米国株の年率リターンを簡単に調べられる分析ツール。米国株投資の際に活用しよう

アメリカ株 米国株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

資産形成をしていくためには、米国株への投資は有効です。

世界最大市場である米国市場に上場している企業、なかでも、私たちが知っているような銘柄は、グローバルトップの企業も多いです。

例えば、日本ではスマホの約半分はiPhoneと言われますが、Appleを知らない人はいないでしょう。

SNSで言えば、Facebookを知らない人も同様ですし、Amazonを利用したことがない人も少ないのではないでしょうか。

WordやExcelなどはMicrosoftが提供しているものです。

私たちの日常には、アメリカの大企業のサービスがかなりたくさんありますね。

そんな米国株を投資する際に、過去のパフォーマンス(年率リターン)を簡単に分析できるツールがあります。

スポンサーリンク

米国株への投資の際に活用しよう

分析ツールはこちらです。

米国株は、ホントに保有したい銘柄が多いので、どれを買うか迷います。

投資資金にも限りがあること、少額投資は売買手数料が割高になるため、パフォーマンスに大きく影響してしまいます。

この分析ツール(無料)を使えば、過去の年率リターンを見ることができます。

例えば、Appleで見てみましょう。

2000年から2018年のリターンを調べてみます。

この期間は、2000年のITバブル、2008年のリーマンショックという歴史的なバブル崩壊(大暴落)がありますので、最悪の場合も想定できます。

米国株 アメリカ株 ポートフォリオ

銘柄はAppleだけにしてみましたので、ポートフォリオ割合は100%です。

① CAGR(年率リターン) 24.39%

② ベストyear 201.36%

③ ワーストyear ▲71.06%

米国株 アメリカ株 ポートフォリオ

18年間年率24%で増えているAppleすごいですね。

10,000$→566,866$と56倍にもなっています。

2000年当時のAppleは瀕死の状態ですから、投資できた人は少ないと思いますが、ジョブズ復帰に賭けた方は、大成功ですね。

そのあとのiPod、iPhoneの大成功を知らない人はいません。

複数銘柄のポートフォリオも作れる

成長株であるAppleと成熟企業であるAT&Tを50%ずつ投資したとしてみます。

米国株 アメリカ株 ポートフォリオ

① CAGR(年率リターン) 17.36%

② ベストyear 102.55%

③ ワーストyear ▲42.46%

米国株 アメリカ株 ポートフォリオ

10,000$→193,132$と19倍になっていますが、Appleだけに投資していたほうがはるかに高いリターンを得ることができていました。

これは、まぁ、結果論です。投資する際には誰も分かりません。

たった2銘柄ですが、分散投資していることで最悪の年には、Appleだけに投資するときより30%も改善されています。

暴落時には投げ売り心情になりかねないので、分散投資は大事ですね。

複数の銘柄の年率リターンも見ることができるので、参考になりますね。

米国株 アメリカ株 ポートフォリオ5

スポンサーリンク

米国株の運用も入れていく

我が家は、日本株と米国株の割合が9:1くらいだったのですが、数年かけて6:4くらいにしていきたいと考えています。

投資 アメリカ株 比率

日本株への投資も重要視していますが、


○世界最大の市場である米国の成長が期待できる

○連続増配株が多い


米国は今後も人口増加が期待できますが、日本は人口減少社会に突入しています。

長期で見た場合は、米国市場への投資を選択しない理由はありません。

統計 将来推計人口(日米)2015-2

資料:国立社会保障・人口問題研究所より作成

我が家が現在保有しているのは、連続増配株を中心としていますが、AmazonやAppleなどの成長株にも投資していきたいと思っています。(投資資金が欲しい)

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

米国株への投資はSBI証券が手数料面で有利

米国株への投資は、主要ネット証券の口座を持っておくといいですね。

手数料面では、以前まではマネックス証券が有利でしたが、今は横並びとなっています。

証券会社マネックス証券楽天証券SBI証券
売買手数料約定代金×0.45%約定代金×0.45%約定代金×0.45%
売買手数料②5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル
30万円の場合11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)
取扱銘柄数約3,300約1,300約1,400
注文方法成行・指値・逆指値・ツイン指値成行・指値成行・指値
注文有効期限最大90日間当日中のみ最大15日米国営業日
発注可能時間24時間15時~翌日5時10時30分~19時
19時30分~翌5時
為替手数料(米ドル)25銭25銭25銭
住信SBIネット銀行利用で2銭
公式HP≫ マネックス証券≫ 楽天証券≫ SBI証券

米国株に投資する際には、円をドルに替える必要がありますが、この為替手数料を安くできるのがSBI証券です。

住信SBIネット銀行を利用すれば、為替手数料を25銭→2銭と10分の1以下にできますので、手数料を抑えることができます。キャンペーン中につき、為替手数料が無料です。

使いやすい証券会社を利用するのがベストですが、手数料を抑えることを考えればSBI証券住信SBIネット銀行の組み合わせがベストでしょう。

分析ツール「Backtest Portfolio Asset Allocation」も使いながら、資産形成に米国株を取り入れていきます。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
米国株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント