎月少額でもい
投資信託

積立投資におすすめの楽天全米株式インデックスファンド(VTI)。自分年金作りに

積立投資は、少額から投資することができるので手軽に始められ、かつ、継続しやすいのがメリットです。 投資は継続しなければ、リターンは得られないので、大損失による途中退場だけは避けなければなりません。 積立投資であれば、基本的にその心配が小
投資信託

年収500万円の投資額は貯蓄額の1割程度。積立投資は少額でもできる投資手法

人生100年時代とも言われ、収入源を作っていくことの重要性が高まっていると思います。 公務員の定年延長(60歳→65歳)も話題になっていますし、年金受給時期が65歳から70歳くらいになるのは既定路線だと思います。 晩婚化、晩産化の影響で
2018.07.05
投資信託

積立投資の始め方。10年、20年を見据えて少額でも始めれば大きな力となる

私たち会社員の最大の強みは、安定した給料収入があること、企業のように決算がないので時間を味方にした投資期間を持てることです。 早いことこの事実に気付いておけば良かったと悔いもありますが、いま実践しているので、それはそれでよかったと思ってい
投資信託

将来のお金不安に備えるための誰でもできる簡単な方法が積立投資

将来のお金に対する不安は誰もが持つ悩みだと思います。 私たちの手取り収入は、減る要素の方が確実に多いです。 厚生年金保険料の引き上げは平成29年9月で終了し、その料率は18.3%で固定されています(PDF 厚生労働省資料) 社会保険料
2018.08.06
投資信託

自動で積立のウェルスナビが人気。リバランスも自動で投資に時間を掛けたくない人におすすめ

積立投資をしていくのに、自動で投資先を選び、積立をしてくれるロボアドバイザーが人気が出ています。 投資先を選ぶのも大変ですし、管理も難しい・・・という場合には、毎月積立をするだけでいいロボアドバイザーへの積立投資は楽ちんですね。 そのな
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信への積立投資は約2年で25%増加。投資先はVISAやAmazonなど米国株が上位に

私の投資方針のひとつに、必要以上にリスクを取り、投資に心を乱されて、仕事や日常に支障が出ないこと、というのがあります。 過去の経験での失敗から来るものです。 そのため、投資していることすら忘れてしまうくらいがちょうどよく、積立投資を実践
投資信託

50代はお金を貯める時期は昔の話。収入を増やすために積立投資はもはや必須

50代はお金を貯める時期って印象を持っていましたが、今はガラリと変わっています。 というか、我が家も同じですが、30代で子どもを産んでるので、子どもが大学のときには50代ど真ん中です。 そして、定年延長による50代給料の減少。 人手不
2018.07.16
投資信託

投資信託の信託報酬でどれだけ差がでるの?インデックスファンド比較

つみたてNISAがはじまって、投資信託をされている方が増えていますね。 とてもいいことです。 信託報酬というランニングコストが低い方がいい・・・というのは、よくわかりますが、信託報酬下げ合戦のところもあって、どこまでこだわるかは悩みどこ
2018.05.07
投資信託

クレジットカードのポイントで投資する人が増えている!資産形成はコツコツと積立

積立投資は、会社員でもできる手軽な資産形成の方法ですね。 私も毎月3万円程度、積立投資を続けています。 給料の伸びがあまり期待できませんし、預金金利はほとんどつかないので、自分たちで自分たちの資産を守っていく、作っていくというのは大事な
2018.04.22
投資信託

過去10年間、積立投資をしていたらどれだけ増えた?&楽天・SBIで積立投資の注文方法

リーマンショックから10年が経過する2018年。節目の年とも言えますね。 人生100年時代とも言われ、人口減少や手取り所得の減少などを考えると、自分たちでお金を増やしていく取組は欠かせません。 我が家も積立投資を始めていますが、過去10
2018.06.25
投資信託

投資信託はいつ買うのがベスト?月初の株高は避けるべき?!

将来の資産形成に向けて、積立投資は有効な方法です。 まとまったお金を安値で放り込んで、高値で売却できるのが最も儲かりますが、それは至難の業(わざ)です。 そのため、買うタイミングを分散して、安いときは多く買って、高いときは少なく買う”積
投資信託

新社会人の貯金の一部は積立投資しておけばよかった。月3万円×30年で2,500万円にも

社会人になってはじめておけばよかったと思うことが積立投資です。 恥ずかしながら、社会人になったときは、投資信託??という感じでまったく知りませんでした。 いまは同じ年収500万円でも、10年前と比べて、社会保険料や実質増税などで数十万円
2018.05.07
ひふみ投信/セゾン投信

投資信託を選ぶ際に参考にしたい3つの指標(シャープレシオ、標準偏差、リターン)

将来の資産形成のために、積立投資は長く続けやすい方法だと思います。 我が家も、毎月積立投資をしていますが、もうほったらかしです。価格を見ることもなく、必要なときまで続ける方針です。 淡々と積み上げていきます。 少額投資非課税制度(NI
2018.08.15
投資信託

積立投資はどれだけリターンが出るのか?過去の相場を踏まえたシミュレーションツールをご紹介

株価が暴落した先日、ロボアドバイザーへの解約申し込みが殺到して一時サイトがつながらなかったようです。なんのために、ロボアドを利用しているのか、全く疑問ですね。 積立投資の良いところは、感情を排除して、淡々と積み立てをしていけることです。
2018.08.15
投資信託

ひふみを凌駕する「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ」というアクティブファンド

積立投資は、買うタイミングを考えずに済むので、楽ちんです。長続きしやすい。 投資は長く続けることで、複利効果が出てくるのでとにかく続けたい。 投資信託を勉強すると、低コストで、市場平均と同じリターンが出せる「インデックスファンド」への積
2018.07.16
ひふみ投信/セゾン投信

3%リターンでもすごい!月5万円の積立を20年間続けた場合でも数百万円めざせる

仮想通貨の暴落などを見ると、投資信託などでコツコツと積立投資をしている方が安全だなと感じます。 仮想通貨は私だけだと思いますが、心がなんだか疲れます。 精神的によろしくないですね。 やはり、ここは原点に返って積立投資をコツコツと愚直に
2018.08.15
投資信託

20年で年利5%のリターンも。初めての資産運用には、少額から始められる投資信託

購読している日経ヴェリタスに「今こそ投資信託」と投資信託の特集をしていました。 これから投資をはじめる方にとっては、「投資=恐い」という印象を持つ方もいると思います。私も始める前は思っていましたが、今ではなんてことありません。 はじめて
2018.08.15
ひふみ投信/セゾン投信

投資信託の強制終了「繰上償還」とは?積立投資でも気を付けるべき?

最大20年間、年40万円の投資の利益が非課税となる”つみたてNISA”が始まっています。 コツコツと積立投資は、継続しやすいですし、なにより手軽にできます。私もこの手軽さが気に入って積立投資をしています。 に毎月積立をしていますが、同社
2018.02.10
投資信託

クルマは贅沢品?!マイカー維持費年間50万円vsカーシェア年間10万円がもたらすもの

三大都市圏など都市部の場合、交通網が発達していますので、マイカーに頼らなくてもいいというメリットがあります。 私も田舎に住んでいましたので、どこに行くにもマイカーで移動という感じでした。 駅まで遠かったですし。 マイカーを購入すると、
2018.04.26
投資信託

投信ブロガーが選ぶ投票に初参加。積立で資産形成している3つのファンドを投票。#foy2017

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」で自分が選ぶ投資信託かETFの投票が、2017年11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)までとなっています。 同イベントはなんと10周年。主催者のrennyさん(ブロ
2017.12.05
投資信託

積立投資の出口をどう考えるか。「仕組み」と「習慣」が身に着いた先に考えていくのもアリ

積立投資というのは、とても地味な投資手法です。 収入は給料だけ、資産はマイホームと預貯金だけというのは、いささかリスクが高いように思います。 私たちの子どもの半分以上は、100歳以上生きるとも言われています。人生100年構想というのも出
2018.02.06