【ふるさと納税】10/10まで7%お得!ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【株主優待も魅力】株探・みんかぶ運営のミンカブ(4436)は成長株

4436 ミンカブ成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は普段kabutanというサイトを利用しているのですが、このサイトを運営している会社がミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)という会社です。

  • 「みんなの株式」
  • 「みんかぶFX」
  • 「みんなの仮想通貨」
  • 「みんかぶ先物」
  • 「みんかぶ投信」
  • 「みんかぶ保険」
  • 「みんかぶ不動産」

など多くの金融サイトを手掛けていますね。

先日は、日経グループのQUICKと業務提携を発表されています。

ミンカブが金融関連の情報を網羅する日も近いのかもしれませんね。

保有銘柄で含み益も順調に増えていますが、同社の成長は今後も楽しみな存在です。

スポンサーリンク

国内最大規模の投資情報サイトを運営

ミンカブは、「みんなの株式」や「kabutan」など独自性の高い投資家向け情報サイトを展開しています。

国内最大規模。

「老後2000万円問題」や「つみたてNISA」の普及で、若い人たちも投資をする人が増えているようのなので、同社のすそ野は広がりそうです。

  • 月間900万人(UU数)
  • 月間訪問ユーザー2,600万人

とすさまじい利用者数です。

21年3月期1Qは945万人(UU数)と20年3月期の778万人から大幅に増加しています。

業績の推移

下期偏重ですが、21年3月期1Q決算も良い決算をだしています。

今期は、営業利益率17%と前期よりやや下がりますが、高い収益力を誇ります。

売上高は43%の増収、営業利益は33%の増益と成長力がすごい会社ですね。

4436 ミンカブ 業績推移

売上の半分以上はストック収入であり、安定した収益が期待できます。

21年3月期1Qでは、823百万円のうち469百万円がストック収入(ソリューションビジネス)であり、ストック比率は57%もありますね。

メディアビジネスも好調ですが、ストック収入が増えていけば、経営の安定度はさらに高まります。

広告収入が好調ですが、株探プレミアムや現在開発中のみんかぶプレミアムの投入により、サブスクモデルを成長させようとしています。

POINT
  • ストック収入で解約率が低い
  • 参入障壁高く、競合他社がいない
  • 金融機関のDX関連?

このほかにも、

  • みんかぶ先物 日本取引所グループとタッグ
  • 大和証券Gと新サービス
  • ロボット投信の始動
  • 不動産管理クラウドシステムの展開
  • 独自AI活用による決算速報自動生成システム(特許査定取得)

など、次々と成長の種をまいていますね。

kabutanがなくなると個人的には困りますし、決算速報などかなり重宝しています。

BtoCのみならず、BtoBの事業も展開していますので、今期の決算がかなり楽しみな銘柄です。

株主還元

ミンカブは、2019年3月に上場したところの会社です。

上場して株主還元として「配当」と「株主優待」を導入しています。

20年3月期は16円の記念配当でしたが、21年3月期には普通配当に切り替えています。

4436 ミンカブ 配当金

4436 ミンカブ 配当金

株主優待は、株主優待ポイントを導入しています。

500株以上保有している場合、9月・3月に株式を保有し、3月権利日時点の株主に5月に付与されます。

最大1年間繰り越しが可能。

4436 ミンカブ 株主優待

4436 ミンカブ 株主優待

株主優待ポイントの倍増を発表し、株主優待の魅力がさらに上がりましたね。

2年目以降は、10%ポイントアップしますので、長期で保有するほどにメリットがある優待制度です。

今期、このまま保有すれば優待がもらえるので楽しみです(手放す予定もないですし、定期的に買い増しをしていきます)。

スポンサーリンク

株価・指標

ミンカブの株価ですが、日経グループのQUICKとの業務提携を発表し、爆上げしていますね。

ブレイクポイントだったのかもしれません。

4436 ミンカブ 株探より

4436 ミンカブ 株探より

大手総合証券の開拓、金融DX関連、若年層の投資家層の開拓(国策)など、今後も成長期待できる銘柄と考えています。

時価総額は400億円程度ですので、伸びしろは大きいとみていいのではないでしょうか。

指標面では、

株価2,900円 最新の株価はこちら
PER(予)75.52
PBR(実)11.35
PSR
(時価総額÷売上高)
9.98
配当利回り(予)0.6%
配当性向41.7%
自己資本比率68.4%

PER、PBRで見ると非常に高いです。

PSRで見ると10倍程度とまだ割高とはいえないですね。

財務基盤も厚いので、不安ありません。

スポンサーリンク

ミンカブのまとめ

フリー パソコン

金融情報サービス会社
  • 競合他社不在
  • 広告収入とストックビジネスで堅調な業績
  • 月間900万人以上が利用
  • 株式投資のインフラ的存在に
  • 株主還元にも積極的
  • 株主優待(3月)実施。株主優待ポイント

ミンカブは長く保有したいと考えているストックビジネス銘柄です。

QUICKとの業務提携、ロボアド、大手証券会社との連携など次々と展開していっていますね。

ストックビジネス比率が、上がっていけば更なる業績の積み上げも期待できますね。

競合他社もいないように思いますし、今後、投資家層の拡大という国の思惑通り増えていけば、ビジネスチャンスは拡大していきますね。

楽しみな会社です。

PayPay証券では、日米の主要銘柄が単元未満株である1株から購入できる優れもの。

1,000円から少額で投資が可能!

つまり、低予算で投資をすることができるので、さっさと始めるのが大事ですね。

これまで単元未満株では、手数料が割高でしたが、気にせず買えるようになります。

【PayPay証券のメリット】

  • 1株から購入できる
  • 1,000円から購入できる(1,000円以上1,000円単位)
  • 米国株も購入できる(しかも、24時間取引可能!)
  • 取引できる銘柄は、日米ともに限定されているが、主要銘柄を網羅。
  • 1株からIPO(新規上場)に申し込みができる
  • 手数料:日本株が0.5~1.0%、米国株が0.5%~0.7%
  • 利用者の約7割が未経験者。
  • 累計170万ダウンロ―ド!

公式 PayPay証券の口座を今すぐ開設してみる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

デメリットは、日米ともに購入できる銘柄が限定されていることですね。

デメリットもありますが、投資資金が少なくても、1,000円から購入できるので、ソフトバンクグループやトヨタ自動車など日本の大企業はもちろん、AppleやAmazonなどの米国株も購入できる魅力があります。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
成長株3月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで30%還元が受けられる!9/30まで。
kindleおすすめ投資本!
村上世彰、高校生に投資を教える。

これから投資を学ぶ方にもおすすめ!高校生にも分かるように、解説してくれています。

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資を始められる方にとって、絶対に読んでおきたい本!

白いネコは何をくれた?

マーケティング、ライティングにも役立つおすすめ本!

“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

資産数億円を築かれているエナフンさんの投資本。
中長期投資を実践したい方におすすめの投資手法が具体的に記されています。
繰り返し読みたい投資本です。

「会社四季報」最強のウラ読み術

四季報を読む際のヒント満載です。

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント