【高配当株】ヤマハ発動機の配当金推移・株主優待・株主還元まとめ

ヤマハ発動機 アイキャッチ 12月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽器のヤマハ発祥のヤマハ発動機(7272)は、バイクや電動バイク、マリン事業で有名ですね。

ホンダと並んで、二輪車世界トップメーカーでもあります。

今までウォッチしていませんでしたが、配当利回り5%近い高配当株であり、株主還元ありとなかなか魅力的な銘柄です。

12月決算(6月、12月配当)であるため、配当金の分散先としても魅力的。

我が家は、配当金を目的とした投資をしていますが国内株は3月決算が7割程度と言われ、偏りがあります。12月決算かつ好財務の企業はいいですね。

そのヤマハ発動機の株主還元、配当金推移、株主優待や業績についてまとめています。

IR資料も分かりやすく、財務データもExcelでダウンロードできるので、好感度高いです。

スポンサーリンク

ヤマハ発動機の株主還元

まず、株主還元から見ていきましょう。

配当金・配当性向

ヤマハ発動機は、配当性向30%を目安に配当金を出す方針です。

当社は、株主の皆様の利益向上を重要な経営課題と位置付け、企業価値の向上に努めております。
配当につきましては、「安定的財務基盤を維持・強化し、新しい成長投資・株主還元を増やす」ことを主眼に、親会社株主に帰属する当期純利益の30%を配当性向の目安としております。

引用:ヤマハ発動機 配当方針

配当金の推移ですが、20年は四季報の下限予想です。

6期連続の増配中で、2019年12月期も増配すれば7期連続の増配です。

ただ、減益決算予想であるため、配当は据え置き予想です。

ヤマハ発動機 配当金

ヤマハ発動機 配当金

リーマンショックのときの、

2009年、2010年は無配当

であることは頭に入れておきたいところです。

二輪車やマリン事業が主力事業ですので、景気動向の影響を受けやすいです。

増配率の推移

配当金の増配率の推移です。

配当性向30%を目安に掲げていますので、業績が伸びれば配当金も増えます。

増配に強い意志があるというよりは、業績に見合って出すよという感じですね。

ヤマハ発動機 増配率

ヤマハ発動機 増配率

配当利回り推移

このところ、株価が軟調ですので、配当利回りが急上昇しています。

ヤマハ発動機 配当利回り

ヤマハ発動機 配当利回り

売られ過ぎのようにも思いますが、これだけ利回りがアップしている点は見逃せませんね。

株主優待(12月権利確定日)

高配当も魅力ですが、株主優待がある点も魅力的です。

100株以上で、ジュビロ磐田のJリーグ観戦チケットやヤマハ発動機やグループ会社の所在地にある名産品がもらえます。

公式 ヤマハ発動機株主優待

ヤマハ発動機 株主優待

ヤマハ発動機 株主優待

長期保有(3年以上)で優待利回りがアップします。

保有株式数/期間3年未満3年以上
100株以上500株未満1,000ポイント2,000ポイント
500株以上1,000株未満2,000ポイント3,000ポイント
1,000株以上3,000ポイント4,000ポイント

また、6月は1000株以上保有で、オリジナルカレンダーがもらえますね。

スポンサーリンク

ヤマハ発動機の業績

次に、ヤマハ発動機の業績もチェックしておきましょう。

事業別売上高

主力の二輪車が圧倒的メインですね。

次に、マリン事業が近年拡大しています。

ヤマハ発動機 事業別売上高

ヤマハ発動機 事業別売上高

ヤマハ発動機は、二輪車やマリン事業に加えて、

ロボティクス、農業機器

医療創薬

ファンド事業

金融サービス

と成長に向けて事業展開を図っています。

営業利益・営業利益率

ヤマハ発動機 営業利益率

ヤマハ発動機 営業利益率

営業利益率は上昇傾向にあり、収益力が上がっています。

製造業のなかでは、高いですね。

二輪のライバルであるホンダの営業利益率は4.5%(2019年3月期)ですから、ヤマハ発動機の高収益であることが分かります。

四輪も手掛けるホンダと比較するのも難しいですが。

営業キャッシュフローマージン

私は、営業利益率よりも、現金を稼ぐ力を見る営業キャッシュフローマージンを重視しています。

ヤマハ発動機の営業キャッシュフローマージンは、高くないですね。

ヤマハ発動機 営業キャッシュフローマージン

ヤマハ発動機 営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフローは、プラスで推移していますので、その点は合格です。

キャッシュフローの推移

キャッシュフローの推移を見ておきます。

営業キャッシュフローがマイナスの年(2008、2012)があること、フリーキャッシュフローも安定しているわけではないですね。

ヤマハ発動機 キャッシュフロー

ヤマハ発動機 キャッシュフロー

2008年、2012年など景気後退期は現金を稼ぐ力が急速に萎むので、その点は頭に入れておきたいところです。

繰り返しになりますが、リーマンショックのときは無配になっています。

スポンサーリンク

中期経営計画

2021年までの中期経営計画を出しています。

ヤマハ発動機は、二輪事業がメインではあるんですが、

今後は自動運転を見据えた新たなモビリティ事業

も展開していくので、その点は期待したいですね。

ヤマハ発動機 2021中期経営計画より

ヤマハ発動機 2021中期経営計画より

特にラストワンマイルと言われる小型車両の開発では、

ヤマハ発動機は一歩リード

しているように思います。

ヤマハ発動機 ラストワンマイル 2021中期経営計画より

ヤマハ発動機 ラストワンマイル 2021中期経営計画より

今後、日本は急速な高齢化が進みますので、スーパーから自宅などちょっとした自動運転モビリティのニーズは高まるのではないでしょうか。

世界の高齢化率 統計 H29高齢社会白書

自動運転は、ライバルがひしめくレッドオーシャンですが、二輪トップメーカーとしてのノウハウを結集して、この分野で先行できれば面白いかなと思います。

マリン事業も、ヤマハ発動機の得意分野。

ヤマハ発動機 マリン事業 2021中期経営計画より

ヤマハ発動機 マリン事業 2021中期経営計画より

3兆円市場とも言われるマリン市場で、どこまでシェアを拡大できるか期待したいところですね。

2021中期経営計画

モビリティやマリン、ロボティクスに加えて、自動運転などのモビリティ分野は成長の柱になるかもしれません。

また、金融サービスでは、ファイナンス、補償サービス、保険などの販売債権が好調であり、収益力も高い分野。

インドや東南アジアが二輪の主戦場でもあるので、各国の所得の向上に合わせて、伸びていくように思います。2015年比で、2021年は販売金融債権残高が約2倍になる想定です。

ヤマハ発動機 目標 2021中期経営計画より

ヤマハ発動機 目標 2021中期経営計画より

スポンサーリンク

ヤマハ発動機の株価

最後にヤマハ発動機の株価を見ておきましょう。

業績が下降気味ということもあり、株価は冴えない状況となっています。

ヤマハ発動機 1年チャート SBI証券より

ヤマハ発動機 1年チャート SBI証券より

ただ、それが高配当を演出していますので、大きな業績下降がなければ、良い投資機会とも言えます。

いささか売られ過ぎのように思いますね。

ヤマハ発動機の指標です。

【ヤマハ発動機の指標】

  • 株価1873円 最新株価はこちら
  • PER 7.7倍
  • PBR 0.98倍
  • ROE 14.6%
  • 配当利回り 4.81%
  • 優待利回り –
  • 営業利益率 8.4%(2018年12月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 3.5%(2018年12月期)
  • 自己資本比率 44.3%(2018年12月期)

PER7倍台、PBR1倍割れ、配当利回り4.8%とさすがに売られ過ぎ感がしますね。

株主優待もありますし、高配当ですし、保有したいと思える銘柄です。

以上、ヤマハ発動機の株主還元でした。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
12月優待国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント