【10期連続増配・12月優待】ヒューリック(3003)の株主還元・業績推移まとめ

ヒューリック国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

平均給与1636万円19年3月期有価証券報告書より)と、国内でも有数の高給サラリーを出しているヒューリック(3003)。みずほ系。

あまり聞いたことがないかもしれません。私も株式投資をしていなかったら知ることはなかったと思います。

しかし、ヒューリックは国内でもトップクラスの不動産会社です。

連続増配株、魅力的な株主優待、保有不動産の価値、事業の成長性にほれ込んで、保有しています。

ヒューリックの配当金、業績、株主優待についてまとめました。

スポンサーリンク

上場以来増配を継続中(9期連続増配)

ヒューリックは、株主還元にも積極的です。

安定配当株を保有したい私にとっては、ヒューリックのように毎期増配し、また、その増配力のある銘柄はとても素敵に感じます。

10期連続増配を予定

配当金は、上場来毎期増配を続けており、9期連続増配を予定しています。

この間に配当金は約10倍に拡大しています。

上方修正を発表し、

1株28.5円 ⇒ 30.5円

配当金を上乗せしています。すばらしいですね。

2019年12月期決算の発表で、さらに、増配を発表!

1株30.5円 ⇒ 31.5円

に上乗せし、

20年12月期は、34.5円に増配!

これで10期連続の増配を予定しています。

3003 ヒューリック 配当金 増配率

それでいて、配当性向は30%前後で推移しており、業績が順調に拡大していることが分かります。

ヒューリックの増配率

増配率の推移です。

19年12月期配当は今回の配当上乗せ発表により、20%超えの増配率となっています。

3003 ヒューリック 配当金 増配率

毎年、非常に高い増配率を維持しています。

これだけ配当金が増えていくれると、株主としては、非常にうれしいですね。

給料でこれだけ増えることはありませんので、第2の収入となる配当金が育ってくれるのは、こうした増配株があるからですね。

増配というのは、株主メリットが大きいです。

配当利回り推移

配当利回りはそれほど高くありません。

東証一部上場平均を少し上回る程度。

ヒューリック 配当金 配当利回り 修正後

株価が割安になったときに、保有したい銘柄ですね。

株主優待制度

ヒューリックは、株主優待制度を設けています。

300株以上保有で、3,000円相当のグルメカタログギフトがもらえます。

また、3年以上保有を続けると、6,000円相当のグルメカタログギフト

優待利回りは2倍にアップ

するので、非常にお得ですね。

ヒューリック 株主優待

日経IRフェア 会社説明会2019年8月23日より

12月権利確定銘柄ですので、のんびりと保有をして株主優待ももらいたいと思います。

ヒューリック 株主優待

ヒューリック 株主優待

優待は、やはりオリックスKDDIのように、長期保有で優待利回りが上がるのはうれしいですね。

【2020年12月の権利確定日】

  • 12月末日が権利確定日の権利付き最終日は12月28日(月)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、12月29日(火)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)
スポンサーリンク

上場来10年連続の最高益

ヒューリックの業績についても見ておきます。

ヒューリック 経常利益推移

日経IRフェア 会社説明会2019年8月23日より

売上高推移

19年12月期は業績予測非公表でしたが、上方修正を発表し、

前期比20%増

と力強い発表をしています。

3003 ヒューリック 売上高

20年12月期の売上高は、未定としています

四半期決算 単位:百万円

四半期決算の状況です。

直近の19年7~9月期は、売上高を除いて、前年同期比で大きく上昇していますね。

決算期売上高営業益経常益最終益修正1株益売上営業損益率
17.10-12162,77021,85521,45115,1342313.4
18.01-0350,17613,74312,8988,78913.327.4
18.04-0664,38821,80021,46914,85222.633.9
18.07-0955,57115,54614,2959,77614.828
18.10-12117,37824,47523,86816,09824.420.9
19.01-0340,85810,1048,5606,64210.124.7
19.04-06130,34128,86028,22019,47629.622.1
19.07-0944,51516,82115,34410,71816.337.8
前年同期比-19.98.27.39.610.1(%)

ヒューリックの強み

ヒューリックの強みは、「都心」の「駅近」に保有不動産を持ちまくっていることです。

東京23区駅近中心の不動産賃貸業務を展開しており、約240件の賃貸物件、賃貸面積は約119万m2を有しています。

テナント収入で稼ぎまくっている会社です。

主力は不動産の保有賃貸・投資開発業、主要テナントはみずほフィナンシャルグループ企業。

ヒューリック 空室率

日経IRフェア 会社説明会2019年8月23日より

また、圧倒的な空室率の低さ(0.2%程度)は、その立地の良い不動産やヒューリックのビジネスの賜物ですね。

オフィスビル・ショッピングセンターなど以外にも、

  • 老人ホーム、病院
  • ホテル、高級温泉旅館

にも力を入れています。

日本ビュー・ホテルを完全子会社化(2019年8月)しており、ひそかにビュー・ホテルが実施していた株主優待をヒューリックもしてくれるんじゃないかと期待しています。

ヒューリック 3Kビジネス

日経IRフェア 会社説明会2019年8月23日より

営業利益の推移

驚くべき利益率の高さです。

まるでサービス会社かのような収益力です。

20年12月期は、売上予想が出されていませんが、営業利益は1000億円の大台を予想しています。

3003 ヒューリック 売上高

厳選された物件を保有しているため、高い稼働率と収益力が強みですね。

営業キャッシュフローマージン

現金創出力を見る営業キャッシュフローマージンも非常に高いレベルで推移しています。

3003 ヒューリック 営業キャッシュフローマージン

高いレベルでの営業キャッシュフローを創出しつつ、不動産保有なので投資キャッシュフローが大きくなっています。

3003 ヒューリック キャッシュフローマージン

財務面では、自己資本比率26.2%と低いものの、D/Eレシオは3.0以下で推移しており、財務の健全性も維持しています。

負債資本倍率(Debt Equity Ratio)。企業財務の健全性を見る指標のひとつ。企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す指標。数値が低いほど財務内容が安定していることを意味します。
D/Eレシオ=有利子負債÷自己資本(株主資本)

ヒューリックの強み(保有株がすごい)

また、ヒューリックは上場企業の株を多くもっています。

19年3月期時点で、73銘柄・77,143百万円を保有しています。

代表的な銘柄で見ていくと、

  • 芙蓉総合リース
  • SOMPOホールディングス
  • 東京海上ホールディングス
  • 東京建物
  • キヤノン
  • みずほフィナンシャルグルー
  • 協和エクシオ

などがあります。

ヒューリック株を保有するだけで、なんだか得した気分です。

参考 19年3月期有価証券報告書 P.62~64

ヒューリックの株価推移

まずは、1年チャートです。

夏ごろにかけて下げまくっていましたが、そのあとは絶好調で上げています。

上方修正と増配上方修正発表後に、株価は3%ほど下落しました。私的にはポジティブサプライズだったのですが。

翌日は3%以上上げましたね。

ヒューリック 1年チャート Yahoo!ファイナスより

ヒューリック 1年チャート Yahoo!ファイナスより

倒産するような会社ではないので、安心して保有できます。

10年チャートです。

株価はあまり上がらず横ばいが続いていますね。

1,000円を割れば、買い時と言えるのではないでしょうか。

ヒューリック 10年チャート Yahoo!ファイナスより

ヒューリック 10年チャート Yahoo!ファイナスより

スポンサーリンク

増配・優待が魅力なヒューリック

ヒューリックは、不動産業界でも時価総額4位の大企業です。

ヒューリック 時価総額

日経IRフェア 会社説明会2019年8月23日より

株価指標です。

  • 株価 1322円 最新の株価はこちら
  • PER 14.2倍(予)
  • PBR 1.92倍
  • 営業利益率 24.7%(19年12月期)
  • 配当利回り 2.61%
  • 配当性向 37.2%
  • 配当金 10期連続増配(20年12月期予想)
  • 営業キャッシュフローマージン 64.7%(19年12月期)
  • 時価総額 8909億円
  • 株主優待 グルメカタログ3000円相当(3年以上保有で6000円)、300株以上

ヒューリックは、都心に優良不動産を数多く持っており、

株主還元に積極的

な会社です。

増配を続けていること

株主優待が魅力的

今後の成長も期待できる銘柄です。

12月銘柄ですので、優待狙いでもいい銘柄ですね。

以上、ヒューリック(3003)のご紹介でした。

ではでは。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当) 6月配当 12月優待 12月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント