楽天ふるさと納税で自己負担もタダにできちゃう!スーパーセールのチャンスを逃すな!

楽天 ふるさと納税の基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

年内最後の楽天スーパーセールが始まりました。

楽天ポイントをがっつり貯めることができるセールです。

我が家も楽天ポイントを貯めるために、楽天カードを作ったばかり。

ポイント支払いをうまく活用することで、家計支出の削減を狙います。

この年末の楽天スーパーセールで是非とも活用したいのが、楽天ふるさと納税です。

まだ、利用したことがない方はこの機会に使ってみましょう。

ふるさと納税だからといって難しいことは何もありません。

利用しないと損しちゃうくらいですよ。

楽天スーパーSALE期間 → 3月4日(月)20:00~3月11日(月)1:59まで

スポンサーリンク

楽天ふるさと納税を今すぐしよう!

ふるさと納税は、年収に応じた寄附の限度額の範囲内であれば、2000円を除いて税控除を受けることができます。

例えば、年収600万円の方であれば、夫婦共働き(配偶者控除、特別控除利用なし)で子どもがいない方であれば、77,000円が上限額の目安です。

生命保険料控除や医療費控除などがある場合、1,000円程度下がります。住宅ローン控除は影響ありません。

詳細のシミュレーション結果はこちら

77000円を寄付した場合、所得税の還付と住民税の減税で合計75,000円の税金が安くなります。

限度額 ふるさと納税上限600-22

2000円の負担は必ず発生しますが、楽天ふるさと納税を使えば、2000ポイントの獲得はそれほど難しくないですね。

ぶっちゃけ自己負担2000円の負担も節約したいなと思い、楽天ふるさと納税にお世話になっています。ポイント率はダントツです。

ふるさと納税は、限度額の範囲内であれば寄付する自治体の数に関わらず、自己負担は2000円です。

つまり、年間通して楽天ポイントを2000ポイントもらえばオッケーなので、結構イージーです。

楽天ふるさと納税では、最低寄付額5000円程度からできるので、複数の自治体に気付すことができます。

ショップ買い回りキャンペーン対象

楽天ふるさと納税 スーパーセール 2017-11-28_21h55_442

楽天スーパーセールは、ショップ数を増やせば増やすほどポイント倍率が増えますね。

楽天ふるさと納税の場合も、

1自治体=1店舗とみなされるので、買い回りショップの対象となります。

つまり、ポイントアップを狙える!!

ということですね。

楽天スーパーセール

普通におすすめの制度です。

楽天ふるさと納税も対象というところがいい!

買い回りキャンペーンの注意点

注意点としては、寄付額1000円未満は対象外です。

税込1,000円以上の買い物が対象です。

また、買い回りでもらえるポイント数には上限があります。

10,000ポイントまでです。

このため、例えば20万円寄付したとしても、ポイント10倍でも10,000ポイントとなります。

期間限定ポイントも使える

楽天ポイントは、期間限定ポイントが多いので、使わないと損ですよね。

ふるさと納税にも使えるので、ポイントの有効活用できます。

ただ、税控除を受けられるのは、あくまで限度額の範囲内なので、ポイント利用して実質負担がないからといっても税控除が増えるわけではないのであしからず。

もちろん楽天カード決済のポイントも貯まる

まるで楽天市場で買い物をする感覚で、楽天ふるさと納税をすることができます。

もちろんですが、楽天カード決済でポイントも貯まっちゃいます。

スポンサーリンク

ふるさと納税は上限額の確認が大事

ふるさと納税をするには、税控除が受けられる寄付上限額の確認が大切です。

総務省が上限額の目安を示してくれています。

ふるさと納税 上限額一覧(一部)

出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

要は、納めた税金以上に税金が安くなるわけではないのです。当たり前ですが。

年収が高いほどに納めている税金は高くなりますので、受けられる税控除も大きくなっていきます。

本業収入以外に、不動産や副業などの収入源があれば、それを加味して上限額の確認をしておきましょう。

こちらのサイトでは、副収入も加味した上限額の確認が可能です。

この時期は、おおよそ年収は決まっているでしょうから、安心してふるさと納税ができる時期ですね。

楽天ポイントで2,000ポイント以上をゲットできれば、税控除と合わせて実質的な負担はゼロにすることができるのが魅力です。

私はこの自己負担ゼロ作戦を毎年実行しています。

先の事例で言えば、77,000円の一般的な返礼率30%分である23,000円分相当をタダで手に入れることができるわけです。

実質的な節税とも見れますし、家計の節約にも繋がりますね。

楽天ふるさと納税では、お肉やお米などの食料品の返礼品も狙うことができるので、食費の節約をすることができます。

スポンサーリンク

さぁ!楽天ふるさと納税をしてみよう

ジン
ジン

楽天スーパーセールはまたとないチャンス!

私はちょくちょくふるさと納税をしているので、限度額があまり余っていないので、ピックアップして残りのふるさと納税を堪能したいと思います。

これからふるさと納税を初めてしようと思っている方は、限度額の余りが大きいので、この楽天スーパーセールはまたとないチャンスですね。

おすすめ返礼品です。

≫ ステーキやしゃぶしゃぶ牛肉の返礼品

≫ 日本酒の返礼品

≫ エアウィーブの返礼品

≫ 旅行券の返礼品

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふるさと納税の基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント