【10万円以下で投資可】配当利回り4%以上!総合商社5位の丸紅(8002)の配当金推移

丸紅 アイキャッチ 国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合商社のなかでは、最強の三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事に次いで大きい総合商社の丸紅(8002)です。

配当利回りは5%近くあり、1単元 7万円程度(2019年7月8日)で購入できるので、ほかの総合商社より買いやすい水準です。

世界66ヶ国に130の拠点、食料、繊維、資材、紙パルプ、化学品、電力・プラント、鉄鋼、金属、機械、金融、物流、情報関連、開発建設など広範な分野でビジネス展開しています。

穀物トレーディング・発電容量・エチレントレーディング・水ビジネス等でトップクラスを誇りますね。

総合商社のなかでも時価総額が低く、配当利回りは高く、少額からでも投資できるので、投資妙味があるように思います。

スポンサーリンク

総合商社第5位の丸紅

芙蓉グループの総合商社。穀物や発電分野では、総合商社トップ。

また、食品関連ではコーヒー豆の輸入シェア3割を誇ります。

商社は万年割安株とも言われますが、丸紅は少々売られ過ぎのように思います。

丸紅 株価チャート

丸紅 株価チャート

株価は7万円前後で投資でき、私のような弱小投資家にとってはありがたい水準です。

PERわずか5倍台と、割安な総合商社のなかでさらに割安です。

  • 株価734.9円
  • 予想PER 5.3倍
  • PBR 0.74倍
  • 配当利回り 4.76%

配当利回りも高く、投資先として興味を持っています。

配当金推移・配当性向推移

丸紅の配当金推移です。

年初に掲げた配当金を下限とする配当方針を採用しています。

2020年3月期は1株35円が下限となっているので、今の利回りは確保されています。

丸紅 配当金推移

丸紅 配当金推移
2019年3月期決算説明資料より

16年3月期には、減配しています。この期は商社は軒並み減配(三菱商事、三井物産は初の減益)をした年ですが、概ね増配傾向ですね。

丸紅 配当の状況

丸紅HPより 配当の状況

中期経営計画によると、

「現行の連結配当性向25%以上を維持し、各年度における配当金は、期初に公表する予想配当金を下限とする。」

とあります。

また、ネットDEレシオ0.8倍程度を達成したあとは、追加の株主還元として、自己株式の取得を実施することを宣言しています。

ネットDEレシオ・・・(有利子負債-現預金)/自己資本
丸紅 配当金方針

丸紅 配当金方針

配当金は、3期連続の増配を予定していますね。

配当性向も25%程度ですので、十分な増配余力を有しています。

1株配当金配当性向(%)
2015/03期26.00 円43
2016/03期21.00 円59
2017/03期23.00 円26
2018/03期31.00 円25
2019/03期34.00 円26
2020/03(予)35.00 円

有利子負債を徐々に減らしていますので、ネットDEレシオ0.8倍は、2020年3月期には達成できそうです。

丸紅 ネットDEレシオ

2019年3月期決算説明資料より

丸紅の業績

営業収益は減少傾向ですが、営業利益は改善傾向にあります。

丸紅 売上 営業利益

セグメント別に見てみると、エネルギー分野や航空機リースなどが貢献しているもよう。

丸紅 セグメント利益

2019年3月期決算説明資料より

電力・発電分野が強く、ネット発電容量12ギガワットの日本最大のIPP(独立系発電事業者)が丸紅です。

丸紅のなかでは、安定収益型の事業として位置付けていますね。

キャッシュフロー経営

配当の原資となるのは、キャッシュになりますが、キャッシュフローを意識した経営をしていることが決算資料から読み取れます。

丸紅 キャッシュイン

2019年3月期決算説明資料より

営業キャッシュフローマージンは3.8%(2019年3月期)と高くはありません。

丸紅 キャッシュフロー

営業キャッシュフローは安定的に稼ぐことができていますね。

スポンサーリンク

丸紅は少額で投資できる高配当株

最後に大手総合商社の指標比較です。ソースは株マップ。

10万円以下で投資できるのは丸紅だけですね。

コード会社名株価PERPBR配当利回り(%)ROE(%)時価総額(10億円)自己資本(%)
8058三菱商事2,9417.80.824.2510.534,67634.45
8001伊藤忠商事2,0906.61.134.0717.023,31229.08
8031三井物産1,7896.90.734.4710.563,11735.69
8053住友商事1,638.560.745.4912.272,04935.01
8002丸紅734.95.30.654.7612.141,27729.05

PER5倍台で、総合商社のなかでも特に割安ですね。

利益水準からすると株価は安すぎるように思います。

財務も改善傾向ですし、安定したキャッシュフロー経営もできています。

時価総額は三菱商事の4分の1程度です。

配当金は基本的に右肩上がりで増えていますし、投資先候補として気になっているところ。

とりあえず、総合商社はすべて保有したい気持ちです。

関連記事です

【三菱商事】

将来の高配当株候補!三菱商事の配当利回り・配当性向・配当金推移。減配しない方針
三菱グループの中核企業であり、総合商社の雄・三菱商事。過去に保有していましたが、減配などをきらって手放してしまった経験があります。ポートフォリオの一部にエネルギーを入れたいと思っていますが、三菱商事もいいなと思い、調べてみました。

【伊藤忠商事】

【配当利回り4%超!】伊藤忠商事(8001)の株主還元方針【総合商社比較あり】
総合商社は、万年割安株でもあるんですが、その総合商社の一角である伊藤忠商事(8001)のご紹介です。保有株でもあるんですが、総合商社はどれを買おうか迷うくらいいい銘柄が揃っています。 会社名市場株価PERPBR

【住友商事】

【利回り5%超の総合商社】住友商事の株主還元、配当利回り・配当性向・増配率まとめ
万年割安株の一例として商社株がありますが、いずれも優良銘柄かつ高配当株なので、大手5社はすべて保有したいという思いです。その一角である住友商事は、非資源分野の利益ウェートが高いのが特徴ですね。安定した高配当株を保有することで、配当金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント