【ふるさと納税】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

ふるさと納税 家電

ふるさと納税 家電

ふるさと納税でもらえる家電や電化製品のおすすめ11選【2019年版】

ふるさと納税の返礼品のなかでも、人気が高いのが"家電"、”電化製品”です。 例えば、パソコン、カメラ、テレビのほか、ダイソン製品などがあるんです。以前よりは、かなりボリュームは少なくなりましたが、今でも返礼品として扱ってくれています。
2019.04.30
ふるさと納税 家電

【2019年最新版】ふるさと納税で家電や電化製品総まとめ。もらえるラストチャンス!?

年々、ふるさと納税の人気は高まっていますね。 我が家も毎年、寄付先を増やしているような感じです。 ふるさと納税の返礼品のなかでも、家電や電化製品を返礼品にしている自治体が、全体から見ると数は少ないんですがあるんです。 我が家も昨年、ふ
2019.04.30
ふるさと納税 家電

【3万円以下】ハンディアイロンなどの家電が手に入るふるさと納税返礼品

ふるさと納税は、実質的な自己負担は年間わずか2000円で、いろんな返礼品がもらえる自治体への寄付制度です。 所得環境によって、実質2000円の負担で済む上限額は各々変わりますが、所得があれば誰でもできるので、利用することのメリットは大きい制
2019.04.28
スポンサーリンク
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でもらえるテレビ&ブルーレイレコーダーまとめ【年収700万円以上】

ふるさと納税の魅力は、何と言っても『返礼品』です。 返礼品に要する金額は、総務省が寄付額の3割程度までというお達しを各自治体に出していますので、概ね寄付額の3割程度が返礼品がもらえます。※ 一部の自治体では、5割程度と還元率が高い自治体
2019.03.11
ふるさと納税 家電

2,000円でiPad Proを手に入れるのはいつまで?ふるさと納税最後のチャンスを活かそう

ふるさと納税は、6月から法改正で変わる部分があります。 2月8日の閣議決定でされました。 ほとんどの自治体は今まで通りですが、一部、「返礼割合が3割を超える」、あるいは、「地場産品以外」の返礼品を用意している自治体はなくなるはずです。
2019.03.07
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でもらえる「ランニングウォッチ」まとめ【年収500万円以上でお得】

ふるさと納税では、いろんな返礼品がもらえますが、探すのは結構面倒くさいです(自分だけかもしれませんが)。 今日は、ランニングウォッチを取り扱う返礼品をご紹介します。 普段、ランニングされていない方は興味のないかもしれませんが、ランニング
2019.03.02
ふるさと納税 家電

年収800万円超だけの特典!ふるさと納税で「iPad・iPad mini4・iPad Pro」が手に入る

ふるさと納税の返礼品のなかで、総務省の各自治体への通知で「返礼品は寄付額の30%まで」というのが出されたこともあって、家電製品は縮小しています。 以前、人気だった返礼品のiPadは、軒並みなく中止になっていましたが、でiPadの返礼品が取
2019.02.11
ふるさと納税 家電

年収500万円以上でお得!寄付額5万円以下でもらえる家電おすすめ5選(ふるさと納税)

2018年のふるさと納税の寄付は12月31日までとなっています。 多くの自治体がクレカ決済であれば23時59分までOK。 以前、試しに23時台に決済してみましたが、きちんと税控除されました。 ギリギリまで悩んでも大丈夫ですね。 年収
2019.01.07
スポンサーリンク