かんぽ生命の株主還元。日本郵政グループでは毎年増配銘柄

かんぽ生命 国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

かんぽ生命(7181)は、日本郵政グループです。

政府保有株の売り出しの際には、最も人気が高かったですね(私も日本郵政、ゆうちょ銀行は当選しましたがかんぽ生命のみ落選しました)。

そのかんぽ生命ですが、日本郵政がかんぽ生命株を売り出すと発表しています。

4月9日(火)0時からの受付が始まっていますね。

かんぽ生命は1000億円を上限とする自社株買いを同時に発表しました。

安定配当株として、かんぽ生命の株主還元についてまとめました。

スポンサーリンク

かんぽ生命の株主還元

日本郵政、ゆうちょ銀行は基本的に増配をせずに来ていますが、かんぽ生命は上場後は増配を続けています。

特別配当を除いても、増配をしています。

出典)かんぽ生命 配当金

出典)かんぽ生命 配当金

2021年3月期に1株76円の増配を目標としており、実現されれば2016年3月期よりも35%も配当金を増やすことになります。

配当性向は、それでも50%にも満たない水準ですので、十分な増配余地がありますね。

かんぽ生命(7181)の配当利回り

配当利回り 2.69%(株価2,673円の場合、FY19.3)

となっています。

高配当株というわけではありませんが、安定した配当をもらい続けるには、まずまず良い銘柄ではないでしょうか。

ちなみに、同じ日本郵政グループを見てみると、

日本郵政 配当利回り 3.84%(株価1303円の場合、FY19.3))
ゆうちょ銀行 配当利回り 4.04%(株価1237円の場合、FY19.3)

と見比べると、配当利回りは見劣りしますね。

ただ、日本郵政もゆうちょ銀行も2021年3月期の目標が「配当は維持」が目標ですが、かんぽ生命は「増配」目標ですので、その点、良い印象を受けますね。

参考 日本郵政の株主還元方針

参考 ゆうちょ銀行の株主還元方針

参考 かんぽ生命の株主還元方針

かんぽ生命のグループでの位置づけ

かんぽ生命は、日本郵政の子会社です。

現在は89%の出資比率ですが、将来的には50%にまで引き下げる方針です。

出典)かんぽ生命 日本郵政グループでの位置づけ

出典)かんぽ生命 日本郵政グループでの位置づけ

4月5日の日本郵政によるかんぽ生命株の売り出しによって、

議決権割合 89% → 65%程度

に下がる予定です。

経営の自由度が高まることへの期待もありますね。

まだ、目標となる50%までは道のりが遠いですね。

ちなみに、親会社である日本郵政は、政府が3割以上の株式を保有の義務化があります。

NTTやJTと同様に、政府保有株は、倒産リスクが極めて小さいため、配当狙いでは長く保有できる点も魅力ですね。

私は、NTT、JT、NTTドコモ、ゆうちょ銀行を保有しています。

かんぽ生命の課題

かんぽ生命は、全国津々浦々に2.4万もの郵便局を抱えています。

この販売網を活かした保険契約のアップが必要ですが、このところは保険契約は低迷しています。

また、巨大な資産を保有していますが、国債利回りが低いため、その運用利回りを上げることで、利率との差益を拡大していくことが必要です。

収益基盤を強固にしたいため、米国社債などの資産運用をしていますね。

出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 運用

出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 運用

海外債券や海外への不動産など幅広く分散投資をしていくことで、収益を上げる計画です。

かんぽ生命のシェア

4~5兆円の保険料収入があるかんぽ生命ですが、そのシェアを見てみましょう。

養老保険のイメージ通りですが、なんと84%ものシェアを誇っています。

また、終身保険についても23.7%のシェアでトップですね。

出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 かんぽ生命のシェア

出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 かんぽ生命のシェア

第三分野(医療保障)のシェアでは、アフラックに続いて2位のシェアを誇っています。

出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 かんぽ生命のシェア 医療保険

出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 かんぽ生命のシェア 医療保険

私はかんぽ生命の保険を契約したことがないので、意外にもシェアが高いんだなという印象。

かんぽ生命の中期経営計画

目標出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 中長期定量

目標出典)かんぽ生命2019年3月期中間決算説明資料 中長期定量

保険料収入約5兆円、純利益930億円を目標にしています。

東京海上ホールディングスが3.5兆円ほどの保険料収入ですので、かんぽ生命のでかさが分かりますね。収益力はダントツで東京海上ホールディングスですが。。。

  • かんぽ生命 保険料収入 約4.2兆円
  • 日本生命ホールディングス 約4.2兆円(2017年度)
  • 東京海上ホールディングス 約3.5兆円(2017年度)

収益力では劣りますが、中高年層を中心に、かんぽ生命の契約率が高く、安定した保険料収入がありますね。

自社株買いで株価爆上げ

最後に、かんぽ生命の株価です。

かぶたん かんぽ生命

かぶたん かんぽ生命

日本郵政の売り出しに伴う自社株買いを好感し、株価は爆上げしました。

かんぽ生命の公募(PO)に応募すべきか

かんぽ生命 PO

SBI証券 かんぽ生命 PO

かんぽ生命の公募が始まっていますね。

2%~4%のディスカウントが予定されています。

私は見送りします。

スポンサーリンク

かんぽ生命は安定配当株

日本郵政グループのなかでは、唯一、毎年増配を続けているかんぽ生命。

政府関連株ということもあり、倒産リスクは極めて小さいので、貯金株のように配当狙いの投資が良さそうです。

配当利回りは2.6%程度と、そこまで高くない点は魅力に欠けます。

私はすでにNTT、JTと政府関連株は保有していますし、かんぽ生命の配当にそこまで魅力を感じないため、投資対象から外しています。

IPO以来、久しぶりにかんぽ生命の話題だったので、株主還元についてまとめてみました。

将来の増配が続くなら、いずれ魅力ある高配当株になるかもしれません(現時点では買い対象外ですが)。

以上、かんぽ生命の株主還元でした。

無料の株管理アプリ『マイトレード』というサービスを利用すると、証券口座をまとめることもできるので、かなり便利。無料だと3口座までできます。

ポートフォリオの視覚化(グラフ化)も自動でしてくれます。

3年年前は、米国株を保有していませんでしたが、徐々に増やして、3割程度にまで上げることができています。

当分、この比率(日本株7割:米国株3割)を保ちつつ、株式投資を続けていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント