【VISAギフトカード5000円の優待】総合利回り4%以上のブロードリーフ【12月優待】

ブロードリーフ株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

12月優待のブロードリーフ(3673)という会社は、オリジナルVISAギフトカードを用意してくれています。

500株以上保有で5,000円分のオリジナルVISAギフトカードをもらうことができます。

優待利回りは、株価600円で約1.7%くらいと高いですね。

VISAギフトカードカードは、使えるお店が多いので、持っておくと重宝しますね。

スポンサーリンク

ブロードリーフの株主還元

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より プラットフォーム

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より プラットフォーム

ブロードリーフは、BtoBを手掛けている企業で、ITサービスを利用した自動車アフターマーケットの業務アプリケーションを手掛けています。

部品流通アプリケーションのプラットフォーマーとも言える存在です。

同業界ではトップシェアの企業ですね。

モビリティ分野は、先端技術の導入により新たなビジネスチャンスが訪れると思いますが、世界60か国で順次同社のアプリケーションを販売していく予定。

更なる成長も期待できるかなと思っています。

ブロードリーフの配当金

ブロードリーフは5期連続で増配をしています。

2013年上場ですので、上場したあとは毎年増配しています。

配当利回りは2.1%程度と上場会社の平均くらいですね。

銘柄証券コード現在値 (¥)
(株)ブロードリーフ3673620
配当金13円(19年12月期)配当利回り
EPS32円2.10%
配当性向40.63%
※2019年10月8日株価で算出

配当性向は40%程度と増配余力があります。

ブロードリーフ 配当金

株価が6万円程度と投資しやすい水準です。

ブロードリーフの株主優待

ブロードリーフの株主優待は、12月期に持っている場合にもらえるオリジナルVISAギフトカードです。

最低投資額優待優待利回り
310,0005,0001.61%
620,00010,0001.61%
1,240,00020,0001.61%
※2019年10月8日株価で算出

以前は100株以上でもらえていましたが、最低限500株以上の保有が必要です。

約30万円の投資が必要となりますね。

優待利回りは1.6%程度と高く、配当と合わせた総合利回りは3.7%程度になりますね。

【2021年12月の権利確定日】

  • 12月末日が権利確定日の権利付き最終日は12月28日(火)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、12月29日(水)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)
スポンサーリンク

ブロードリーフの業績

ブロードリーフの業績も見ておきます。

アプリケーション事業は、使い続けるような代物ですので、安定した売り上げがあります。

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より 業績

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より 業績

業界第2位の会社を買収したことも寄与して、売上は右肩上がりで増えています。

売上の約3割は、月額・従量課金のストックビジネスです。

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より ストックビジネス

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より ストックビジネス

ストックビジネスは安定した収益を生み出してくれますので、こうしたビジネスを持つ会社は簡単にはこけませんね。

高い営業利益率

ブロードリーフは、約20%程度の高い営業利益率で推移しています。

高い競争力を有していることが分かりますね。

営業利益も上昇しており、堅調さがうかがえます。

私は、営業利益の推移と営業利益率は重視しており、20%というのは非常に高い数字ですね。

ブロードリーフ 営業利益率

売上総利益が7割以上ありますので、稼げるビジネスモデルとも言えますね。

現金を稼ぐ力を見る営業キャッシュフローマージンも直近18年12月期で14%と高いので、現金創出力も高いです。

ブロードリーフ 営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフローがしっかりと出て、フリーキャッシュフローを生み出せている点は高評価ですね。

ブロードリーフ キャッシュフロー

最後に、1株当たりの純利益(EPS)の推移です。

ブロードリーフ EPS

EPSも順調に推移しています。

業績面でも不安なく、安定した業績推移しています。

自動車のアフターマーケットが主要な顧客マーケットとなっています。

アプリケーション事業からプラットフォーム事業に派生して、同社のサービスがなくてはならないものという地位を今後も築いていければ、安定した収益を生んでくれそうですね。

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より 顧客マーケット

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より 顧客マーケット

株価の推移

株価はこのところ600円近辺でウロウロしています。

100株投資では投資しやすい水準ですが、株主優待をもらうためには500株必要です。

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より 株価

ブロードリーフ 19年12月期個人投資家説明会資料より 株価

  • 株価 620円
  • PER 19.4倍
  • PBR 2.47倍
  • 配当利回り 2.1%
  • 優待利回り 1.61%
  • 総合利回り 3.71%
  • 営業キャッシュフローマージン 14%

株価指標的には、割安でもなく、割高でもなくといったところです。

スポンサーリンク

オリジナルVISAギフトカードが魅力!

500株保有で、オリジナルVISAギフトカード5000円分が魅力的ですね。

同社株は、外国人比率が30%を超えています。

プロの投資家にとっても人気といったところですが、業績が軟調であれば容赦なく売りを浴びせてくる可能性がありますね。

なかなか魅力的な銘柄のようにも思いますが、優待狙いと安定した配当狙いとしても、長期保有が前提の銘柄ですね。

VISAギフトカードは、何かと便利なので優待でもらえると嬉しいですよね。

ブロードリーフは、高い優待利回りが魅力的です。

ギフトカードがもらえる優待も重宝しますね。

【株主優待でギフトカード】配当と優待で楽しみながら投資して生活費を削減
消費税の増税によって、生活コストが上がってしまいます。食料品や新聞代は8%のままだけど、料理酒やみりんは10%ですよ。トイレットペーパー、オムツなど衛生用品も10%。これから地味に私たちの生活費を圧迫していきます。生活費を削減していく
【株主優待・優待利回りトップは?】JCBやVISAなどギフトカードがもらえる30銘柄まとめ
株主優待では、クオカードをもらうことが多いのですが、家族からは百貨店で使えるギフトカードのほうが嬉しいと言われ・・・。JCBやVISA、UCなどのギフトカードがもらえる株主優待銘柄がないのかを調べてみると、漏れがあるかもしれませんが、調

このほか、長期保有でクオカードが多くもらえる銘柄もあるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

ではでは。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

ネット証券最大手のSBI証券が作った「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が220円(税込)で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月220円定額・税込)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株主優待 12月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント