KDDIが18期連続の増配を発表!配当金投資では通信株最強か【2019年3月期】

国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KDDI(9433)が2019年度決算を発表しました。

配当金目的で保有しているので、気になる増配については、

2019年3月期は従来予想から5円増額!1株105円(前期90円)に!
2020年3月期は5円増配の1株110円18期連続増配!

となりました。

ドコモが新料金プラン導入により大幅な減益予想を打ち出したものの、KDDIは新料金プラン導入後も、増収増益(7期連続、過去最高)を発表しています。

力強い決算発表です。

KDDIホルダーとしては、嬉しい発表となりました。

スポンサーリンク

18期連続の増配へ

19年3月期の期末配当を増額修正は予想外のサプライズとなりました。

20年3月期も5円増配により、18期連続の増配株となります。

まさに累進配当銘柄(減配せず、配当を維持するか、増配する銘柄)と言えます。

KDDI 2019年3月期決算説明資料6 株主還元 配当金

KDDI 2019年3月期決算説明資料6 株主還元 配当金

増配率はやや鈍化

19年3月期→20年3月期の増配率は、4.8%と増配率は鈍化しています。

KDDI 増配率

増配率はやや落ちていますが、今後5Gの整備などにキャッシュが必要になることを考えると致し方ないのかもしれません。

増配率は過去に比較すると低いものになりましたが、

発行済株式の3.1%、1500億円を上限にした自社株買いを発表しています。
同時に1億7663万株の自己株消却も発表しました。

株価の上昇が期待できますね。

配当性向は40%超えへ

目標の配当性向は、19年3月期に30%から35%に引き上げていましたが、さらに引き上げて配当性向40%としています。

KDDI 配当性向

年度

NTTドコモが約70%、ソフトバンクが約85%ということを踏まえると、

KDDIは大手通信キャリアで最も増配余力を残している銘柄

であると言えます。

スポンサーリンク

KDDIの業績は好調!!

2019年3月期の業績、そして、2020年3月期の業績予想です。

2019年3月期の業績

連結営業利益は発足以来初の1兆円を突破しました。

また、au経済圏流通総額は2兆円超へ成長にも成長をしています。

KDDI 2019年3月期決算説明資料1 業績

KDDI 2019年3月期決算説明資料1 業績

主力の携帯電話事業のau解約率は、依然として1%以下で推移しており、安定していますね。

KDDI 2019年3月期決算説明資料2 解約率

KDDI 2019年3月期決算説明資料2 解約率

2020年3月期業績予想

2期連続の営業利益1兆円を予想しています。

KDDI 2019年3月期決算説明資料4 業績予想

KDDI 2019年3月期決算説明資料4 業績予想

KDDIは、低容量・中容量・大容量とそれぞれ新たな新料金プランを発表しています。

最大で4割値下げというものです。

家族で加入すれば、4GBで月3000円程度でも利用できるプランとなっていますので、キャリアで使うならauが最も魅力を感じるプランだと思います。

料金プラン発表後も、株価は上昇していますので、市場も料金プランには良い印象を受けたのではないでしょうか。

KDDIは、M&Aなどによりグループ会社を拡大しており、連結での営業利益はわずか6期で2倍にも増えています。

KDDI 2019年3月期決算説明資料3 営業利益率推移

KDDI 2019年3月期決算説明資料3 営業利益率推移

記憶に新しいところでは、

カカクコムへの出資、カブドットコム証券への出資などがあります。

2022年3月期には、非通信分野の売上を1.5倍に拡大させる計画です。

KDDI 2019年3月期決算説明資料8 新中期経営計画2020-2022

KDDI 2019年3月期決算説明資料8 新中期経営計画2020-2022

スポンサーリンク

新中期経営計画では株主還元の強化を発表

6年後にEPSを1.5倍に成長させる計画です。

KDDI 2019年3月期決算説明資料9 新中期経営計画2020-2022

KDDI 2019年3月期決算説明資料9 新中期経営計画2020-2022

また、株主還元では、

配当性向を40%超えに引き上げ
することを発表しています。
KDDI 2019年3月期決算説明資料10 新中期経営計画2020-2022

KDDI 2019年3月期決算説明資料10 新中期経営計画2020-2022

自己株の取得や消却も発表しており、株価上昇に寄与してくれるといいですね。

スポンサーリンク

KDDIの株価

携帯料金の値下げによる業績悪化が言われていたころに株価が落ちていましたが、ドコモの新料金発表以降、業績悪化懸念が和らぎ株価が登り調子です。

かぶたん KDDI株価

かぶたん KDDI株価

auの新料金プラン発表以降も株価は伸びていますね。

大きな業績悪化も見込まれず、安定配当株として人気が再燃しているように思います。

  • 株価 2685円
  • PER 10.18倍
  • PBR 1.54倍
  • PEG 1.28倍
  • 配当利回り 4.1%
  • 配当性向 41.7%

指標面でもPER10倍とまだまだ割安な水準であると考えられます。

スポンサーリンク

KDDIは永久保有

権利確定前の下落時にKDDI株を買い増ししていました。

我が家はKDDI株は永久保有銘柄と位置づけ、毎年100株ずつ買い増ししていく方針です。

今回の決算発表で業績悪化懸念も払しょくされ、保有の安心感がありますね。

財務は強固ですし、今後の5G展開など通信会社は新たなステージに入ります。

KDDI 2019年3月期決算説明資料7 新中期経営計画2020-2022

KDDI 2019年3月期決算説明資料7 新中期経営計画2020-2022

KDDIは、株主優待のおまけもありますし、連続増配株ですので、配当金を目的とした投資として良い投資先であると判断しています。

これからも増配を続けてほしいですね。

きっと続けてくれるでしょう!

5年後、10年後が楽しみです。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント