【7月株主優待・食事券】バルニバービ(3418)は減益も今後に期待

3418 バルニバービ (1)7月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

外食産業は、コロナ禍による営業自粛の影響もあり、非常に厳しい経営環境です。

7月の株主優待銘柄で、バルニバービ(3418)に注目してみました。

バルニバービは、東京・大阪をはじめ全国に個性的なレストラン・カフェなどを展開しており、全国に92店舗(2020年1月現在)を運営しています。

聞いたことのない会社だったので、店舗を見てみると、利用したことのある店舗がありました。

出店レストランはロケーションの特性を活かした個性の異なる4形態を位置付けています。

  • バッドロケーション戦略出店
  • 不動産デベロッパー戦略出店
  • 行政・公共機関戦略出店
  • 大学・その他戦略出店

20年7月期は業績予想非開示ですが、四季報夏号では、大赤字予想となっています。

株主優待も実施していますので、まとめてみました。

スポンサーリンク

バルニバービはカフェ・レストラン事業を展開

都市部のみならず、地方でも展開しており、幅広く事業をしていますね。

バルニバービは1994年に大阪心斎橋で第1号店を出したのが始まりですので、結構歴史のある会社ですね。

都市部以外の地方創生に資する事業として、兵庫県淡路島でホテル事業を展開を予定しています。

3418 バルニバービ 20年7月期2Q決算説明資料より

3418 バルニバービ 20年7月期2Q決算説明資料より

家族で訪れたお店は、スタッフの内容、味ともに良かったので、良い店舗が多いと思われます。

バルニバービの株主優待

3418バルニバービ株主優待image2

コロナショックで株価が下がっているときに、200株保有してみました。

バルニバービは株主優待を実施しており、200株保有だと継続保有で割引特典もあるので、メリットがあると判断しました。

3418 バルニバービ株主優待

3418 バルニバービ株主優待

200株以上だとコーヒー豆、アス米などオリジナル商品と引き換えをすることもできますね。

3418 バルニバービ株主優待2

3418 バルニバービ株主優待2

公式 バルニバービ株主優待

【2021年7月の権利確定日】

  • 7月末日が権利確定日の権利付き最終日は7月28日(水)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、7月29日(木)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)

バルニバービの配当金推移

バルニバービは安定配当を経営方針としていますが、配当利回りは1%前後と配当金目当ての投資としては魅力的ではありません。

3418 バルニバービ 配当金推移

業績の推移

業績は順調に上がってきていましたが、21年7月期は残念ながら赤字になりそうです。

3418 バルニバービ 業績推移

緊急事態宣言の際には営業自粛で店舗を閉めていましたので、売上が上がるわけもなく、苦しいのは仕方ありませんね。

財務面

自己資本比率は32%ですが、20年7月期3Qは28%まで下がっており、決して余裕のある状態ではありません。

3418 バルニバービBS

5億円を調達しており、負債は増えていますが、運転資金は確保しているようす。

キャッシュフローの推移

キャッシュフローの推移ですが、営業キャッシュフローマージンはプラスで推移しています。

3418 バルニバービ CF

手元流動性は1.7ヵ月程度となっていますが、外食業界は基本的に手元流動性は少ないです。キャッシュインが早いですからね。

こういうコロナ禍はだれも予想できなかったことですが、外食業界にとっては大きな痛手です。

スポンサーリンク

株価推移

株価の推移ですが、7月に入りやや垂れ下がってきています。

ほかの外食銘柄でも下がってきていますね。東京都で感染者数が増えてきており、警戒心が高まっている表れだと思われます。

3418 バルニバービ 株探より

3418 バルニバービ 株探より

株価指標

3418 バルニバービの株式指標
株価885円(R2.7.3)最新の株価はこちら
PER(予)ー(業績予想未定)
PBR(実)2.65
ミックス係数ー(業績予想未定)
配当利回り(予)0.8%
配当性向(予)ー(業績予想未定)
増配率(3期平均)0.0%
営業利益率(予)ー(業績予想未定)
PSR
(時価総額÷売上高)
0.67
PEGレシオ
(PER÷EPS成長率)
ー(業績予想未定)
ROE(実)0.0%
ROA(実)0.0%
営業CFマージン(実)9.5%
自己資本比率32.7%
D/Eレシオ1.48
ネットD/Eレシオ0.91
ネットキャッシュ(百万円)-2,600
手元流動性(ヵ月)1.69
売上債権回転日数11.79
棚卸資産回転日数4.69
仕入債務回転日数9.39
キャッシュ化日数(CCC)7.10
スポンサーリンク

バルニバービのまとめ

【バルニバービのまとめ】
  • 7月株主優待として魅力的(優待は食事割引券など)
  • 成長力あるがコロナ禍で赤字転落。来期も苦しい。
  • 財務面は自己資本比率30%割れと苦しい。
  • キャッシュフローは安定だが、営業自粛の影響あり。
  • 21年7月に淡路島でホテル事業を展開。
  • NECキャピタルソリューションと業務提携など

バルニバービの株主としては応援したいところです。

新規で投資する際には業績の悪化は目に見えていますので、注意してください。

財務も悪化しています。

コロナ禍が過ぎ去れば、成長路線に戻ると考え、継続保有ですが、買い増しはしない予定です。

外食産業は優待は魅力的ですが、今期はどこも厳しいですね。

以上、7月優待銘柄のバルニバービを取り上げてみました。

ではでは。

投資初心者におすすめネット証券

※口座開設は無料!維持管理料も無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント