【日本たばこ産業 JTの決算】2019年第二四半期は増益決算も通期下方修正。配当金は?

JT 配当金 国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安定配当株として、JTへの投資を続けています。

2019年第二四半期の決算が発表されましたので、軽く振り返っておこうと思います。

2019年期通期は、下方修正し、EPSも上がっていますので、配当性向は期初予想よりも上昇しています。

下方修正内容は、通期の同利益を従来予想の3700億円→3600億円(前期は3856億円)に2.7%下方修正し、減益率が4.1%減→6.7%減に拡大する見通しとなっています。

19年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結最終利益は、前年同期比4.8%増の2264億円に伸びましたが、通期では厳しくなっていますね。

増配余力が削られています。高水準での安定配当は続くでしょうが、更なる利回りアップは厳しい状況ですね。

スポンサーリンク

2019年12月期上半期(1~6月)決算は増益決算

たばこ会社は、業界全体が斜陽産業ですし、たばこ人口の縮小で厳しい状況が続きます。

そのようななか、JTの2019年上半期の決算はまずまずの内容でしたね。

為替一定ベースの営業利益は、増益となり、比較的好調な決算となっています。

JTは世界第3位のたばこメーカーであり、世界中でたばこを売っていますので、為替の影響を受けます。

そのため、為替を加味しない営業利益で見たほうが、収益がいいのかを把握することができますね。

JT 2019年上期決算説明資料より 営業利益

JT 2019年上期決算説明資料より 営業利益

為替一定ベースの調整後営業利益は、前年比5.9%となっています。

堅調なプライシング効果が功を奏したようです。

海外たばこ事業は好調ですが、為替を加味した財務報告ベースの海外たばこ事業の営業利益は前年比19.1%のマイナスと大幅な減益となっています。

為替の影響は大きいですね。

好調な海外たばこ事業

総販売数について、前年同期比+8.2%と好調ですね。

JTは、トップシェアの商品を数多く持っていますので、安定した収益をもたらしています。

JT 2019年上期決算説明資料より 海外たばこ事業

JT 2019年上期決算説明資料より 海外たばこ事業

国内たばこ市場は厳しいので、海外での活路を広げてもらいたいですね。

国内たばこ市場については、上半期の前年同期比で、

  • 紙巻販売数量 ▲7.5%
  • 売上収益 +3.7%
  • 調整後営業利益 +5.5%

国内たばこ市場は、値上げとプルームテック効果で収益は好調でした。

たばこ市場は縮小しても、値上げできるというのが強みですね。国内に限れば、消費税増税による便乗値上げなどもあれば、収益アップにつながりそうです。

JTの上半期の決算推移

簡単に上半期の決算推移をグラフにしてみました。

売上高は、ほぼ横ばいが続いていますね。

JT 2019年上期 売上推移

JT 2019年上期 売上推移

営業利益についても同様で、高い営業利益率を保っています。

JT 2019年上期 営業利益

JT 2019年上期 営業利益

稼ぐ力が強いので、安心できます。

通期は下方修正

為替一定ベースの調整後営業利益は、増益決算となりますが、財務報告ベースでは減収・減益の予想を下方修正しています。

プルームテックの販売本数の下方修正もしています(50億本→40億本)。

JT 2019年上期決算説明資料より 通期修正

JT 2019年上期決算説明資料より 通期修正

為替の影響は大きいので、減益決算ですが、海外たばこ事業は販売本数は増えています。

また、国内たばこ市場は、値上げとプルームテック効果もあり販売本数は減っていますが、収益はしっかりと確保していますね。

加熱式たばこのプルーム・テックの市場シェアは8%程度と首位フィリップモリスのiQOSに大きく遅れをとっている状況。

私はタバコを吸わないので感覚論の話をしますが、加熱式たばこは紙巻たばこと違いカートリッジが必要なため、新しく買い替えるというのは非常にハードルの高いように思います。

JTはスタートダッシュ出遅れましたので、周回遅れ感は否めず、挽回は厳しい状況ですね。

新商品のプルーム・テックが8月から全国展開されますので、どこまで力強さを見せるかは、注視したいところです。

(資料)日本たばこ産業 2018年第3四半期決算資料より

(資料)日本たばこ産業 2018年第3四半期決算資料より

余談ですが、プルーム・テックを使っている人と飲みに行きましたが、紙巻たばこのように匂いもなく、嫌な思いもせずにすみました。

スポンサーリンク

気になる配当金は変更なし

不利な為替影響はあるものの、株主還元方針及び配当予想も変更はしない

業績は、ネガティブな為替の影響が大きく減益ですが、配当金は変更せず!と力強く発表してくれています。

JT 2019年上期決算説明資料より 配当

T 2019年上期決算説明資料より 配当

今回の下方修正により、

配当性向は、

(当初想定)74.6%

(今回修正)75.9%

に、配当性向はやや上昇しています。

JT 配当金推移2019年

今回の決算を受けて、JTの配当方針は変わっていませんので、株主としては、言及があり、また、変更がない点を言ってくれているので、安心できる材料ですね。

配当金狙いで保有しているので、是が非でも避けて欲しいのは大きな減配です。

JTの配当性向は、非常に高くなっています。

また、成長産業ではないため、安定収益は維持しているものの、大きな増益も厳しいため、今後は配当維持が既定路線のように思います。

あくまで、個人的には増配年を継続するため、1円増配はど小幅な増配は続けるかもしれませんね。

JT本社移転と本社ビルの売却

JT 2019プレスリリースより 本社移転

JT 2019プレスリリースより 本社移転

最後に余談ですが、今回の決算発表とは別に、JTは本社の移転を発表しています。

同時に本社ビルの売却を進めることを発表しており、今後相応の売却益収入が期待できるのではないでしょうか。

特別利益を配当原資にするかは分かりませんが、将来の買収など収益基盤の強化に使ってほしいものです。

JTの決算はまずまず良く、今後も安定配当が期待できます。

引き続きガッチリホールドで配当金を享受したいと思います。

配当収入狙いでは、四半期ごとに決算をチェックするくらいで、普段はやることないので、不労所得として最適ですね。

配当利回り6%を超えるJTは、非常に魅力的です。

ではでは。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円の投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント