貯金1000万円より資産1000万円のほうが数倍うれしい。理由はインカムゲイン

貯金 資産形成 配当金投資
スポンサーリンク

貯金1000万円もうれしいですが、資産1000万円はもっと嬉しいものです。

ここでいう資産とは、お金(現金)を生むものを言います。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)」を読まれた方も多いかもしれません。

定期的に何度か読み直しています。

そこでは、金持ち父さんはこんなことを言っていますね。

「資産」は私のポケットにお金を入れてくれる

「負債」は私のポケットからお金をとっていく

貯金1000万円ができたら(できなくてもいいんだけど)、資産1000万円をめざしたいもの。

資産1000万円だとどれだけの現金が生まれるのか。

スポンサーリンク

お金を生む資産を持ちたい!

我が家は、現在、お金のために働いている状態です。

資産が生んでくれるお金だけでは、生活することができません。

資産が生むお金で支払いを済ませることができるようになれば、まさに・・・

『経済的自由!!』

というわけですね。

生活費と考えると、年間400万円程度は必要となってしますので、税引前の利回り4%であったとしても元本1億円が必要です。

あまりにも遠く感じるので、我が家では年間90万円の住居費相当額を配当金で賄うことを第一目標としています。

配当金90万円を手に入れるのに必要な元本は?

ところで、配当金90万円を手に入れるのに、どれだけの元本が必要でしょうか。

高い配当利回りのある企業でも、税引き後では3%~4%程度です。

5%というのは、なかなかないですね。

税引き後利回り4%で見てみると、元本約2,200万円程度が必要となってきます。

2000万円超えか・・・と、ちょっとため息が出る金額ですね。

配当シミュレーション 配当金

年間100万円を投資に回しても22年もかかる計算です。

年間200万円をコンスタントに投資していっても、11年です。

長い、長いよう。でも頑張る。

減配しない、または、毎年配当金を増やす増配銘柄を選んでおけば、自分たちで用意する資金(元本)は減らすことはできます。

入ってきた配当金を活用して、再投資すればいいですからね。まさに複利です。

利回りが高いほど、複利効果がのちのち効いてきます。

配当シミュレーション 配当金  複利

できるだけ利回りの高い資産にお金を振り向けていきたいですね。

スポンサーリンク

金持ち父さんを思い出す

もう一度金持ち父さんが言っていることを思い出してみます。

「資産」は私のポケットにお金を入れてくれる

「負債」は私のポケットからお金をとっていく

普段、私たちが「資産」だと思っているものでも、実は「負債」である場合もあります。

マイホームやマイカーは負債

マイホーム 負債2

例えば、マイホームやマイカーなどがそれにあたるでしょう。

マイホームは、資産と思いきや、住宅ローンを返すまでは自分の資産とは言い切れないですね。

せっせとローンを払い終わったときには、資産と呼べる価値が残っているか・・・も疑問です。

マイホームでは、住宅ローン以外に修繕費の積立など維持メンテナンス費用もかかってきます。

お金が出て行く機会は多い。

マイカーも同じで、お金を生むわけではないですね。

維持費やガソリン代、保険料など「持つことによってお金が出ていくもの」は資産とは言い難いというわけです。

(最近は、マイカーでもシェアリングで貸し出すことでお金を生むサービスが生まれています。)

現金収入を生む資産を持つ

一方、現金収入を生む資産は、不動産や株式などがそれにあたりますね。

家賃収入や配当金収入は、それを持っていれば、後は自動的にお金を振り込んでくれます。

買った「資産」が毎月現金を生み出してくれるわけです。

現金や預金を多く積み上げても、ほぼ無利息のいまはお金を生んでくれる資産とは言い難いですよね。

我が家も現金の比率が70%程度と高かったですが、最近は40~50%程度に落としています。

現金は400万円ほどあれば、あとは投資に回してもいいかなというくらいの気持ちです(暴落時に出動できるキャッシュも必要ですが)。

配当金投資を目的にした2年前よりは、徐々に配当金も増え始めています。

配当金が増えていくのは、時間はかかりますが、安定した現金収入を得ることによる安心感もありますね。

参考  日本たばこ産業(JT)を追加投資。配当利回り4.5%超えで高配当株として魅力

参考  たばこメーカーは増配を繰り返す高配当株。保有するJT、MO、BTIの配当金推移

日本株の増配銘柄です。

コード銘柄名連続増配年数配当利回り
4452花王291.44%
7466SPK212.55%
4732ユー・エス・エス212.36%
4967小林製薬200.92%
4668明光ネットワークジャパン203.86%
8593三菱UFJリース192.90%
8566リコーリース192.33%
8227しまむら182.40%
9058トランコム181.14%
9436沖縄セルラー電話182.86%
2391プラネット172.03%
8113ユニ・チャーム170.82%
9433KDDI163.18%
5947リンナイ160.96%
9989サンドラッグ161.46%
6869シスメックス160.63%
8439東京センチュリ-161.78%
8424芙蓉総合リース162.21%
4521科研製薬162.69%
7532ドンキホーテHD150.50%
2659サンエー150.89%
8425興銀リース152.75%
8876リログループ150.71%
2914日本たばこ産業(JT)155.02%
2449ブラップジャパン142.49%
7504高速142.22%
6370栗田工業141.77%
4527ロート製薬140.78%
9843ニトリHD140.58%
4544みらかHD134.28%
9787イオンディライト131.66%
7611ハイディ日高131.14%
3844コムチュア131.23%
8028ファミリーマート131.15%
2371カカクコム121.42%
9037ハマキョウレックス121.69%
7613シークス121.10%
3769GMOペイメントゲートウェイ120.36%
1973NECネッツエスアイ113.20%
2502アサヒグループHD111.71%
3097物語コーポレーション110.79%
2157コシダカHD110.60%
2461ファンコミュニケーションズ102.77%
1414ショーボンドHD101.57%
3038神戸物産101.40%
3092スタートトゥディ10(11年予定)1.03%
3349コスモス薬品100.46%
8591オリックス93.61%
7148FPG93.60%
5108ブリヂストン93.50%
4765モーニングスター92.66%
配当利回りは2018年7月13日現在(一部未更新)
(増配銘柄は、2018年四季報春夏号より)

保有株関連記事

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
NTTドコモ3.8%程度5年
KDDI3.3%程度17年
日本たばこ産業(JT)5.0%程度15年
日本郵政4.1%程度
スタートトゥディ1.0%程度10年
日本郵政3.5%程度
ゆうちょ銀行3.5%程度
オリックス3.6%程度9年
アルトリアグループ(MO)4.5%程度49年
ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)4.5%程度18年
T(AT&T)6.5%程度34年

投資候補関連記事

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
ブリヂストン3.9%程度9年
ゴールドウィン1.0%程度9年
東京海上ホールディングス3.3%程度7年
JR各社の比較1.0%~
沖縄セルラー3.0%程度18年
NTT(日本電信電話)3.3%程度8年

このほか、不動産投資にもチャレンジしていきたい。

スポンサーリンク

貯金1000万円よりも資産1000万円のほうが楽になる

貯金1000万円を持ち続けるよりも、”時間”を活かして複利運用ができる投資へのチャレンジが大事です。

現金収入を生む資産を1000万円持っていれば、税引き後利回り3%でも年間30万円の収入があります。

10年で300万円以上の差が出てくるわけですから、その差は大きいですね。

普通の主婦家計でも1000万円を貯めたことも参考になりますが、お金を増やすのは「先を見据えて」、「行動し続ける」ことだと思います。

積立貯金に始まり、積立投資も加えて、現金収入を生む資産取得にもお金を振り向けていく。

このサイクルをぐるぐる回していけば、自然とお金が増えるスピードをあげていけるのではないでしょうか。

時間を味方にした複利運用を活かして、お金を増やす仕組みづくり。

これからも現金を持ちすぎないように、資産が資産を作っていく視点を忘れずにしたい。

どうしても、不安の気持ちが強くなるときは現金で持ちたくなるんですよね。

『金持ち父さん貧乏父さん』は、お金の悩みを持つあなたに読んで欲しい本の一冊です。

≫ 金を増やしていくのは積立貯金+@を続ける。配当金投資は将来の果実を作る。

配当金投資貯金ネタ
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント