利回り3~4%で値上がり益も狙える高配当ETF(VYM、HDV、SPYD)の利回り比較

米国株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安定したキャッシュフローを得るために、配当金を目的とした投資を続けています。

日本株以外にも、連続増配株の多い米国株への投資もしています。

ただ、米国株は情報の多さや情報を読み取る点で、英語であるため、日本株に比べて、自分の理解が薄い点や労力がかかっています。

個別株への投資を基本としていますが、分散投資をしていくには、相応の投資資金が必要となってきます。

そんなときに手軽に分散投資できるのがETFですね。

ETFは、上場投資信託でその商品ひとつで分散できるのが魅力です。

高配当ETFの代表格であるHDV、VYM、SPYDへの投資を検討するため、比較してみました。

スポンサーリンク

高配当ETF(VYM、HDV、SPYD)

SPYDが2016年からの商品ですので、比較できる期間は短いですが、過去3年ちょっとの比較です。

高配当株ETF 比較

最もパフォーマンスが良かったのは、SPYDですね。

HDVとVYMはほとんど変わりませんでした。

2016年1月 – 2019年4月

  • SPYD 13.51%
  • VYM 12.01%
  • HDV 11.89%

となっています。

HDVとは

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)を簡単に見てみます。

公式サイト iシェアーズ・コア米国高配当株ETF

  • 経費率 0.08%
  • 分配金利回り 3.6%(2019年3月29日現在)
  • 年初来リターン 12.75%(2019年5月2日現在)

経費率がわずか0.08%となっており、超ローコストETFとなっています。

HDVの上位組入れ銘柄です。

高配当株ETF HDV ポートフォリオ

セクター別に見ると、エクソンモービルやシェブロンが上位に出てくるように、エネルギー株の比率が最も高くなっています。

エネルギー株は、ESG投資の関係から株価の上昇がややしんどいかもしれませんね。

そのほかは、ジョンソンエンドジョンソンやファイザーなどのヘルスケア、コカ・コーラやペプシコなどの生活必需品が多くなっています。

高配当株ETF HDV ポートフォリオ セグメント

VYMとは

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を簡単に見てみます。

公式サイト バンガード米国高配当株式ETF

  • 経費率 0.06%
  • 分配金利回り 3.00%(2019年5月2日現在)
  • 年初来リターン 13.97%(2019年4月30日現在)

経費率がわずか0.06%となっており、HDVを超える超ローコストETFとなっています。

上位の組み入れ銘柄で見ると、ジョンションエンドジョンソンやエクソンモービルが入っています。

ベライゾンやAT&Tなどの通信株も上位に名を連ねていますね。

高配当株ETF VYM ポートフォリオ

セクター別に見ると、金融株がトップ比率です。

高配当株ETF VYM ポートフォリオ セグメント

このほか、インテルやシスコシステムズなどのテクノロジー産業も多いのが特徴ですね。

SPYDとは

S&P500高配当株ETF(SPYD)を簡単に見てみます。

アメリカの代表指数であるS&P500のうち高配当利回りの上位80銘柄をベンチマークとしたETFです。

公式サイト S&P500高配当株ETF(SPDR)

  • 経費率 0.07%
  • 分配金利回り 3.55%(2019年5月2日現在)
  • 年初来リターン 13.28%(2019年5月2日現在)

経費率がわずか0.07%となっており、超ローコストETFとなっており、甲乙つけがたい経費率ですね。

組入れ銘柄上位には、P&Gやファイザーが名を連ねますが、不動産と公益事業で約半分の割合を占めるやや偏ったポートフォリオとなっています。

高配当株ETF SPYD ポートフォリオ

配当金推移と増配率の推移

まとめようと思いましたが、インカム投資家のTakayama.Oさんが分かりやすくまとめられたものをツイートされていたので引用させてもらいます。

VYMは安定して増配していますね。

スポンサーリンク

高配当株ETFは手軽に分散できる投資先

幅広く分散投資するには、ETFを活用するほうが良いです。

投資資金が潤沢にあれば別ですが、サラリーマンが本業からの帰宅後や週末のわずかな時間を利用して、個別株を分析、複数銘柄購入することは、管理の手間も考えるとなかなか厳しいところもあるかと思います。

そういった点では、ETFの活用は非常に良い投資先と言えますね。

最後に、全米市場に投資するVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)と高配当株ETF(VYM、HDV、SPYD)の相関関係を見ておきます。

数字が1であれば同じ動きをします。

-1であれば逆の動きをすることを示すため、より分散効果が得られます。

【10/22/2015-04/30/2019】

TickerVTIVYMHDVSPYD年間リターン年間標準偏差
VTI0.950.850.7913.33%12.00%
VYM0.950.940.8411.90%10.49%
HDV0.850.940.8111.30%9.98%
SPYD0.790.840.8112.11%10.40%

VTIの分配金利回りは2%程度です。

高配当株ETFは3%~4%程度となっていますが、リターン面ではVTIのほうが上ですね。

VTIとVYMはほとんど同じ動きをしますので、個人的にはVYMを買うならVTIを買うほうがいいと思います。

高配当株ETF VTI VYM

高配当株ETFであれば、HDVかSPYDが良さそうです。

分配金も獲得しつつ、値上がり益も狙えるETFと言えますね。

SPYDはセクター別の偏りがあるのが気になるところですが、そう思うとETF買うならやっぱVTIか!というのが正直な心情です。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
米国株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント