【12期連続増配+優待あり】アサヒグループホールディングスの配当利回り・配当金推移

アサヒグループホールディング 国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーパードライが主力のアサヒグループホールディングス(2502、アサヒGHD)の配当金推移、株主優待のご紹介です。

アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブから、傘下のオーストラリアのビール会社カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズを160億豪ドル(約1兆2000億円)で買収することを発表しています。

縮小する国内のビール事業を補完していくためにも、欧州やオセアニア地域などグローバル企業へまた一歩前進していますね。買収金額は途方もない金額ですが。

連続増配銘柄であり、株主優待もあるので、長期保有したい銘柄のひとつです。

スポンサーリンク

アサヒGHDの株主還元

長期保有していくには、配当金と株主優待があると、グッとホールドしやすくなります。

配当金・配当性向推移

アサヒGHDは、12月決算企業です。

12期連続増配と配当金を毎年増やしています。

2502 アサヒグループホールディングス 配当金

配当性向も30%程度で推移しており、無理なく増配を続けています。

2021年までは配当性向35%をめざしており、

将来的な配当性向40%

をめざすとしています。

2502 アサヒグループホールディングス 配当方針

2502 アサヒグループホールディングス 配当方針

配当性向35%(~2021年)を目指した安定的な増配
(将来的な配当性向は40%を目指す)

引用:アサヒグループホールディングス ホームページより

今回の買収により財務悪化の懸念もありますが、配当性向引き上げによる増配があれば、将来の配当利回りも上がってきそうですね。

配当金・増配率の推移

増配率の推移です。

2502 アサヒグループホールディングス 配当金増配率

増配率には上下していますが、長期保有にとって、

増配をしている

というのは、企業の強い株主還元の意志が分かりやすく示してくれているものですので、増配銘柄は長く保有したいですね。

配当利回りの推移

株価が高いため、配当利回りは高くありません。

1%~2%程度で推移しています。

2502 アサヒグループホールディングス 配当利回り

東証一部上場企業の配当利回りが2.5%程度ですので、それよりも低い水準です。

配当性向は30%程度を超えていますが、利回りは物足りないものです。

株主優待

12月期に100株以上保有している場合、株主優待をもらうことができます。

2502 アサヒグループホールディングス 株主優待

2502 アサヒグループホールディングス 株主優待

保有株式数株主優待の内容
100株以上500株未満1,000円相当のグループ商品詰め合わせ等
500株以上1,000株未満2,000円相当のグループ商品詰め合わせ等
1,000株以上3,000円相当のグループ商品詰め合わせ等

公式 アサヒグループホールディングスの株主優待

優待利回りはそれほど高くありませんが、プレミアムビールはもらってみたいですね。

スポンサーリンク

アサヒGHDの業績

アサヒGHDの業績も見ておきましょう。

売上高推移

2502 アサヒグループホールディングス 売上高

右肩上がりで推移しています。

特に国内酒類、飲料事業は右肩下がりではありますが、国際事業は堅調ですね。

セグメント別売上収益の34%(18年12月期)にまで上がっています。

2502 アサヒグループホールディングス 売上セグメント

2502 アサヒグループホールディングス 売上セグメント

営業利益推移

収益力が上がっています。

国際的に見ると、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブは営業利益率30%程度ですので、まだまだ開きがあります。

2502 アサヒグループホールディングス 営業利益率

2502 アサヒグループホールディングス 営業利益率

現金を稼ぐ力

私は、指標を見る際に営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー÷売上高)を重視しています。

会計上の利益も大切ですが、実際に現金をどれくらい稼いでいるのかを見ることができます。

2502 アサヒグループホールディングス 営業キャッシュフローマージン

営業利益率同様に、上昇傾向です。

営業キャッシュフローマージン11%とまずまず高いですね。

キャッシュフローの動きで見ると、買収により大きくキャッシュが出ています。

2019年度も今回の買収で投資キャッシュフローは大きくマイナスになるのではないでしょうか。

2502 アサヒグループホールディングス CF

株価指標

アサヒGHDの株価指標です。

最低購入代金466,900円
配当利回り(会社予想)2.27%
1株配当(会社予想)106.00(2019/12)
PER(会社予想)(連) 14.07倍
PBR(実績)(連) 1.91倍
EPS(会社予想)(連) 331.82(2019/12)
BPS(実績)(連) 2,441.44(2018/12)
自己資本比率37.0%

PERは14倍程度と割安ではありません。

PBRで見ても1.9倍と割安とまでは言えないですね。

株価は高止まりしている感じですね。

スポンサーリンク

連続増配株アサヒGHD

最後にまとめです。

  • 12月期決算企業
  • 12期連続増配株
  • 株主優待あり
  • 営業利益率 10.1%(19年12月期予想)
  • 営業キャッシュフローマージン 11.9%(18年12月期)
  • 自己資本比率 37.0%(18年12月期)
  • PER 14.07倍
  • PBR 1.91倍
  • 配当利回り 2.27%
  • 配当性向 31.9%(19年12月期予想)
  • 将来的な配当性向の目標40%(21年までは35%)

配当金狙いで長期保有するには、こうした連続増配株を保有することが大切ですね。

配当利回りが低いので、まだ投資していませんが、株価が3000円割れくらいになれば、将来的には保有したい銘柄のひとつです。

今回の買収でどれだけグレードアップするのか、楽しみな面と不安な面がありますね。

減配リスクの低い銘柄への投資は、今後も積極的に行っていきたい。

ではでは。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円の投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント