為替手数料4銭に。住信SBIネット銀行でドルに替えてSBI証券にリアルタイム入金する方法

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

資産内容をアメリカ株にも振り向けようと取り組んでいます。

米国株投資の5年計画。配当2.5倍をめざして筋肉質の家計を作るぞ。

アメリカ株を購入しようと思うと、日本円→米ドルに替えて、アメリカ株を買う必要があるんです。この日本円→米ドルに替える為替取引ですが、手数料が高いんですよね。

そんななか、住信SBIネット銀行を利用すると手数料を安くすることができます

方法としては、

  1. 住信SBIネット銀行で「日本円→米ドル」に替える
  2. SBI証券の「外貨即時入金」サービスを利用する
  3. SBI証券の外国株式取引でアメリカ株を購入する

というたったの3ステップですることができました。

しかも、リアルタイムでこの手続きをすることができます。

この円高の瞬間を活かしたい!というときにも活用できますね。画像付きで解説します。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行は米ドルの為替コスト『4銭』

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

ネット銀行の中でも群を抜く使いやすさの住信SBIネット銀行。私も10年近く使っていますが、もう欠かせない銀行です。

住信SBIネット銀行では、

1米ドルあたりの手数料が「15銭 → 4銭」と激安

になりました。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

これは嬉しいニュースですね。

マネックス証券で米国株を投資していますが、為替手数料が25銭です。

それが、住信SBIネット銀行を利用すると4銭になるわけです。コストを抑えたい投資家としてはありがたいですね。

さらにニュース!!

2018年3月16日17時、約定分まで、なんと0銭!!

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行→SBI証券(米ドル移動)

住信SBIネット銀行側ですること

それでは、住信SBIネット銀行で米ドルに転換して、SBI証券にリアルタイムで移動できるのか、実際に試してみました。

住信SBIネット銀行側ですることは、「日本円を米ドルに替えること」だけです。

住信SBIネット銀行 外貨12-min

久しぶりに110円台を上回り、109円台となっていますので、早速買付(日本円→米ドル)してみます。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

注文方法を「リアルタイム」にすると即座に日本円→米ドルに転換できます。

このほか、指値注文などもできます。

また、「円」または「米ドル」で指定することができます。

分かりやすいので、「円」で指定します。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

リアルタイムの場合、10秒以内に決断してね!ってカウントが始まります。

10秒以内に確定ボタンを押すと、「日本円→米ドル」が実行されます。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

ホントに約定されていました。思いのほかあっさり。ネット画面上なので、実感がないですが米ドルを持つことができました。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

SBI証券側ですること

無事、住信SBIネット銀行で米ドルに替えることができれば、次はSBI証券で作業します。

手順は次のとおりです。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

出典*SBI証券

「入出金・振替」から「外貨入出金」を選択します。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

住信SBIネット銀行にある米ドルをいくらSBI証券に振込みをするのかを選択しましょう。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

振込指示確認ボタンを押せば住信SBIネット銀行のログインを求められます。そこで確認して指示すれば完了です。

あっという間ですね。

・SBI証券の証券取引口座の米ドルは利息が付きません。

・住信SBIネット銀行の外貨普通預金の米ドルは利息が付きます

⇒使う予定のない米ドルは、住信SBIネット銀行に預けているほうが利息分お得です。

めっちゃあっさり。こりゃ便利ですわ。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

SBI証券の保有資産でちゃんと保有できるのが確認できました。

住信SBIネット銀行 外貨 SBI証券 アメリカ株

ちょっとまとめると、

○住信SBIネット銀行 で米ドル転換が手数料安い!!(1米ドル4銭)

○SBI証券の外貨即時入金サービスを利用するとリアルタイムで入金される

○SBI証券でアメリカ株買付

為替手数料を節約する方法です。

アメリカ株は長期保有向き

まだ買付は完了していませんが、連続増配銘柄であるジョンソン&ジョンソン(JNJ)に投資したいと思います。

J&J アメリカ株

55年連続で増配している医療機器や医薬品を扱うメーカーです。

保有していて間違いのない会社だと思います。

参考  【米国株】ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson:JNJ)の銘柄分析【連続増配】

我が家は、給料以外の安定したキャッシュフロー(収入)を作るため、安定して配当を生むアメリカ株への投資を始めています。

5年間で米国株の資産割合を増やしていきます。

投資 アメリカ株 比率

先進国でも人口が増えているアメリカ。しかも、生産年齢人口も増えています。

アメリカ株の勉強を続けて、投資金額を増やしていき、強い家計を作っていきますぞ~。

アメリカ株投資ならマネックス証券かSBI証券が手数料で有利です。

証券会社マネックス証券楽天証券SBI証券
売買手数料約定代金×0.45%約定代金×0.45%約定代金×0.45%
売買手数料②5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル
30万円の場合11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)
取扱銘柄数約3,300約1,300約1,400
注文方法成行・指値・逆指値・ツイン指値成行・指値成行・指値
注文有効期限最大90日間当日中のみ最大15日米国営業日
発注可能時間24時間15時~翌日5時10時30分~19時
19時30分~翌5時
公式HP≫ マネックス証券≫ 楽天証券≫ SBI証券

為替手数料を考えると、SBI証券が有利になってきましたね。

口座開設がまだのかたは、この機会にしておきましょう。

ではでは。

≫ 住信SBIネット銀行の口座を開設してみる

≫ SBI証券の口座を開設してみる

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly