投資信託

投資信託

積立投資の効果が出る20年、30年を積み上げる2つの方法

2018年からつみたてNISAが始まり、積立投資が身近になっています。 とはいえ、積立投資により結果が出始めるのは、20年、あるいは、30年と積立を継続していかないと大きな複利のリターンは得られません。 積立投資で大事なことは、ファンド
2019.05.15
ひふみ投信/セゾン投信

20代で資産運用を始めるメリット。長期投資で勝ち組になりやすい

統計があるわけではありませんが、20代から資産運用を手掛けていると、勝ち組になりやすいと感じます。 複利運用といって、お金がお金を生むものですが、投資期間が短いと大した効果は出ません。 20代のうちから資産目標を持ち、行動していくことで
2019.04.12
投資信託

バフェットの助言。S&P500は77年で5288倍。複利の威力は強烈

株式投資をしていると知らない人はいない「オハマの賢人」ウォーレン・バフェット。 バフェットは株主向けに「株主の手紙」を出しており、2019年の株主の手紙の内容が日本経済新聞にまとめられていました。 一読しておきたいくらい良い内容だったので、
2019.04.06
ひふみ投信/セゾン投信

月2万円を30年続ければ1,000万円以上。毎月積立投資することでお金の不安は解消されるのか。

毎月、積立投資を実践しています。 投資をする理由は、将来のお金に対する不安を軽減することもありますが、単純に「お金を増やす」という目的があるからです。 出張の際に、新幹線のなかで上司と雑談をしていると投資をしたことがないとのこと。 「
2019.03.18
投資信託

積立貯金だけで大丈夫?1,000万円以上不足を補うための方法

大学卒業後、65歳までの33年間、積み立て貯金を続けた場合、金利0.1%複利だと、 毎月30,000円 12,076,515円 毎月50,000円 20,127,525円 毎月70,000円 28,178,535円 に
2019.03.08
投資信託

米国の成長果実が手に入れろ!楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)を1年積立した結果

積立投資は、続けていくことで結果が出る運用方法です。 教科書的には、できるだけローコストで、分散投資をするのが大事です。 毎月、積立投資をしていますが、そのなかでも楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)が前に発売されてから、積立
2019.01.22
ひふみ投信/セゾン投信

セゾン投信は評判通り?相場が荒れた2018年は思ったより下落幅の小さいパフォーマンス

積立投資をしていると()に毎月、投資しています。 ひふみは人気の投信ですが、2018年のリターンはズタボロでしたが、セゾン投信は思いのほかそう悪くないパフォーマンスでした。 しっかりと分散投資ができていることの現れかもしれません。 2
2019.01.08