ブレないための配当金戦略。配当金という安定収入で住居費相当が目標

スポンサーリンク
配当金投資 株式投資 住居費

将来の収入が減ること、あるいは、税金や社会保険料を含めて支出が増えることがかなりの確度で予想されるので、安定した収入源を作りたいと思っています。

10年前と比べても同じ年収でも、私たちの手取りは減っています。

安全性も高めながら、お金がお金を生む質の転換を図っていきたい。

昨年あたりから配当金収入を強く意識し、増配銘柄への投資を続けています。

と思いつつも、目の前のことで精一杯になることも多々あるので、長期目標が必要ですね。

長期の目標を設定しないと途中でブレてしまいそうになるからです。

≫ 配当金を月10万円をもらえるのにいくら必要?株価暴落時こそ投資して家計収入を増やす

スポンサーリンク

KPI:年+10万円の配当金収入

KPIとは、Key Performance Indicatorの略称で、重要業績評価指標と訳されています。

会社でもKPIやらKGIやらと言葉が飛び交うようになってきましたので、耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

と、家計の目標なのでKPIなんて使わなくてもいいので、単に使ってみたかっただけです。

株式投資をしていると、株価下落は、特に急落や大幅な下落は心理的にも辛いものがあります。

そんなときに狼狽売りしないように、何のために投資をしているのかを頭に叩き込んでおく必要があります。

我が家は、安定した配当金収入を得ることが最重要目的ですので、コツコツと追加投資をし続けるだけです。

希望目標は5年以内に年100万円の配当金を得ることですが、多額の資金が必要であり、現実的ではありません。

子どもが小学校を卒業する8年後に税込配当金が年100万円の大台を乗せたいですね。

単純計算ですが、毎年200万円、税込5%の配当利回りの企業に投資し続ければ、達成することができます。

配当金 KPI

年200万円の追加資金、配当利回り5%というのがハードルが高い時期もあるので、いかに家計キャッシュフローと割安なときに勇気をもって投資し続けることができるか、ですね。

配当利回りを4%に下げると、投資先も増えますが年200万円投資を続けたとしても、目標配当金には届きません。

配当金 KPI

ただ、現実路線としては、年150万円、配当利回り3.5%といったところでしょうか。

その場合でも、小学生卒業時には年間60万円の不労収入が作れる計算です。

それでも、やはり目標は高く100万円の配当金収入を得たい。

住居費相当を賄いたいですね。

≫ 野望は年間90万円の配当(住居費相当)。増配銘柄を増やし家計の余裕度を上げていく

捕らぬ狸の皮算用ですが、60歳まで年200万円投資を続けたと仮定すれば、年200万円の配当金(税込)の資産を作ることができる計算です。

配当金 KPI 3

こんなにうまくはいきませんが、目の前のことで慌てて売ったり、投資をやめたりしないためにも、長期目標は必要のように感じます。

特に自分的に。

配当金狙いは、時間がかかりますね。

増配銘柄への投資

毎年のように、配当金を増やしてくれる企業は「減配になる」という心配が小さいので投資候補となりますね。

三井物産などの商社も配当利回りが高く、投資先としても魅力的ですが、業績の安定度は低く、減配することもあります。好きな企業ですが、やはり減配を発表されたときにはとても残念でした。

やはり、キャッシュフローが順調で、安定的に配当金を出す企業への投資が候補となりますね。

現状投資している先としては、通信株とタバコ銘柄が多くなっていますね。


企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
NTTドコモ3.8%程度5年
KDDI3.3%程度17年
日本たばこ産業(JT)5.0%程度15年
日本郵政4.1%程度
スタートトゥディ1.0%程度10年
アルトリアグループ(MO)4.5%程度49年
ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)4.5%程度18年
T(AT&T)6.0%程度34年

このほかにも投資先はありますが、配当を生み続ける会社への投資を淡々と積み増していきたい。

追加の投資先としては、


XOMエクソンモービル) 配当利回り 4.1%程度

RDS(ロイヤルダッチシェル) 配当利回り 5.5%程度

○MMM(スリーエム) 配当利回り 2.2%程度

○シンシナティ・ファイナンシャル(CINF) 配当利回り 2.8%程度

○三井住友銀行 配当利回り 3.3%程度

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
オリックス3.6%程度9年
ブリヂストン3.9%程度9年
ゴールドウィン1.0%程度9年
東京海上ホールディングス3.3%程度7年
JR各社の比較1.0%~

などに興味を持っています。

キャッシュフローの良い企業に投資していきたいですね。

将来の家族のためにも

自分たちの老後資金への寄与もそうですが、こうしたお金がお金を生む資産を作り、子どもへの相続も可能ですね。

まだまだそこまで考えられないですが、我が子が社会人となるとき、日本の人口推移から見ると、私たちより厳しい現実があるのはほぼ間違いないと思われます。

自分もそのうちの一人となりますが、高齢者が増え、社会保障費は膨大になるでしょう。

2015 統計 将来推計人口 国立人口問題研究所

資料:国立社会保障・人口問題研究所  総数,年齢4区分(0~19歳,20~64歳,65~74歳,75歳以上)別総人口及び年齢構造係数:出生低位(死亡中位)推計より作成

2040年は私たち親が60歳になるときですが、それまでに日本の人口のTOPIXを見ていくと、こんな感じです。

配当金 KPI 統計 人口の動向

予測できることは数多くあり、対策もできていくでしょう。

それでも、人口減少による消費減少・社会保障費増大などはインパクトが大きくありそうです。

貯金株のように増配銘柄へ積み上げる

JT 株主優待 IMG_7774-min

投資のすべてが増配銘柄へ積み増しているわけではありません。

配当金目的は、キャッシュになるのに時間がかかりますからね。

ショートカットしようとするとやはり値上がり益を狙うことです。

しかし、失っていいお金はなく、塩漬け株を作らないためにも、増配銘柄への投資を中心に投資をするほうが性に合っているようです。

日本たばこ産業(JT)が急落して、配当利回りが急上昇した際には、積極的に拾っていきました。

≫ 日本たばこ産業(JT)を追加投資。配当利回り4.5%超えで高配当株として魅力

安定収入を作って、早いこと会社を辞めたいところですがw、焦ることなく、増配銘柄への投資を淡々と積み上げていきたい。

目の前のことよりも、数年後の未来をしっかりと見定め、投資を続けていきたい。

時間がかかるとはいえ、年間100万円の配当金収入が実現できれば、人生の最大支出である住居費の心配がなくなります。

人生の自由度をグンと上げてくれることにつながるので、その目標をブレずに淡々と積み増していきたい。

あわせて読みたい

ではでは。

有名ブロガーも登場している今回のダイヤモンド・ザイは「高配当」がテーマなので、読み応えありました。

配当金を得るには、まずは証券口座の開設が必要です。

利用しやすいのは、やはり大手主要ネット証券ですね。

まだ、口座を開設されていない方は今すぐ資料請求をしておきましょう。

≫ SBI証券

≫ 楽天証券

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly