【配当収入】インカム狙いの投資で不労収入を増やすメリット【家計が楽になる】

配当収入 配当金投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

収入のうち、一部を将来のキャッシュフローを生む資産に振り向けていくことで、生活は楽になります。

人生でこわいことのひとつは誰もが「収入源」が途絶えることです。

お金がなければ生活できません。

極端な話ですが、そうしたことを逃れるためにも、収入をすべて生活費や遊興費に使うのではなく、投資に回していくことが大切ですね。

投資の実感を得るためにも、配当金や家賃収入など「キャッシュ」が入る資産への投資はモチベーションの維持にもつながります。

投資の醍醐味はキャピタルゲインで大きな利益を得ることですが、何度も何度もキャピタルゲインを得ることは至極困難なことのように思います。

そのため、インカムゲイン(定期収入)狙いのほうが、複利の効果を享受しやすいです。

インカム投資であれば簡単に潰れることはありません。

スポンサーリンク

インカム狙いの投資に切り替えて良かったこと

インカム投資に切り替えて良かったことは、決算のたびにハラハラドキドキがなくなったことです。

とはいえ、個別銘柄への投資は、個別銘柄特有のリスクを抱えますので、株価暴落という資産価値の毀損もあります。

ただ、それがキャッシュフロー(配当金)を生む資産であれば、持ち続けることもできます。

安定配当株への銘柄により、今は1ミリも狼狽による売りをする心配を持っていません。

配当金を安定して出し続けてくれる銘柄ですので、手放すことは考えていません。

また、配当金狙いの投資でキャピタルゲインが狙えないわけではなく、キャピタルゲインを得ながら、割安になっている高配当株に振り向けるという方法も取れますからね。

不労収入を作れば人生はグッと安定する

インカム狙いの投資は、まずは潰れない会社で配当金を安定して出せる企業への投資が欠かせません。

  • 過去の配当金の推移
  • 配当性向(1株当たり利益のうち、1株配当金にいくら出しているか)
  • 配当方針

配当性向に余裕があるか、EPSは伸びているか、他社参入が難しいビジネスモデルかなどはポイントとなってきます。

高配当株のPOINT
  • 原則、配当利回り 3.5%以上
  • 配当性向 50%以下
  • 営業利益率 15%以上
  • 営業CFマージン 10%以上(営業CF÷売上高)
  • 自己資本比率 50%以上
  • 増配している(5年以上)
  • 時価総額が大きい
  • 安定したビジネスモデル

参考 : 年100万円配当を実現した高配当株への投資方針。保有銘柄と投資したい銘柄まとめ

すべてが当てはまる銘柄はないので、いくつか当てはまれば投資を実行しているのが最近です。

投資の専門家の高配当株への投資原則はこちらの記事でまとめています。

高配当株であっても、それが一時的なものなのか、簡単に減配をしてしまうのかという見極めは必要です。

減配されると、やはり残念極まりないですからね。

できるだけ安定配当した銘柄を持ち続けたいものです。

安定した配当金を出し続ける銘柄をまとめています。

私もいくつか投資をしており、参考になるかもしれません。

優待もあるとより長くホールドしやすくなることを感じています。

時間を味方につけよう!複利運用を意識せよ

不労収入への取り組みは、最初は小さいものですが、時間とともに大きくなってきます。

いわゆる複利効果を享受できるからです。

そして、早く始めれば始めるほど効果は大きくなります。

複利運用シミュレーション 毎月5万円で5,000万円

出典:金融庁

配当金再投資でも同様に、複利効果は得られます。

黄色の部分が増えていくように、運用期間が長いほどに複利はすごくなっていきますね。

私も株式投資を始めた頃から高配当株に絞れば良かったと後悔の念もありますが、いまになってこうした考えになったので仕方ありません。

配当金は積み重ねなので、基本的には右肩上がりで増えていくので、分厚い要塞のような存在になってきます。

累積配当金は、収入アップの証です。

累積配当金推移2019.7

もし、給料以外に配当金で毎月10万円あればどうでしょうか。

生活はグッと余裕が出てくるはずです。

いきなりその水準は難しくても続けていればいずれなります。

早く始めることが大事なのです。

毎年100万円を配当金狙いで投資すれば、利回り4%であれば年4万円の安定した不労収入を得ることができるわけです。

それが積み重ねれば、大きな金額となるのはわかりますね。

配当再投資が株式リターンの97%を占めた

有名な株式投資の未来という本では、

過去の株式リターンの97%は配当再投資によって得られたもの

だそうです。

株式投資の未来 シーゲル

配当金という会社からの利益の源泉を受け取り、それをさらに再投資する複利の力を物語っているデータと言えますね。

100年以上も生きられませんが・・・・w

スポンサーリンク

投資は長期間にわたって続けていくこと

最低でも10年単位で考え、10年後の自分を見据えて投資先を選部ことも大事ですね。

10年後の目標配当金を見据えて、コツコツと配当金を増やしていこうと思います。

給料以外の不労収入源を持つことで、人生の選択肢は確実に広がっていくものです。

小さなことですが、残業代がもらえるので残業があるときは進んでしていましたが、今では残業は絶対しないと心に決めています。

人生の優先順位が変わったからです。

時間を切り売りしたお金よりも投資などを勉強する時間にしたほうがよほど生産的です。

おかげで、残業の日々のときは、毎日睡眠不足で、午後からの会議とか地獄の日々はなくなりました。

今では、睡眠もとれ、精神的にも落ち着いて仕事に取り組むことができます。

配当金投資については、20代のときに気付ければなと思いますが、誰しも人生で今日が一番若い日ですので、早く始めてコツコツと積み上げることの大事さをお伝えして、今日はおしまいとします。

ではでは。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の定期購入ができる(便利!)

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

特に、個別株の定期購入は、魅力的ではないでしょうか。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
配当金投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント