【福利厚生最大手】ベネフィット・ワンはストックビジネスで利益率20%の高収益・成長株

2412 ベネフィット・ワン成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストックビジネス銘柄として、業界最大手の福利厚生サービスを展開するベネフィット・ワン(2412)を取り上げます。

パソナグループの子会社ではありますが、規模で言えば親(パソナ)よりも大きいですね。

企業の福利代行サービス「ベネフィットステーション」などを展開しています。

我が家も夫婦ともに、ベネフィットステーションの福利厚生サービスが入っているので、利用しています。

  • ストックビジネス銘柄
  • 配当性向70%以上と株主還元重視
  • 増収・増益が続く成長企業
  • 株主優待あり

ベネフィット・ワンについて、業績、配当、株主優待についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ベネフィット・ワンとは

福利厚生サービスを利用しているのですが、実はあまり会社のことを分かっていなかったので調べることにしました。

コロナ禍の暴落の際に保有したので、株主でもあります。

まずは、事業概要です。

1_2412 ベネフィットワン 事業概要 20年3月期決算説明資料より

1_2412 ベネフィットワン 事業概要 20年3月期決算説明資料より

セグメントは、「会員制サービス事業」単一ではありますが、

  1. 福利厚生事業(ベネフィットステーションなど)
  2. パーソナル事業(個人向けベネフィットステーション)
  3. CRM事業(顧客満足度向上支援サービス、パートナー協業サービス)、コストダウン(管理部門系業務のアウトソーシング)
  4. インセンティブ(モチベーション向上支援サービス、報奨ポイント発行・管理運営、ポイント交換アイテム提供)
  5. ヘルスケア(健康支援サービス、健康ポイント、ストレスチェック)、BTM(出張支援サービス)、旅行・イベント企画サービス

などを展開していますね。

主力は、福利厚生代行をしている企業や自治体からの会費収入です。

企業からの広告収入ではなく、会費収入による事業を展開していますので、安定していますね。

会員数の推移が最も重要な指標とも言えます。コストコみたいです。

ベネフィット・ワンの業績推移

ベネフィット・ワンの業績推移ですが、順調に伸びていますね。

営業利益率は22%超えと非常に高収益企業です。

2_2412 ベネフィットワン 業績推移

ベネフィットステーションの会員事業だけで見ると、営業利益率33%を超えていますので、すごい収益力です。

重要な会員数の推移です。

3_2412 ベネフィットワン 会員数 20年3月期決算説明資料より

3_2412 ベネフィットワン 会員数 20年3月期決算説明資料より

福利厚生事業では、585万人総会員数は800万人を超えています。

福利厚生代行サービスは、一度契約すると企業も自治体も毎年更新していきますので、会員数も安定して増えていきますね。

そして、会員収入を安定的に得ていますので、高収益な事業モデルと言えます。

ちなみに、個人でも入ることができます。

収益構造

4_2412 ベネフィットワン 事業別構造 20年3月期決算説明資料より

4_2412 ベネフィットワン 事業別構造 20年3月期決算説明資料より

会員サービスが最も高収益ですが、ヘルスケアの健診サービスや健康ポイントなどのワンストップサービスを展開しており、今後伸びてくる分野です。

この分野の成長も楽しみですね。

株主還元

配当性向は70%以上と高いです。

年間の純資産配当率を10%以上、連結配当性向70%以上を目標に、継続的かつ安定的な配当成長

配当性向70%以上という経営目標かつ、純資産配当率10%以上としていますので、減配リスクの低い銘柄です。

DOE(株主資本配当率)=配当総額÷純資産

  • (配当総額÷当期利益)×(当期利益÷純資産)

配当性向×ROEで計算することができます。

配当の指標としては、単年度に稼いだ純利益に対する配当の割合を示す配当性向が一般的だ。

しかし、純利益は年度によって変動が大きく、配当性向だけを基準にすると配当金額が安定しなくなることもある

一方、DOEの場合、ベースとなる株主資本は株主が出資した資本に、これまで蓄積した利益剰余金を加えたストックであり、比較的変動が少ない

配当金はこの10年で9倍以上になっています。

5_2412 ベネフィットワン 配当金推移

高ROE企業

  • Return On Equityの略称で和訳は自己資本利益率。企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合。
  • ROE=当期純利益÷自己資本 または ROE=EPS(一株当たり利益)÷BPS(一株当たり純資産)
  • 「投下した資本に対し、企業がどれだけの利潤を上げられるのか」と最も重要視される財務指標
  • ROA:総資産に対する利益率。当期純利益÷総資産×100
  • ROIC:(投下資本利益率、Return on Invested Capital)とは、税引後営業利益を投下資本で割ることで求められる指標。

ベネフィット・ワンは、高いROE企業でもあり、効率よく稼ぐことができています。

6_2412 ベネフィットワン ROE

高ROE企業は、成長している会社が多いです。

ROE、ROA、ROICともに上昇していますね。

キャッシュフローの推移

営業キャッシュフローも順調にプラスで推移していますね。

20年3月期は、自己株式を取得していますので財務CFが増えています。

8_2412 ベネフィットワン CF

営業キャッシュフローマージンも高く、現金を稼ぐ力のある企業ですね。

財務面

財務面では、自己資本比率は50%を超えており、鉄板財務です。

9_2412 ベネフィットワン 自己資本比率

D/Eレシオも低く、財務不安はありませんね。

負債資本倍率(Debt Equity Ratio)。企業財務の健全性を見る指標のひとつ。企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す指標。数値が低いほど財務内容が安定していることを意味します。
D/Eレシオ=有利子負債÷自己資本(株主資本)
ネットD/Eレシオ=(有利子負債-現預金)/自己資本

10_2412 ベネフィットワン DEレシオ

流動比率は100%を超えています。

収入は安定した会員収入がメインですので、それほど高くても問題ないでしょう。

11_2412 ベネフィットワン 流動比率

手元資金は、月商の4か月以上を保有しています。

12_2412 ベネフィットワン 手元流動性

年収

従業員数はやや落ち込んだときもありますが、増えています。

平均年収は徐々に上がっており、きちんと社員にも還元していますね。

14_2412 ベネフィットワン 給与

企業が成長をしていても、社員に還元されていなければ、いずれ衰退するものです。

給与がアップしている企業はいいですね。

スポンサーリンク

株主優待制度

主力のベネフィットステーションを株主優待として提供をしています。

法人の福利厚生で入っていると特段不要の株主優待ですが、勤め先が入っていないのであれば、価値ある株主優待ですね。

15_2412 ベネフィットワン 株主優待

15_2412 ベネフィットワン 株主優待

宿泊代、レンタカー代、ランチ代など割引制度が多いので、意外と便利です。

低利用率がネックのようですが、スマホから簡単に検索できるので、お店のチェックをしてみてもいいでしょう。

16_2412ベネフィットワン 株主優待

スポンサーリンク

株価推移

株価はこのところもみ合いですが、個人的にはこういうときは上げることが多いので、決算要注目ですね。

2412 ベネフィットワン 株探より

2412 ベネフィットワン 株探より

指標面では割安ではありませんが、高収益、増配企業として魅力的な銘柄です。

2412 ベネフィット・ワンの株式指標
株価2,162円(R2.7.22)最新の株価はこちら
PER(予)55.87
PBR(実)20.77
ミックス係数1,160.24
配当利回り(予)1.3%
配当性向(予)72.4%
増配率(3期平均)29.1%
営業利益率(予)22.5%
PSR
(時価総額÷売上高)
9.28
PEGレシオ
(PER÷EPS成長率)
3.97
ROE(実)37.4%
ROA(実)20.7%
営業CFマージン(実)16.3%
自己資本比率55.4%
D/Eレシオ0.03
ネットD/Eレシオ0.76
ネットキャッシュ(百万円)12,506
手元流動性(ヵ月)4.17
スポンサーリンク

まとめ

<2412 ベネフィット・ワン>
  • 営業利益率20%超の高収益企業
  • 福利厚生代行サービス展開。会員収入がメインで高収益(利益率30%超え)
  • 健診サービスなど「ヘルスケア」ビジネスが第二の成長柱
  • 配当性向70%以上、DOE10%以上が経営方針
  • 株主優待はベネフィットステーション利用

ライバル会社はリログループ(8876)でしょうか。

会員制ビジネス、しかも、福利厚生というニッチな分野で最大手のベネフィット・ワンは、今後も安定成長する企業と考えます。

豊富かつ安定した会員収入源を活かして、財務不安はなく、ヘルスケアなどの事業成長も期待できますね。

文句なく長期保有できる銘柄と言えるでしょう。

ではでは。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
成長株 3月優待 3月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント