税金・保険

節税方法

年収850万円以上は2020年から増税。高年収者は節税策をしていこう

年収850万円を超える方は、増税になります。 給与所得控除の上限額に達する年収は平成27年(1,500万円)→平成28年(1,200万円)→平成29年(1,000万円)と年々下げてきていたわけですが、850万円まで下げることになりました。
2018.07.14
保険

少額保険(モバイル保険、痴漢冤罪、チケット)など広がっているけどホントに必要?

auからマイネオに移行して、Appleケアもなくなり、スマホの保障が必要なのか?というのを考えてみました。 モバイル保険というものがあるようです。 こうした少額短期保険(ミニ保険)は広がっているようですね。テレビでも取り上げられていた記
2017.12.02
保険

保険は入るほどに損をする?!保険貧乏で家計を傷めないようにしよう

社会人になると保険の加入について、考える機会があると思います。社会人なりたては保険は不要ですが、子どもが生まれると保険加入は検討する人がグッと増えますね。 世帯の保険加入率がいくらかご存知ですか。なんと9割という驚異の加入率です(出典:生
2018.08.08
節税方法

年収850万円超の会社員は増税対策必須。税制優遇のiDeCoやNISAのフル活用を

給与所得控除の引き下げが検討されています。 高所得の会社員は増税になりそうです。 【2018年度税制改正で財務省が与党に提案する内容】→法改正されました(H30.3月) 2020年1月~ ◎給与所得控除 最大220万円 ⇒ 最大19
2018.10.12
教育費積み立て

学資保険に加入しないほうがいい3つの理由。解約返戻金は必ず知っておこう。

学資保険はリスキーだなってつぶやいたら、「そうだね」って意見もいただいた。 我が家は第1子が生まれるときに、ソニー生命の学資保険に加入しました。 第2子が生まれましたが、学資保険には加入しないと決めています。 子どもが生まれると、教育
2018.12.31
確定申告

個人型DC「iDeCo」で年末調整・確定申告で節税額を確認する方法

年末調整の時期ですね。 個人型確定拠出年金の加入者が公務員や専業主婦にも拡大され、政府や金融機関もガンガンPRしているので、加入された方も多いのではないでしょうか。 我が家も夫婦揃って、個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)に加入しまし
2019.01.27
節税方法

副業の税金。ブログ収入がある場合の経費は領収書の保管方法など。

専業や副業にかかわらず、ブロガーの方はどのくらい経費計上されているんでしょうね。経費にするものない・・・ってのが悩みです。 副収入の場合、年間20万円を超えた場合は、確定申告が必要ですね。 経費がないからといって、経費のための支出ってど
2018.12.24
節税方法

配偶者控除が2018年から変更。子育て世帯の経済的支援が増えればいいと切に願う。

世帯主の税金を減らすことができる「配偶者控除」が2018年より変わります。 これまで、「103万円の壁」と呼ばれるものがありましたが、これは妻(夫)の年収(給与収入)が103万円以下の場合に適用され、夫(妻)の所得が38万円を控除できる制
保険

がんになると5人に1人が収入ゼロという現実。自分で備えることが大事

インターネット専業保険のライフネット生命が、がん経験者へのアンケート調査を公開しています。 公式 ライフネット生命保険 がん経験者572名へのアンケート調査を公開 我が家も、夫婦ともに親族にがん罹患経験者がいます。また、今年は小林麻央さ
2019.04.08
節税方法

住宅ローン控除があってもiDeCo(イデコ)で節税メリットがあるの?年収600万円でシミュ―レーションしてみた

老後資金の積み立てに最適な手段でもあるのが、2017年から誰でも加入できるようになった、個人型DCですね。 愛称はiDeCo(イデコ)。 この制度のポイントは、60歳まで引き出すことができないというデメリットがある一方、毎月の掛け金は所
2018.08.16