ブロードリーフから株主優待・VISAギフトカードが届きました!

3673 ブロードリーフ (1)12月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車整備業、鈑金業、車両販売業、部品商など、自動車アフターマーケット業者向けを中心に、業務アプリケーションサービスを提供しているブロードリーフ(3673)から株主優待をもらいました。

同社は、12月決算銘柄であり、年に1回株主優待を実施しています。

この記事で分かること。

  • ブロードリーフの株主優待
  • 配当金推移
  • 業績推移
  • ビジネスモデル
  • 投資指標

などをまとめてみました。

株主優待はかなりの使い勝手の良さと魅力的な銘柄と言えます。

スポンサーリンク

ブロードリーフの株主優待

まずは、ブロードリーフの株主優待を見てみましょう。

オリジナルのVisaギフトカードが、500株保有からもらうことができます。

株数を増やすともらえる金額もUPして、優待利回りも変わらないのが魅力的ですね。

3673 ブロードリーフ 株主優待

3673 ブロードリーフ 株主優待

公式 ブロードリーフの株主優待

優待は最低500株の保有が必要です。

私はギフト券でもらえると思っていたのですが、プリペイドカードでもらえるんですね。

ブロードリーフ株主優待

有効期限(約2年)があり、リアル店舗でもオンラインショップでも使えます。便利

  • リアル店舗ではVisaでの支払い
  • オンラインは、同封されているパスワードを使ってログインして使える
  • 有効期限(約2年)がある

ブロードリーフの株主還元

ブロードリーフは、配当性向20%以上という配当政策がありましたが、20年12月期より35%以上に大幅に引き上げています。

コロナ禍による自動車マーケットの冷え込みで業績悪化で、大幅減配となりました。

3673 ブロードリーフ 配当金

業績の上向きと合わせて配当金も期待したいところです。

ブロードリーフの業績

同社は、自動車整備工場向けのアプリケーションが主力です。

主要顧客の85%は自動車修理や整備工場、部品商などであり、残りの15%は旅行代理店や観光バス事業者などになっていますね。

3673 ブロードリーフ 業績

3673 ブロードリーフ 業績

主力システムを6年一括リースをし、そのあとは月額徴収するシステムなので、安定した収益と高い利益率を誇ります。

20年12月期は大幅減益はコロナ禍の影響ですね。

財務面

ブロードリーフの財務面ですが、自己資本比率76%超えと高く、盤石となっています。

3673 ブロードリーフ 自己資本比率

3673 ブロードリーフ 自己資本比率

キャッシュフロー

キャッシュフローも基本的には、営業キャッシュフローがプラスで推移しており、フリーキャッシュフローもプラスと安心できるキャッシュフローです。

3673 ブロードリーフ CF

3673 ブロードリーフ CF

営業キャッシュフローマージンも非常に高く、現金を稼ぐ力のある会社ですね。

クラウド版投入で成長ステージへ

現在は、6年一括リースとしていますが、これをクラウド化による月額に移行する予定。

安定した収益モデルが期待できますね。

また、カーアフター市場で同社のような膨大なデータベースを有する同社は、全国で人書整備工場約92,000社の20~25%とトップシェアを誇り、高い競合性も有しています。

3673 ブロードリーフ2 20年12月期決算説明資料より

3673 ブロードリーフ2 20年12月期決算説明資料より

クラウド化による月額収益モデルにしていくことで、これまで6年ごとに大きな売上があったのが安定した収益になっていく点も見逃せないですね。

顧客が増えるほどに同社の収益が増えるストックビジネスです。

また、従量制を採用するので、収益の上振れも期待できますね。

3673 ブロードリーフ3 20年12月期決算説明資料より

3673 ブロードリーフ3 20年12月期決算説明資料より

今後はプラットフォーム上でのデータを活用したビジネスを展開することで、課金ポイントを増やす構想。

3673 ブロードリーフ4 20年12月期決算説明資料より

3673 ブロードリーフ4 20年12月期決算説明資料より

電気自動車市場の拡大など自動車市場は、今後も安定成長は期待できるでしょうから、カーアフターマーケットで活躍する同社の活躍は要チェックですね。

スポンサーリンク

ブロードリーフの株価推移

株価の推移を見ておきましょう。

コロナショックのときは一時300円台まで落ちていましたので、絶好のチャンスでしたね。

20年12月決算発表の後に、493円まで下がりましたがその後は復調しています。

3673 ブロードリーフ 株探より

3673 ブロードリーフ 株探より

500円前後はねらい目でしょうか。

指標面も見ておきます。

グレアムのミックス係数22.5以下ではないので、割安という銘柄ではありません。

3673 ブロードリーフ 指標

3673 ブロードリーフ 令和3年3月30日時点

営業キャッシュフローマージンは高い企業ですので、現金を稼ぐ力のある会社です。

財務も鉄壁で、キャッシュインも早い企業なので、それほど心配のいらないでしょう。

プラットフォーム事業がどこまで伸びるかが株価の上昇に影響しそうです。

スポンサーリンク

Visaギフトカードがもらえるブロードリーフ

ブロードリーフ株主優待

ブロードリーフのまとめ

  • 株主優待はVisaギフトカード(500株保有で5,000円)
  • 株数に応じて最大20,000円
  • 配当性向35%以上
  • ストックビジネスであり営業キャッシュフローマージン良好
  • 自己資本比率70%超えと財務安定的
  • カーアフターマーケットの分野で強みのある会社
  • 将来性あり

急激な成長はないと思いますが安定した成長は期待できそう。

株価も徐々に上がりながら、配当と優待をもらいながらのんびり保有できる銘柄と思い、決算後も持ち続けることを決めました。

500株保有から優待がもらえるので、保有する場合は500株をめざしたいところですね。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が220円(税込)で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月220円定額・税込)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
12月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント