【反則級!最大12%還元】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

年金収入が月10万円では老後不安!増配銘柄への投資で副収入源作り

老後不安資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は株式投資を中心に資産運用をしています。

なかでも、毎年のように入ってくる配当金収入が増えてきたことで、人生のお金の不安は和らいできたように思います。

厚生年金受給者は毎月15万円、国民年金では月6万円程度というのが現実です。

もっと少ない方もいます。

一方で、老後のひと月当たりの生活費の予想は月30万円程度となっていますので、かなりの乖離があります。

配当収入が徐々に増えていくにあたって、こうしたお金の不安を小さくしていくことができます。

スポンサーリンク

配当金収入を増やす大きなメリット

配当金は安定した収入源のような印象もありますが、企業の利益から出ているものなので、当然ながら増減があります。

日本取引所がまとめている国内企業の配当金総額の推移を見てください。

2020年度はコロナショックもあって、配当総額は減ってはいるものの、配当総額は徐々に増えていますね。

統計 JPX 配当金総額

統計 JPX 配当金総額

私たちの年金財源の一部を運用するGPIFの運用でも約4割は配当金や利子などのインカム収入となっています。

GPIF 21年1Q業務概況書

GPIF 21年1Q業務概況書

私がインカム収入である配当金を受け取るようになってから感じるのは、

  • 株価の変動に一喜一憂することがない
  • 来年以降もある程度インカム収入源として期待ができる
  • 増配銘柄であれば勝手に配当が増えていく

もちろん、投資先の株価を気にしないことはないのですが、良いタイミングで買えた場合は後は放置で配当収入を楽しんでいるのが現状です。

10から20銘柄の分散投資を前提とした場合、配当金収入が急にゼロになるということは考えにくいことです。

分散投資をしながら、配当金を増やしていくことができれば、人生の安定度を高め、選択肢を増やしてくれますね。

先ほど上場企業の配当総額の推移がありましたが、投資をしていなければ、こうした配当収入の増加という恩恵を受け取ることができなかったのです。

配当金投資をする際のポイント

配当金を多く得るためには、いわゆる高配当株に投資をすることも選択肢です。

東証一部上場企業の配当利回り1.8%程度ですので、3%を超えているような銘柄は高配当と言ってもいいですね。

国が株式売り出しをした日本郵政(6178)で見ると、配当利回りは5.69%と高くなっています。

100万円投資をすれば、56,900円の配当収入が得られる計算ですね。

銀行への利息だと2,000円程度もないくらいなので、配当収入の大きさが分かります。

高配当銘柄を一部取り上げます。

シクリカル銘柄(郵船、製鉄)もありますが、実力のある高配当銘柄群ですね。

  • 日本郵船(9101) 8.66%
  • 日本製鉄(5401) 6.05%
  • 日本たばこ産業(2914) 5.74%
  • ソフトバンク(9434) 5.6%
  • 三井住友FG(8316) 5.21%
  • オリックス(8591) 3.47%
  • KDDI(9433) 3.39%
  • NTT(9432) 3.36%

※21.10.27現在

高配当株はもちろん魅力的な部分もありますが、

  • 利益のほとんどを配当に出している
  • 事業の成長力が乏しいから株価が冴えない

などもあります。

このため、

  • 配当性向が高すぎないこと
  • 業績が伸びていること

などは抑えておきたいですね。

増配力の高い銘柄への投資は必須

こうした高配当株も魅力的な部分もあるのですが、

  • 配当を増やしていく増配銘柄

もかなり魅力的です。

なぜなら、保有しているだけで、配当金が増えていくため、取得ベースでの配当利回りがアップしていくからです。

毎年でなくても、増配を続いている銘柄は、業績が良い証拠でもあるので、私は増配銘柄への投資を基本としています。

配当金を増やすという形で分かりやすく好調さを知ることもできるため、自然と業績の良い銘柄への投資になっていきます。

ちなみに、国内企業の増配銘柄のトップ15は次のようになっています。

誰もが知っている花王が30年以上も増配を続けているわけですが、持ち続けることで配当はかなり増えますね。

コード銘柄増配年
4452花王32
8566リコーリース27
7466SPK24
8593三菱HCキャピタル23
4732ユー・エス・エス22
9058トランコム21
9436沖縄セルラー電話21
5947リンナイ20
8113ユニ・チャーム20
8439東京センチュリー20
9433KDDI20
8424芙蓉総合リース20
8425みずほリース20
6370栗田工業18
7532パン・パシフィック・インターナショナル18

この10年でも配当金は2倍に増えており、株主としてはメリットも大きいですね。

4452 花王 配当金推移

業務スーパーで有名な神戸物産ですが、こちらも配当金をどんどん増やしている銘柄。

例えば、約10年前である2013年10月期から保有している場合、

配当利回りは28%にまで上がっています。

3038 神戸物産 配当金  増配

こんな高配当はいまどこにもありませんが、増配株への長期投資で実現できることもあるわけですね。

すばらしい!

スポンサーリンク

キャッシュインのある資産を持とう

私たちの年金は今より少なくなる可能性もあります。

厚生年金で約15万円程度、国民年金で約6万円程度、もちろん年収などによっても変わってきますが、年金だけで十分な生活ができるわけではありません。

年金は生涯貰えるため、年金+αを作るのが最適解ですね。

私が取っている方法は、

  • 配当金を増やして安定した不労所得を作る
  • 投資先は増配株を基本として、配当を増やしていく
  • 配当金は再投資して株数を増やし、さらに配当を増やす

とてもシンプルですが、コツコツと投資をしやすく、再現性もあると思います。

現役時代にちょっと旅行に使うなども全然ありで、必ずしも再投資する必要があるわけではないです。

資産形成には時間がかかります。

40代くらいからは準備しておく必要があると考えており、その一つが収入源となる配当金収入です。

まずは少額でもコツコツ続けていくことが大事ですね。

PayPay証券では、日米の主要銘柄が単元未満株である1株から購入できる優れもの。

1,000円から少額で投資が可能!

つまり、低予算で投資をすることができるので、さっさと始めるのが大事ですね。

これまで単元未満株では、手数料が割高でしたが、気にせず買えるようになります。

1月31日まで抽選で100名に5万円相当が当たるキャンペーン(条件あり)とチャンスですね!キャンペーンコードはcpn2112です。

【PayPay証券のメリット】

  • 1株から購入できる
  • 1,000円から購入できる(1,000円以上1,000円単位)
  • 米国株も購入できる(しかも、24時間取引可能!)
  • 取引できる銘柄は、日米ともに限定されているが、主要銘柄を網羅。
  • 1株からIPO(新規上場)に申し込みができる
  • 手数料:日本株が0.5~1.0%、米国株が0.5%~0.7%
  • 利用者の約7割が未経験者。
  • 累計170万ダウンロ―ド!

公式 PayPay証券の口座を今すぐ開設してみる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

デメリットは、日米ともに購入できる銘柄が限定されていることですね。

デメリットもありますが、投資資金が少なくても、1,000円から購入できるので、ソフトバンクグループやトヨタ自動車など日本の大企業はもちろん、AppleやAmazonなどの米国株も購入できる魅力があります。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用確定拠出年金(iDeCo)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

スポンサーリンク
PayPay証券の年末キャンペーンが大きいですね。

口座開設で最大5万円相当がもらえるキャンペーンをPayPay証券でしていますね。

2022年1月31日までの申し込みが対象ですよ。

キャンペーンコード cpn2112

口座開設→PayPay証券

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント