楽天証券の投信積立は楽天カード払いで。1%分の楽天スーパーポイントが貯まる

楽天証券 楽天カード 積立投信 楽天カード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

既にご存知の方が多いと思いますが、楽天証券で楽天カード決済による投信積立が可能となります。

公式発表はこちら

控えめに言っても、積立投信するなら最強だと思います。

楽天は、グイグイ押してきますね。

サービス拡充のスピードがすごいです。

どれだけメリットがあるの?ポイントをまとめてみました。

公式 楽天証券

スポンサーリンク

楽天証券で楽天カード決済で積立投信が可能

楽天証券 楽天カード 積立投信2

何がすごいって、楽天カード還元率1%のカードなので、積立投信もそのまま楽天スーパーポイントが貯まることです。

100円につき1円相当のポイントが貯まります。

積立上限は50,000円なので、50,000円だと年間6,000ポイント貯まります。

毎月積立額楽天ポイント年間ポイント
5,00050600
10,0001001,200
15,0001501,800
20,0002002,400
25,0002503,000
30,0003003,600
35,0003504,200
40,0004004,800
45,0004505,400
50,0005006,000

貯まった6,000ポイントは、別途ポイントを使って投資に使えるので、買い増し可能ですね。

ポイント利用での上限

【楽天スーパーポイントの利用可能上限】

30,000ポイント/1注文 
100,000ポイント/1ヶ月 

年間6,000ポイントが最大なので、十分に利用できる範囲ですね。

楽天証券で買える投信が対象

楽天証券では、約2,500種類の投資信託を取り揃えていますが、それらが楽天カード決済の対象です。

投資ポイントも普及しつつありますが、投資先が限定されているのが多いです。

楽天証券は、幅広い商品に利用できるのも魅力ですね。と言っても、個人的にはインデックスファンドを中心にすべきと思います。

私が楽天証券でiDeCoも含めて、積立しているのが、

です。

全米株式市場に連動する優れたファンドです。

楽天全米 VTI VT VOO

NISA、つみたてNISAでも利用することができるのは魅力ですね。

ジュニアNISAは利用できません。

楽天カード決済のメリット・デメリット

楽天カード決済のメリットを再確認です。

メリット

  • 毎月50,000円までのカード決済が可能
  • 楽天スーパーポイントが1%貯まる(最大月500P、年間6,000P)
  • NISA、つみたてNISA利用が可能
月5万円までという上限はありますが、5万円の積立ができれば十分です。
毎月5万円積立を20年間続ければ、5%利回りで約2,000万円にもなります。
楽天証券 楽天カード 積立投信3 積立

出典:楽天証券

 
元本は、1,200万円です。1%のポイントが貯まるので12万ポイントも貯まっている計算ですね。
 
長期で積立をすればするほど、楽天カード決済の魅力の強みが出てきます。
最長20年非課税のつみたてNISAにも利用できるのも強みです。

デメリット

一方、デメリットは、

  • ジュニアNISAは利用不可
  • 法人利用は不可
  • 積立日は1日と固定(デメリットと言えるほどではないですが)
  • 楽天カードの利用上限に達している場合は積立不可

あまりデメリットらしいのは、見当たりませんね。

1日積立(カード引き落としは27日)と固定されてしまいますが、毎月積立をするのであれば特段問題ないといえます。

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントを使って投資ができる

楽天証券の魅力はますます高まっていますね。

使い勝手がいいです。

楽天証券と楽天スーパーポイントのおさらいです。

メリット① ポイントで投信購入

楽天スーパーポイントを使って、投資信託の購入ができる

【楽天スーパーポイントの利用可能上限】

  • 30,000ポイント/1注文 
  • 100,000ポイント/1ヶ月 
メリット② ポイントで積立投資

投信積立の購入代金の一部または全てにポイントを利用できます

 

【楽天ポイントの利用可能上限】 

  • 500,000ポイント/1注文
  • 500,000ポイント/1ヶ月

※2018年9月30日からスタート

 

メリット③ 楽天カード決済

楽天カード決済で積立投資ができるようになります

  • 毎月50,000円まで
  • 購入額の1%の楽天スーパーポイントが貯まる

※2018年10月27日からスタート

メリット④ SPU対象

楽天スーパーポイントプログラム(SPU)の対象

  • 楽天証券で500ポイント以上の投資
  • 楽天市場でのポイントアップ(+1倍)
楽天カード楽天証券を持っていると、かなり最強の積立投資ができるのではないでしょうか。

楽天証券での楽天カード決済の設定方法

積立投資をする際の支払い方法を「楽天カードクレジット決済」を選びます。

楽天証券 カード積立

お手持ちの楽天カードのカード番号を入力します。

楽天証券 カード積立

ポイントの設定は「楽天スーパーポイントコース」を設定します。SPUでポイントアップを狙うためです。

楽天証券 カード積立

楽天証券内でのポイントを貯める方法も選択できますが、「楽天スーパーポイントコース」を設定しましょう。

楽天証券 カード積立

 

我が家も月5万円の設定をしました。これで毎月500ポイント手に入るので、SPUの設定も可能ですね。

スポンサーリンク

さぁ!楽天カードと楽天証券で資産形成しよう

楽天証券は、アプリも見やすく、使いやすい証券です。

残高30万円以上で日経テレコンも使えるので、日本経済新聞、日本産業新聞などを読むこともできるようになります。

毎月の積立は少額でも、5%利回りで20年運用できれば、大きな金額になります。

毎月積立額20年積立運用益元本楽天ポイント
10,0004,110,3372,400,00024,000
20,0008,220,6734,800,00048,000
30,00012,331,0107,200,00072,000
40,00016,441,3479,600,00096,000
50,00020,551,68312,000,000120,000

おまけに楽天スーパーポイントまでついてきますので、積立投信をするなら楽天証券で決まりですね。

私は、楽天証券で毎月20,000円を楽天・全米株式インデックス(VTI)に積立していますので、ありがたい話です。

楽天証券 楽天カード 積立投信3 積立 VTI

月20,000円だと月200ポイントですが、ちりも積もればということで。

これから、積立投資を考えている方は、

今すぐ楽天証券の口座を作っておきましょう。

≫ 楽天証券

楽天カードを作っていない方は、あわせて楽天カードもつくっておきましょう。

≫ 楽天カード

楽天はどんどんサービス拡充してきますね。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天カード投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント