米国株(アメリカ株)で25年以上増配の配当貴族(利回り3%以上)【投資候補5銘柄】

アメリカ株 米国株投資

配当金が毎年のように増えてくれると、投資しがいもありますね。

我が家も配当狙いの投資をしています。

配当金と言っても100万円投資しても、利回り3%であれば年間たったの3万円ですからね。

そんなもんです。

時間がかかるんです。

でも、着実です。だから投資するんです。

キャッシュフロー(現金収入)が欲しいのです。

値上がり益を狙うほうがはるかに効率がいいわけですが、我が家は現金収入を重視しているので、増配を繰り返してくれる企業に投資したい。

このところ、たばこ銘柄の暴落により追加投資を敢行し、ポートフォリオのなかでタバコ銘柄の割合が高くなっているので、ほかの銘柄を調べてみました。

スポンサーリンク

米国株は増配銘柄が豊富

米国株には25年以上増配を続けている配当貴族とも呼ばれる銘柄がなんと120銘柄もあります。

すごいですね。日本は花王の1社(29年連続)だけですから、世界最大市場の米国株、恐るべし!です。

なんと60年以上も増配をしている企業だけでも6社もあります。

  • American States Water 63年
  • Dover Corp. 62年
  • Genuine Parts Co. 62年
  • Northwest Natural Gas 62年
  • Parker-Hannifin Corp. 62年
  • Procter & Gamble Co. 62年

こうした企業にも投資をしてみたいですね。

データは配当利回り4月30日時点です。「The DRiP Investing Resource Center」を利用。

業績は、米国会社四季報2018年春夏号です。

Genuine Parts Co.(ジュニュイン・パーツ)【GPC】62年連続増配

GPC 百万USD 列1 売上高 売上高伸び率 営業利益 営業利益率
  15.12   15,280   1,124 7.4%
  16.12   15,339 0.39% 1,069 7.0%
  17.12   16,308 6.32% 1,068 6.5%
  18.12 18,340 12.46% 1,247 6.8%
  19.12 18,799 2.50% 1,293 6.9%

産業用各種部品の流通業大手。自動車用交換部品、オフィス用品などを手掛けています。

なんと62年も連続で増配中。配当はまさに利益成長の証明。

  • 配当利回り 3.26%
  • 過去10年の増配率 6.5%
  • 直近の増配率 6.67%
  • 配当性向 62.07%

Target Corp.(ターゲット)【TGT】50年連続増配

TGT 百万USD 列1 売上高 売上高伸び率 営業利益 営業利益率
  16.1   73,785   5,102 6.9%
  17.1   69,495 -5.81% 5,012 7.2%
  18.1   71,879 3.43% 4,403 6.1%
  19.1 72,404 0.73% 4,181 5.8%
  20.1 73,800 1.93% 4,156 5.6%

日用品や衣料品、食品などを販売する大型ディスカウントストア。米国内に1834店舗を展開し、最近はネット販売も増えています。

  • 配当利回り 3.42%
  • 過去10年の増配率 16.7%
  • 直近の増配率 3.33%
  • 配当性向 53.0%

PepsiCo Inc.(ペプシコ)【PEP】46年連続増配

PEP 百万USD 列1 売上高 売上高伸び率 営業利益 営業利益率
  15.12   63,056   10,009 15.9%
  16.12   62,799 -0.41% 10,483 16.7%
  17.12   63,525 1.16% 10,578 16.7%
  18.12 65,373 2.91% 11,227 17.2%
  19.12 67,472 3.21% 11,872 17.6%

コカ・コーラのライバル。スナック菓子は米国首位。個人的には、コカ・コーラよりもペプシコーラのほうが好みです(ほとんど飲みませんが)。

コカ・コーラよりも順調に売り上げも増やしている点も好感を持っています。

  • 配当利回り 3.68%
  • 過去10年の増配率 8.9%
  • 直近の増配率 15.22%
  • 配当性向 72.46%

Kimberly-Clark Corp.(キンバリークラーク)【KMB】46年連続増配

KMB 百万USD 列1 売上高 売上高伸び率 営業利益 営業利益率
  15.12   18,591   3,393 18.3%
  16.12   18,202 -2.09% 3,371 18.5%
  17.12   18,259 0.31% 3,286 18.0%
  18.12 18,584 1.78% 3,401 18.3%
  19.12 18,918 1.80% 3,534 18.7%

日用品大手メーカー。日用品メーカーは高いブランド力を武器に、生活に密着しているので安定した売り上げが見込めます。

生活必需品は投資先からは外せませんね。

  • 配当利回り 3.86%
  • 過去10年の増配率 6.7%
  • 直近の増配率 3.09%
  • 配当性向 78.28%

Automatic Data Proc.(オートマチック・データ・プロセシング)【ADP】43年連続増配

ADP 百万USD 列1 売上高 売上高伸び率 営業利益 営業利益率
  15.6   10,938   2,003 18.3%
  16.6   11,667 6.66% 2,248 19.3%
  17.6   12,379 6.10% 2,405 19.4%
  18.6 13,251 7.04% 2,474 18.7%
  19.6 14,190 7.09% 2,860 20.2%

給与計算などの人事関連業務を手掛けるアウトソーシング会社。民間雇用指標のADR前米雇用統計の公表元です。

顧客は全世界110カ国65万社にのぼります。

過去10年の増配率が10%を超えており、連続増配株としても注目。投資したい。

  • 配当利回り 2.34%
  • 過去10年の増配率 11.0%
  • 直近の増配率 9.52%
  • 配当性向 73.40%

CVS Health Corp.【CVS】14年連続

CVS 百万USD 列1 売上高 売上高伸び率 営業利益 営業利益率
  15.12   153,290   9,695 6.3%
  16.12   177,526 15.81% 10,603 6.0%
  17.12   184,765 4.08% 10,047 5.4%
  18.12 189,336 2.47% 10,103 5.3%
  19.12 210,272 11.06% 11,072 5.3%

配当貴族銘柄ではありませんが、米国最大のドラッグストア。

先ほど出てきたターゲットから薬局・診療所の運営権も獲得。

医療保険大手エトナの買収合意で、当局審査が通れば2018年後半に成立見通し。

増配率も高く、順調に売上・利益も伸ばしているので、着目しています。

  • 配当利回り 2.86%
  • 過去10年の増配率 24.2%
  • 直近の増配率 17.65%
  • 配当性向 30.86%

増配率も大きい方が投資妙味あり

米国株四季報2018

AT&T Inc.【T】は、日本でいうドコモやKDDIのような通信会社ですが、配当利回りは6%を超えます。

そして、34年連続で増配している企業です。

保有銘柄でもありますが、過去10年の増配率は3.3%と低く、過去5年は2%台の増配率となっています。

安定した事業収入はありますが、配当性向が高く、増配率が低いのがネックです。

長く保有することを考えると、今の配当利回りだけでなく、配当利回りが低くても、増配率が高い企業への投資をしたいと考えています。

分散投資の観点からも、銘柄を1つ増やしたいと思います。

収入がないと投資もできないので、確実な収入源となる配当金を増やしたいのです。

しっかりとこの路線を突き進めば、5年後、10年後にかなり我が家の家計キャッシュフローは変わってくると思います。

収入源を強化していく。

米国株は連続増配銘柄が豊富なので、選ぶのも大変ですね。

うーん、米国企業の増配銘柄はホントに投資したい銘柄ばっかりだわ。

相場が下落する局面で、配当はとくに次の2つの役割で投資家に貢献する。

まず再投資を通じて保有株を余分に積み増せるので、これがポートフォリオの価値下落を受け止めるクッションとなる。

下落局面に再投資を通じて保有株を積みます配当の働きを、わたしは「下落相場の安全装置プロテクター」と呼んでいる。

しかも、買い増した株式は、相場がいったん回復すれば、下落に対するクッションどころではない役割を果たす。保有株数が増すほど、将来のリターンが加速するからだ。

つまり、配当再投資は、下落局面でプロテクターとなり、株価がいったん上昇に転じれば「リターンの加速装置(アクセル)」となる。

-引用-株式投資の未来 ジェレミー・シーゲル

米国株投資には、SBI証券がおすすめ。住信SBIネット銀行と連携すれば、為替手数料を安くすることができます。コストを抑えられるのは大きい!

今すぐ資料請求してみる→SBI証券

ではでは。

≫ 配当利回り3%の会社に投資続けるとどうなるか。やはり投資は連続増配を好む

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク