【株主優待でホテル宿泊無料】サムティ(3244)の株価・配当金推移・株主還元

サムティ アイキャッチ株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年のように、旅行に行っているんですが、消費税増税があれば旅行費用の増加につながり、ちょっと気軽に行きにくくなりますね。

今までは、リクルートカードなどポイントやふるさと納税などを利用して、旅行をしています。

株式投資もしているので、株主優待でホテルに宿泊できる銘柄を以前まとめました。こちらの記事です。

そのなかで、気になっていたサムティ(3244)をウォッチしていたんですが、株価も上がってきていますが、

  • 高配当株
  • 11月決算銘柄として配当金分散ができる
  • 株主優待でホテル宿泊無料券

という魅力にひかれて、100株を保有していますが、これを300株まで買っていこうと考えています。⇒買い増ししました。

スポンサーリンク

サムティ(3244)とはどんな会社?

サムティのIRページはかなり充実しているので、サムティという会社がどんな会社かを分かりやすくまとめてくれています。

サムティは、関西地盤の不動産会社。

事業用地の仕入、マンションの企画・開発、賃貸募集、物件管理、販売及び保有をグループ内で完結している総合不動産会社です。

また、サムティ・レジデンシャル投資法人への優先売買交渉権を有しているので、安定した収益不動産の供給が可能。

サムティ ビジネスモデル

サムティ ビジネスモデル

  • 【不動産事業】収益不動産や投資用マンションの企画、販売などのフロービジネス
  • 【不動産賃貸事業】マンションやオフィスビルなどの賃貸管理のストックビジネス
  • 【その他事業】ホテル運営や分譲マンション販売事業など

を手掛けています。

不動産事業

サムティ フロービジネス

サムティ フロービジネス

不動産ファンド向けの賃貸マンションや個人投資家向けの収益マンションの開発などを手掛けている同社の主力事業です。

同社の売上の9割、営業利益の9割を占める主力事業です。

2018.11月期売上高利益
(12か月)金額構成比金額構成比利益率
不動産事業75,14389.00%15,54788.70%20.69%
不動産賃貸事業6,8078.10%1,90710.90%28.02%
その他2,4912.90%830.50%3.33%
19年11月期の連結経常利益は前の期比13.4%増の131億円になり、20年11月期も前期比10.7%増の146億円に伸びを見込み、5期連続で過去最高益を更新する見通し
2019.11月期売上高利益
(12か月)金額構成比金額構成比利益率
不動産事業74,79387.43%17,27287.19%23.09%
不動産賃貸事業6,6667.79%2,46212.43%36.93%
その他4,0924.78%750.38%1.83%

不動産賃貸事業

全国マンション、オフィス、商業施設など、84棟(2018年11月末)、約3,400戸の自社物件を保有

首都圏や政令指定都市など人口規模の大きな都市において、分散して資産を保有しています。

年平均90%の安定稼働と安定した賃料収入があります。

スポンサーリンク

サムティの株主優待

サムティの株主優待は、保有株数に応じて、優待内容が変わります。

所有株式数

優待内容

100株以上
300株未満

3ホテル共通の宿泊割引券

(3,000円)2枚

300株以上
1,500株未満

3ホテル共通の無料宿泊券2枚

1500株以上

・3ホテル共通の無料宿泊券2枚
・天橋立ホテルの宿泊割引券

(5,000円)4枚

3ホテルは、「センターホテル東京」「エスペリアイン日本橋箱崎」「エスペリアイン大阪本町」から選べます。

サムティ 株主優待

サムティ 株主優待

300株以上で無料宿泊券がもらえますね。

1500株以上でもらえる天橋立ホテルの宿泊割引券も魅力的です。

東京と大阪と限定はされますが、ちょっとしたお泊りでも気分転換になるものですので、こうした無料宿泊券は嬉しいです。

【2020年11月の権利確定日】

  • 11月末日が権利確定日の権利付き最終日は11月26日(木)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、11月27日(金)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)
スポンサーリンク

サムティの業績推移

株主優待目的だけで投資するのは、本末転倒だと思っています。

やはり、業績が良く、投資先として良いかをチェックしておく必要があります。

サムティの業績は好調なのですが、不動産事業を展開しているので、景気動向や金利の動向に影響を受けます。

リーマンショックのときには、売上高は半減し、最終赤字(2008年11月期)にもなっています。

売上高推移

3244 サムティ 売上高

3244 サムティ 売上高

リーマンショック直後の急減した売上ですが、そこから急激に売り上げを伸ばしています。

柱の不動産事業は、非常に好調で2014年からでも5年間で4倍にもなっています。

利益についても、同セグメントは同期間で5倍になっています。

営業利益の推移

営業利益の推移についても見ておきます。

3244 サムティ 営業利益

ちょっと長めのデータで見てみると、リーマンショックのときに急減したとはいえ、赤字に転落するほではありませんでした。

むしろ、営業利益率10%以上と高い利益率を保っています。

何より、2014年11月期以降、営業利益率が改善し、稼ぐ力が伸びています。

赤字に転落するリスクが低いように見えます。

何より、利益率が上昇している点が魅力的。

EPS(1株純利益)推移

EPSは重要指標のひとつです。

そのEPSの推移についても確認しておきましょう。

3244サムティ EPS

営業利益だけではなく、株主が最も見るべきEPSについても非常に好調です。

のちほど出てきますが、サムティはこの高い利益率を株主還元にも力強く還元してくれている点でも魅力的です。

営業キャッシュフローマージン

「現金を稼ぐ力」を見る営業キャッシュフローマージンについても、高いです。

不動産会社は、仕入れ用地の関係もあるので、お金を借りて、販売して回収するモデルが多いので、営業キャッシュフローマージンはマイナスの会社も多いです。

3244 サムティ 営業キャッシュフロー

フリーキャッシュフローもプラスで推移しており、このあたりがリーマンショックのときにも倒れず、そのあとも成長できている点なのかもしれません。

3244 サムティ キャッシュフロー

重点戦略・財務戦略

自己資本比率30%を維持したうえで、好調な不動産開発事業に加えて、成長のエンジンとなるホテルやオフィスについても展開しています。

サムティ 新中期経営計画より

サムティ 新中期経営計画より

ホテルについては、これまで外部に販売し、運営も外部でしたが、それを自社で引き受けフィービジネスの拡大につなげていく戦略です。

収益不動産やレジデンス(住居)、ホテル・オフィスとバランスよく投資して更なる収益強化が期待できます。

サムティ 重点戦略 中期経営計画

サムティ 重点戦略 中期経営計画

ここ数年、急激に成長してきていますが、東京オリンピック以降の成長力を保てるかは注視しておきたいですね。

【業績】売上高営業利益純利益1株益(円)1株配(円)
連14.1124,3634,0422,304108.222
連15.1138,4585,9324,41220433記
連16.1152,4098,5864,628196.433
連17.1160,47910,1315,661234.347
連18.1184,27414,0338,489283.968
連19.1185,55215,3959,740247.177⇒79
連20.11予100,00017,50010,100244.282

サムティの配当金推移

高いEPS成長力を、配当金という形でしっかりと還元してくれています。

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題の一つであると認識しております。配当につきましては、業績を反映させるとともに、今後の事業計画、財政状態等を総合的に勘案した上で実施することを基本方針としております。今後の事業展開、業容拡大、財務体質強化等を踏まえ、将来に備えた内部留保の充実を図ることで、実績に裏付けられた利益還元を行ってまいります。

配当性向は30%前後で保ちながら、増配が続いていますね。

配当金投資を目的としているので嬉しいかぎりです。

3244 サムティ

増配率の推移も見ておきます。

毎年のように増配をしているわけではありませんが、利益がでればしっかりと大幅増配という形で株主に還元しています。

3244 サムティ 増配率

サムティの株価・株価指標

最初に着目したのが6月ころですが、そこから株価は大きく上げていますね。

第2四半期の業績が非常に好調だったこともあります。

追記)2019年11月期決算を発表したことにより、株価は大きく下落していますね。

想像以上の下げです。いったん利確し、底値を確認したら買いにいきます。

3244 サムティ 日足 かぶたんより

3244 サムティ 日足 かぶたんより

3244 サムティ かぶたんより

3244 サムティ かぶたんより

株価指標を見てみると、PER7倍と割安な水準です。

株価 (01/14)1,823
時価総額746.6億円
PER(予)7.4
PBR(実)1.05
配当利回り(予)4.50%
ROE(実)16.89%
営業利益率(予)14.2%
自己資本比率

32.5

配当利回りも4%超えており、この10年ほど減配していないことも強みです。

スポンサーリンク

サムティは買いか?

サムティは株主優待が魅力で着目しましたが、事業の成長力も素晴らしいと思います。

不動産市況が今後どうなるかは分かりませんが、後世にまで引き継がれるリーマンショック以後においても、売上・利益を落としたものの高い利益率を保持し、その後の成長に繋げた同社の強みがあるように思います。

着目してから株価が上がってしまいましたが、底堅いです。

更なる株価の上昇も期待して試し買いをしましたが、買い増しに向けて、ウォッチしておこうと考えています。

欲を言えば11月の権利確定日までに200株買い増ししたいところですが、調整が入った時には躊躇せず買っていこうと考えています。

高い成長力、配当力は魅力的に映りますね。

安定配当株と魅力ある優待のある銘柄は、持っておくと家計的にも、家族サービス的にもメリットがあります。

配当成長株として、保有し続けたい。

ではでは。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の定期購入ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

特に、個別株の定期購入は、魅力的ではないでしょうか。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株主優待 国内株(配当) 5月配当 11月優待 11月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント