【ふるさと納税もラストスパート】食費や日用品をもらって節約につなげよう!

ふるさと納税 ラストスパート (1)ふるさと納税 家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふるさと納税は、年内にしておくことで、来年の所得税や住民税を減らすことができますね。

今年のふるさと納税は12月31日23:59までですよ。

クレジットカードで寄付することで、ギリギリまでいけます。ただし、かなり駆け込みがありますので、余裕をもってしておきましょう。

おすすめは、寄付額の最大8%のAmazonギフトがもらえることもあって、ふるなびでふるさと納税をするといいですね(※)。

※クラウドファンディングでない場合は寄付額の7%。

また、CMでもよく見るさとふる も返礼品が充実しているので、使いやすいのでおすすめです。

ふるさと納税を活用して、来年の節税に繋げましょう!

スポンサーリンク

ふるさと納税でお得に返礼品をもらっておこう

まずは、ふるさと納税初めての方向けに、簡単に仕組みをお伝えします。

誰でも、ふるさと納税はとても簡単にできます。

  1. 自分の限度額を確認する(⇒控除額のシミュレーション
  2. 好きな返礼品を限度額の範囲で選ぶ(⇒ふるなび
  3. 確定申告をする(※)

たったこれだけです。

確定申告をすると、所得税が戻ってきて、住民税が減額されます。

確定申告をせずに、ワンストップ特例制度を利用する場合、住民税の減税のみです。控除される総額は変わりませんので、どちらが得とかありません。
ただし、ワンストップ特例制度を利用したあとに、確定申告をする場合、ふるさと納税も合わせて確定申告が必要です。ワンストップ特例が無効になるため
つまり、確定申告をする場合は、とりあえず全部しておくと覚えておくといいですね。

ふるさと納税で一番大事なの「限度額の計算」

ふるさと納税をする際に最も大事なこと。

それは、限度額の計算です。

あなたの収入に応じて、税控除される限度額が決まっているので、まずは限度額を確認しておきましょう。

限度額以上の寄付をしてしまうと、税控除は限度額までしかされませんので、

自己負担が2000円を超えてしまい、

自己負担が増えるだけ。

私も一度やらかしましたが、2000円を超える負担が発生したことも・・。

総務省が限度額の目安を年収ごとにまとめてくれています。

ふるさと納税上限額

出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

総務省 ふるさと納税の限度額の目安を見てみる

年収600万円であれば、夫婦共働きの方であれば、77,000円が限度額というわけです。

ほかの控除などがあると、総務省の目安の限度額より下がる場合があります。

限度額の注意点

例えば、iDeCoを利用している場合は、限度額が下がります。

副業収入で雑所得や事業所得があったり、株式や不動産で利益がある場合は、逆に限度額が上がります。

給料収入以外の収入でも、限度額に影響してきますので、チェックしておくといいですね。

限度額の確認は、各ふるさと納税サイトでも提供されていますし、こちらのサイトでも確認できます。おすすめです。

もし、正確に把握するのが面倒くさい・・・という方は、2000円以上の自己負担が出る可能性を知ったうえで、総務省の限度額の10,000円~20,000円程度余らせてふるさと納税をすると、自己負担が出る可能性は小さくできます。

私は、毎年、10,000円程度では限度額から余らせるようにしています

ふるさと納税の上手な使い方

ふるさと納税は、「限度額-2000円=税控除」であるため、実質ほぼ負担なしで、返礼品がもらえます。

このため、おすすめは生活コストを下げる返礼品ですね。

食料品、日用品などを手に入れると、必ず使うので生活コストを下げることに繋がりますね。

食料品、特に冷凍食品などは一度に頼むと一度に来て、冷凍庫入らない!となりがちなので、定期便などを利用するのがおすすめです。

食料品の返礼品を探してみましょう。

日用品では、トイレットペーパーは毎年頼んでいます。
 

やっぱり焼肉!

テレビで放映されていましたが、宇美町の焼肉の返礼品は味付けがしっかりしていて、非常においしいと評判のようです!

寄付額も1万円前後から手に入るので、手に入れやすいですね。

さとふる 宇美町 焼肉

雑貨の返礼品の質が抜群

ふるなび 燕市

国内有数の製造業のまちである燕市で作られている返礼品。

私もいくつかもらったんですが、かなり質が良くて、長持ちして、そして、使いやすい!

家で料理をする機会が増えると良いものを使いたくなりますね。

ぜひ手に取って見てください。

このほか、久留米市のマイクロバブルシャワー「ピュアブルⅡ」も人気みたいですね。

スポンサーリンク

ふるなびでもらえる高額返礼品

食料品や日用品もいいですが、年収が高い方は、寄付額10万円以上することができますね。

その場合は、高額返礼品を手に入れることだってできます。

寄付額40万円!電動自転車が手に入る

寄付額40万円と高額ではありますが、電動自転車の返礼品が登場していますね。

一度、手にすると電動自転車は便利で離せないですね。

ただ、高額商品なので、返礼品でもらえるとかなりお得ですね。寄付できる収入のある方はうらやましいですね!

ふるなび 電動自転車

VAIOのパソコンが手に入る

人気の高いVAIOのパソコンが返礼品で登場していますね。

寄付額は50万円以上と非常に高額ですが、Amazonギフトが寄付額の7%分もらえますので、自己負担2000円を大きく超えるAmazonギフトがもらえます。

このため、タダでVAIOのパソコンがもらえる状態ですね。

ふるなび VAIO パソコン

VAIO以外にもパソコンの返礼品はありますので、リーズナブルな寄付額の返礼品もありますね。

テレビが手に入る

テレビの返礼品は減りましたが、大阪府大東市の返礼品で登場しています。

寄付額11万円~18万円で登場!

ふるなび テレビ

エアウィーヴのマットレス

質の良い睡眠を得るために、良いマットレスを使うと眠り心地も違いますね。

10万円台の寄付額からエアウィーヴのマットレスが登場しています。

私は枕を返礼品でもらいましたが、眠り心地が良いので、2つもらって夫婦で使っています。

ふるなび エアウィーヴ

カリモクの家具

カリモクの家具はモノがよくて、おしゃれなので好きなんですが、ふるさと納税の返礼品で登場しています!

返礼品で手に入れる方はうらやましいですね!

 

ふるなび カリモク

スポンサーリンク

ふるさと納税を使ってお得に返礼品をもらっておきましょう

今年のふるさと納税は、12月31日23:59までとなっています。

  • クレジットカードで寄付なら、12月31日23:59まで
  • ただし、駆け込みがあるので、余裕をもってしておきましょう!
  • 限度額の確認が一番大事(いくらまで寄付できるか→確認はこちら
  • iDeCoをしている場合は限度額が下がり、ほかで利益があれば限度額は上がる場合あります
  • 確定申告をせず、ワンストップ特例を利用する場合、所得税の還付はなく、住民税の減額のみ(確定申告と減税額は同じ)
  • ワンストップ特例を利用した場合でも、確定申告をする場合は、ふるさと納税も含めて確定申告が必要(ワンストップ特例は無効となる)

まずは、あなたの限度額を確認して、その範囲内でふるさと納税をしてみましょう。

ふるなびであれば、寄付額に応じてAmazonギフトがもらえるので、非常にお得ですね。

  • 寄付額×7%のAmazonギフト券
  • 寄付額×8%のAmazonギフト券(クラウドファンディング)

10万円寄付できる方がふるさと納税をすれば、7,000円分のAmazonギフト券がもらえるので、税控除を考えると自己負担2000円をカバーし、5,000円もらって返礼品がもらえる状態ですね。

クレジットカード決済が必須なので、クレジットカードで寄付をしましょう。クレカの還元率も加えるとさらに還元率が高まりますね。

面倒くさい、手間だ・・・なんて思わず、お得ですのでまずはすぐにしてみましょう。

驚くほど簡単なことが分かります。

まずは行動ですね。節税、節約しておきましょう!

\3分で完了!無料登録/

ふるなびに今すぐ無料登録

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふるさと納税 家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント