世界遺産・高野山、九度山・真田ミュージアムへの行き方。楽しみ方。

天空 特急こうや

前々から一度行ってみたかった和歌山県にある世界遺産・高野山。

大河ドラマは見ていないんですが、真田丸こと真田幸村が過ごしたことでも有名ですね。関ヶ原の戦いで敗れた真田家は、徳川家康から死罪を言われるわけですが、真田幸村の兄が徳川側にいたため、兄の懇願により、高野山への謹慎で済んだようです。

1600年の関ヶ原の戦いでは、父・昌幸と幸村は西軍に、兄・信幸は東軍につくことになります。昌幸と幸村は上田城で東軍の徳川秀忠軍を食い止め、決戦場(関ヶ原)に遅参させるなど奮闘したものの、肝心の関ヶ原では、西軍が敗れてしまいます。徳川家康は昌幸と幸村を死罪にするつもりでしたが、兄・信幸と義父・本多忠勝の懇願もあり、特例として2人に高野山での謹慎を命じました。

引用  真田・九度山ガイド

こうやって歴史を知って、現地に訪れるとおもしろいものですね。歴史は苦手科目でしたが、戦国時代、江戸時代はおもしろいですよね。

それでは、大阪難波から高野山へのアクセスなどをまとめてみます。

スポンサーリンク

南海難波駅⇒高野山駅は、南海こうやがおすすめ

南海難波駅

久しぶりに、たぶん2年ぶりくらいに来ました。南海難波駅。新大阪から地下鉄・御堂筋線で15分で来ることができます。

南海こうや アクセス

公式 アクセスガイド

南海こうやを利用するちょっとしたポイント

南海こうや

これが南海こうやの外観です。ここで、ちょっとしたポイントがあります。

南海難波駅から、特急こうやを利用すると約90分で高野山に着くことができます。ちなみに、座席指定なので、指定する場合は、行き(難波→高野山)は右側座席の窓際のほうが、途中景色がいいのでおすすめです。

帰り(高野山→難波)は、左側座席の座るほうが景色を楽しめますよ。わたしはいずれも逆だったので、崖しか見れず・・・。

外国人旅行客もめちゃくちゃ多いので、当日ではなく、事前に予約しておいたほうが無難です。ちなみに、急行電車でも行けるみたいですが、110分かかるのでちょっとしんどそうです。

これが噂の南海ラピートか!

子どもの絵本でよく出てきたので、実物は初めて見ました。

南海ラピート

たまたま泊まっていたので、パシャリ!これは、関西国際空港に行ける電車のようですね。

ちょっと脱線しました。

極楽橋駅に着きました

極楽橋-min

終点は、極楽橋駅というところ。名前がすごいですね。

ここから高野山には、ケーブルカーを乗ります。駅に降りると、「まもなくケーブルカー出発です!!」と駅員さんが大声でアナウンスしていました。

乗り継ぎは抜群ですが、ちょっと焦りました。

高野山 モノレール-min

ケーブルカーは10分ほど、最後は傾斜30度にもなるので、かなり傾きます。

途中で、降りてくる電車とすれ違うときがありますよ。写真は帰りに撮ったもの。

高野山駅 ケーブル2-min

高野山駅に着くと、バスでの移動です。途中までは、徒歩禁止のようですね。バス専用通路にしています。

1日フリー乗車券があるので、買っておくと乗り放題なので便利です。私はあえて買わずに、色々と散策しましたが途中で買えばよかったかなと、小さな後悔をしました。

高野山

昔ながらの看板ですね。

高野山駅-min

奥の院には行っておこう

高野山のシンボル、朱色の根本大塔がそびえたつ壇上伽藍(だんじょうがらん)など、多くの寺社仏閣があって、その寺社建築は見ごたえがありました。

そのあとは、奥の院に!

奥之院-min

おーーこれがパワースポットってやつですね。夏場は、蚊が多いので虫よけ必須です。絶対、持っていきましょう。

奥之院2-min

この参道を歩いて、奥までいけるんですが、いろんな方の史跡があります。見つけたのは、武田信玄。高野山に関係してたんですね。

奥之院3武田信玄-min

関西私鉄王の看板もありました。

奥の院 関西私鉄王

関西私鉄王って誰なの?って思ったら、乗ってきた南海電車(阪堺電車?)の創業者のようです。この山奥に電車を敷いたってだけですごいっす。

真田幸村が過ごした蓮華定院

蓮華定院-min

蓮華定院とは、高野山宿坊の蓮華定院(れんげじょういん)は、関ヶ原の合戦で敗れた真田昌幸・幸村父子が身を寄せた場所。

引用 http://www.bus-sagasu.com/blog/5854/

ちなみにここは宿坊(宿泊)することができます。トイレや浴室は共同です。外国人客も多いためか、お坊さんは英語も堪能です。

KNT 近畿日本ツーリストの公式宿泊サイト、こちらは蓮華定院の宿泊プラン一覧 / 施設詳細ページです。蓮華定院の多彩なプランをご紹介しています。気になる宿泊プランからピッタリのプランを選んでご予約いただけます。

蓮華定院

建物もなんだかオーラがありますね。明治期に高野山は二度の大火に遭ったみたいですが、ここは二度とも無事だったようですね。そのため、昔からの建築物を堪能することができます。

蓮華定院

本堂に向かう前に、お庭が目に入って来ます。

真ん中に見える模様は先ほど山門から見えたものと同じですね。こうしたのは、どのお寺も住職が書いているって聞いたことがあります。書くのも熟練の技が必要なのだそう。

蓮華定院3-min4-min

真田幸村が過ごした部屋も見せてもらいました。ここが真田親子が過ごした場所か・・・と、なんとなく感慨にふける。それにしても、もっと写真撮ればよかった。

真田幸村 蓮華定院3-min4-min

九度山・真田ミュージアムへ!

真田親子は、高野山があまりにも寒かったためか、九度山に降りて過ごしたようです。このころ、真田親子は困窮しており、兄に対してお金や食料、お酒を送ってくれるよう手紙を出してたいみたいですね。

高野山駅からは九度山駅までは、また行きと同じようにケーブルカーで極楽橋駅まで行って、九度山駅に行きます。各停電車でも30分ほどだったので、のんびり行きましょう。

九度山駅

九度山駅を降りると、大河ドラマ「真田丸」を記念してオープンした真田ミュージアムへの案内看板が目に入りました。

公式 真田ミュージアム

九度山 ミュージアム

駅からは歩いて15分ほど。住宅地を通っていきますが、きめ細かく案内してくれるので、迷うことがありません。

真田ミュージアム 九度山

真田ミュージアムは、所要時間20分くらいで館内を回ることができます。NHK大河ドラマ真田丸の出演者のサイン一覧の部屋がありますが、見ごたえがありました。

真田ミュージアム

また、真田ミュージアム自体も映像を駆使した解説があって、とってもわかりやすかったです。無料で写真を撮ってくれて、はがきサイズの写真はこれまた無料でプレゼントしてくれます。

ミュージアム内の解説で、徳川家康は大坂夏の陣の際に、大阪府堺市で倒れたというのがありました。これは意外な事実でしたね。

大阪府堺市にある南宗寺(なんしゅうじ)というお寺にお墓があるそうです。

今は、南海真田赤備え列車も走っています。写真の画像は悪いですが、深紅でかっこいい電車でしたよ。

南海 真田赤備え電車

真田ミュージアムは、南海電車 九度山駅から徒歩15分かかるかどうかってところです。

まとめ

天空 特急こうや

写真左側は、南海電車・天空という橋本駅から極楽橋駅まで運行している電車。かっこいいですね。乗ってみたかった。

世界遺産・高野山は、初めて行きましたが、歴史を感じる山でした。普段、見ることのできない壮大な寺社建築物や、奥の院の神秘性を肌で味わえたのは、とても良かったです。

そして、欧米の旅行客がめちゃくちゃ多かったです。宿坊先でも見かけましたが、日本の体験をできるのが人気なんでしょうね。

NHK大河・真田丸。歴史をもっと勉強して行けばよかったな、と後の祭りですが、歴史を知って行くとより楽しめる場所だと思いました。

ではでは、今日はこの辺で。

高野山まとめ!

高野山へのアクセス

  • 片道90分程度
  • なんば駅から往路特急券付(3,440円、小人1,710円/割引後の価格)

●高野山切符問い合わせ先

 06-6643-1005(年中無休、8:30~18:30)

高野山世界遺産切符 お得!!

特急こうやは、行き(難波→高野山)は右側座席の窓際

帰り(高野山→難波)は左側座席の窓際に乗るのが、景色を堪能できます

高野山で食べるランチ

宿坊先おすすめサイト

 ➡ じゃらんネット

真田ミュージアム公式サイト

  • 大人500円、小中学生250円
  • 9:00~17:00(最終入場16:30)
    電話番号:0736-54-2727

史跡巡りも、おもしろいものですね。