配当利回り5%超のアルトリア・グループ(MO)に追加投資。49年連続増配の高配当株

MO アルトリア・グループ(MO) 2 アメリカ株
スポンサーリンク

配当を毎年のように増やしてくれる会社に投資をしています。

そのなかでも、アルトリア・グループ(MO)米国株への投資をしています。

アルトリア・グループ(MO)は、たばこメーカーです。マルボロで有名ですね。フィリップモリスの米国事業のみを展開している会社です。

現在、200株ほど保有していますが、1株2.80$ですので、年間560$を受け取ることができます。1$110円とした場合、年間6万円ほどの配当収入ですね。税引き後5万円弱です。→買い増ししました。

まだまだ、少額ですが定期的に積み増していきたいと思っていたところ、株価を下げていましたので、追加購入しています。

スポンサーリンク

49年連続の増配銘柄

配当金 アルトリアグループ 2018-04-16_22h13_38

アルトリア・グループは、1株利益の80%を配当に回す方針を出しています。

そして、49年連続で増配をしてくれています。すごいですね。

過去10年の増配率は11.3%で、このところは毎年8%を増配してくれています。

MO 増配率 2018

 

2018年はすでに6%の増配を示しています。もしかしたら、年2回の増配の可能性もあるかもしれませんね。

↓増配がありました!

増配ニュース!

2018年1Q 1株0.7$(6%増配!)

2018年3Q 1株0.8$(14.3%増配!今年2回目の増配) 参考 ニュース

配当金支払日

決算月配当金支払い月
1Q3月4月
2Q6月7月
3Q9月10月
4Q12月1月

株価

MO アルトリア・グループ(MO) 株価

出典:Yahoo!finance

2018年4月27日現在

株価 56.13$

PER 14.25倍

配当利回り 5.06%

→ 最新株価(Yahoo!finance)

→ アルトリア・グループ(投資家情報)

ついに60$を割り込み、50$台に突入しています。

今回の株価下落によって割安に感じます。

MO アルトリア・グループ(MO) 株価2

出典:アルトリア・グループ(MO)

過去5年のトータルリターンは、181%とS&P500を上回っています。

MO アルトリア・グループ(MO) リターン

出典:アルトリア・グループ(MO)IR資料 2018.2.21

たばこ事業、マルボロがシェア40%以上

アルトリア・グループ(MO)は、たばこ事業のみを展開している会社で、安定した業績です。

営業利益率は30%を超えています。高収益体質ですね。

MO アルトリア・グループ(MO) 利益

出典:stockclip

設備投資がほとんど不要なので、莫大なフリーキャッシュフローを創出することができます。

私たち株主にとっては、こうして安定して生み出されるキャッシュフローは、心強いですね。

しかも、利益の80%は配当金に出す方針であること、49年連続で配当を増やしてくれていることを考えると、まさに金の生る木と言えます。

マルボロのシェアは、2018年第1四半期で43.2%と高いシェアを誇っています。2017年同時期と比較すると、▲0.5%とややシェアを落としています。

世界最大手ビールメーカーの大株主

米国株四季報(2018春夏号)を見てみると、アルトリア・グループ(MO)は、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の大株主です。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)は、世界最大手のビールメーカーで世界シェア3割です。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ

出典:アンハイザー・ブッシュ・インベブIR資料

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の発行済株式は、19億3,370万190株のうち、アルトリア・グループ(MO)は同社株を9.5%保有する第2位の株主です。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)も高配当株です。

配当アンハイザー・ブッシュ・インベブ

出典:アンハイザー・ブッシュ・インベブIR資料

米国四季報によると、2017年12月期は1株配当4.05$となっています。

アルトリア・グループ(MO)は、1億8,370万1,518株を保有する計算となり、年間7億4400万$の配当金を受け取ることができます。

1ドル110円で計算すると毎年700億円以上もの巨額の配当金が入ってくるわけです。

スゴイですね。

スポンサーリンク

定期的に購入する方針

毎年、安定して配当を増やしてくれることは、家計収入を増やすことができます。

アルトリア・グループ(MO)はシーゲル銘柄としても有名です。

あまりにも有名な「株式投資の未来」によると、1957年から2003年までの運用成績ナンバーワンがアルトリア・グループ(MO)ですね。

たばこ銘柄は、規制や訴訟と言った問題を抱えています。

資本市場では、企業にとっての悪材料が、投資家にとって好材料に転じることがある。

人気が離散した結果、株価が下がり、辛抱強く保有し続けた投資家のリターンは押し上げられた。

アルトリア・グループは、これからも配当を出し続けてくれると思います。その配当を再投資して、保有株数を増やしていきたい。

給料以外の収入源を増やしていくには、配当金が毎年のように増える銘柄への投資が良い方法だと思います。

配当金が増えるのがこんなにうれしいとは。

この本は昔読んでいましたが、すぐに行動に出さなかったことを激しく後悔しています。

ではでは。

≫ 米国株への投資は、住信SBIネット銀行でドル転して、SBI証券で購入すると手数料を抑えることができます。

日本たばこ産業(JT)株にも投資をしています。

アメリカ株
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント