【連続増配株】芙蓉総合リース(8424)は19期増配+株主優待も魅力。配当金・業績まとめ

8424 芙蓉総合リース (1)3月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

情報関連や事務機器、不動産リースなどに強みのある芙蓉総合リース(8424)は、みずほフィナンシャルグループ(旧富士銀行)や丸紅など芙蓉グループによって設立された総合リース会社です。毛並みの良い会社ですね。

大手リース会社は、オリックスをはじめ、どこも魅力的な銘柄が多いわけですが、芙蓉総合リースも指標面、業績面で見ても非常に優秀で、安心して保有できる銘柄のひとつです。

配当金推移も素晴らしく、株主優待もあるため、ポートフォリオに入れておきたい銘柄と考えています。

芙蓉総合リースの配当金・株主優待・業績をまとめてみました。

スポンサーリンク

19期連続増配株

芙蓉総合リースは、増配を続けており、なんと20年3月期で

19期連続

の増配を予定しています。

増配銘柄は、配当金を出し続けることができるだけの強いビジネス・稼ぐビジネスモデルを有しているとも言えます。

これだけ、増配を続けているのにもかかわらず、

利益のうちどれだけ配当金を出しているかを見る

配当性向はわずか24%

という低さです。

8424 芙蓉総合リース 配当金

配当を維持する力は十分にあり、また、増配も今後も期待できる銘柄ですね。

増配率の推移

直近の増配率は下げていますが、安定して6%以上の増配を続けています。

19年3月期は特別配当込みですが、20年3月期は特配除いても前年比+で増配していますので、実質は高い増配率を維持しています。

20年3月期は期初予想はさらに増配して、21年3月期も増配発表です。

ただし、上期に新型コロナウイルスが収束している前提です。

芙蓉総合リースの株主優待

リース大手は、株主優待を実施している企業も多いのですが、芙蓉総合リースも株主優待を実施しています。

100株保有で、2年未満の場合は3000円相当のカタログギフトか図書カードを選ぶことができます。

2年以上継続して保有することで、5000円相当にアップするので長期保有していきたい銘柄と言えますね。

出典)芙蓉総合リース 株主優待

出典)芙蓉総合リース 株主優待

出典)芙蓉総合リース 株主優待

株主優待ももらえるなんてすてきです。

図書カードが2年以上保有で5000円分ももらえるので、非常にありがたいですね。

8424芙蓉総合リース株主優待2020

スポンサーリンク

芙蓉総合リースの業績推移

芙蓉総合リースは業績も素晴らしいですが、10年スパンで見てみます。

売上高推移

リーマンショックの時はやや横ばいでしたが、そのあとは増収しており、6期連続増収を続けています。

8424 芙蓉総合リース 業績推移

メインは、リース事業(情報機器・事務機器)ですが、航空機リースや不動産リースにも強みを持っています。

不動産リースは同社の得意とする商業施設(大型ショッピングセンターなど)のほか、ホテル、介護・居住、レジャー・サービス、物流など幅広く手掛けています。

航空機リースも強みを持っており、2014年7月には英国の航空機関連サービス会社ALM 2010 Limitedを連結子会社化(全株式の取得)し、その強みをさらに強化していますね。

2019年8月に子会社化した、NOCアウトソーシング&コンサルティング(以下、NOC)が展開する幅広いバックオフィスサービス(経理、人事・給与、総務、営業事務など)も加わっており、業績に厚みが出てきています。

企業の専門分野へのアウトソーシング化するBPOサービス事業を、今後、強化していくので、成長力も期待できます。

8424 芙蓉総合リース 構成比

8424 芙蓉総合リース 構成比

リースが主体ですので、リース料はその大きな収益源です。

売上高は、基本的には「営業資産残高」に伴って増減します。

売上高の拡大のためには「契約実行高」を増やし、「営業資産」を積み上げることが必要となっていくわけですが、営業資産残高は約2.4兆円と積み上がっており、安定した売り上げが期待できます。

8424 芙蓉総合リース 営業資産残高

営業利益の推移

営業利益と営業利益率の推移を見ておきます。

営業利益率は直近予想(20年3月期)では、5.6%となっており、5%台で推移しています。

 

ほかの大手リース会社と比較しても、悪いわけではありません。

銘柄証券コード営業利益率(20/3予想)
芙蓉総合リース(株)84245.82%実績
みずほリース(株)84255.38%
東京センチュリー(株)84397.21%
リコーリース(株)85665.41%実績
三菱UFJリース(株)859310.60%
NECキャピタルソリューション(株)87934.76%

芙蓉総合リースのEPS推移

私たち株主にとって重要な1株当たりの純利益(EPS)の推移ですが、右肩上がりで推移しています。

8424 芙蓉総合リース EPS推移

こうした業績の伴う銘柄は、株価が一時調整しようとも、安心して保有を続けられる銘柄と言えますね。

リース会社は、総合商社のように、リース業だけでなく、ビジネスの幅を広げていますので、収益の多角化が進めば安定増配もさらに期待できますね。

スポンサーリンク

芙蓉総合リースの株価推移・株価指標

週足のチャートです。19年初に下げていましたが、再び上げ始めていましたが、コロナショックで大きく下げました。

8424 芙蓉総合リース 株探より

8424 芙蓉総合リース 株探より

最後に指標を見ておきます。

8424 芙蓉総合リースの株式指標
株価5,830円 最新株価はこちら
PER(予)6.48
PBR(実)0.63
ミックス係数4.11
配当利回り(予)3.8%
配当性向(予)24.5%
増配率(3期平均)15.0%
8424 芙蓉総合リースの総合利回り
配当利回り3.8%
優待利回り0.5%
総合利回り4.3%

株主優待とあわせた総合利回りは4%を超えてきます。

8424 芙蓉総合リース 配当利回り マネックス証券より

8424 芙蓉総合リース 配当利回り マネックス証券より

高配当株ではありませんが、増配力が高いので、将来の高配当候補ですね。

マネックス証券の口座を開設してみる
スポンサーリンク

芙蓉総合リースは、連続増配株として注目

連続増配株は、長期保有をしていくことで、その配当金が分厚くなり、強固な家計を作ってくれます。

芙蓉総合リースは、19期連続増配(21年3月期予)と素晴らしい実績に加えて、配当性向がわずか24%程度というのが素晴らしいですね。

まだまだ増配を続けることができそうです。

株主優待もありますので、家計にとってもメリットのある銘柄と言えますね。

リース会社の各社株主優待の比較はこちらにまとめています。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3月優待 3月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント