【10月株主優待】業務スーパーで絶好調!神戸物産の分析まとめ

神戸物産 (1)10月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10月権利日の株主優待銘柄は少ないですね。

株主優待は、投資をする際の楽しみのひとつでもありますが、今年はコロナ禍の影響により、株主優待を廃止している企業が増えています。

クオカードなどの金券類の株主優待は廃止されやすいですね。

一方、自社製品、自社店舗の割引券などは、金券類などと比較してコスト負担も小さいことからか、株主優待が廃止されるリスクは小さいです。

  • 10月権利優待銘柄
  • 株主優待は自社製品割引(廃止リスク低い)
  • 業績好調

10月の権利優待銘柄のなかで、今気になる銘柄である神戸物産(3038)を取り上げます。

スポンサーリンク

業務スーパーが絶好調の神戸物産(3038)

業務スーパーのフランチャイズチェーンを展開している神戸物産。

神戸物産と聞くと、知らない方も多いかもしれませんが、「業務スーパー」と聞くと知っている人も多いのではないでしょうか。

2020年7月末現在、全国に866店舗の業務スーパーを展開しています。

3038 神戸物産 業務スーパー 店舗数 20年10月期3Q決算説明資料より

3038 神戸物産 業務スーパー 店舗数 20年10月期3Q決算説明資料より

この業務スーパーのフランチャイズを展開している上場企業は、G-7ホールディングス(最大)やマキヤなどがありますね。

業務スーパーは、私は近くにないのであまり利用したことはないのですが、コロナ禍の影響は全くなく、むしろ好調に業績は推移していますね。

緊急事態宣言のときには、業務スーパーには多くの人が来ていたわけですが、緊急事態宣言解除された後も、落ち着きはあるものの好調に推移。

月次は全国全店65ヵ月連続で前年同月比100%超えを達成しています。

3038 神戸物産 業務スーパー 20年10月期3Q決算説明資料より

3038 神戸物産 業務スーパー 20年10月期3Q決算説明資料より

  • 業務スーパーのフランチャイズを展開する大企業
  • 全国800店舗以上で目標は1000店舗
  • コロナ禍でも業績好調

業務スーパーがここまですごいとは、正直想像できていませんでした。

神戸物産の業績推移

神戸物産の業績は極めて好調です。

年々、業績は上がっています。株価は10年で約38倍とすさまじい伸びを見せていますね。

3038 神戸物産 業績推移

営業利益率も6.5%と徐々に収益力も高まっています。

神戸物産は、業績の約9割は業務スーパーのフランチャイズによるものですが、飲食店の経営や太陽光発電事業なども手掛けています。

3038 神戸物産 太陽光 20年10月期3Q決算説明資料より

3038 神戸物産 太陽光 20年10月期3Q決算説明資料より

エコ再生エネルギー事業は、売上は1%、利益は2%程度と大したことはないですが、利益率は15%と非常に高いですね。

今後も増えていけば、第二の収入源となるのかもしれません。

スポンサーリンク

神戸物産の株主還元

神戸物産は、株主還元も積極的で毎年のように配当金を増やしています。

配当性向はわずか20%程度という低さですので、十分な増配力を有していますね。

減配リスクは低い銘柄と言っていいでしょう。

3038 神戸物産 配当金推移

配当金を増やす増配率も20%前後で推移しており、非常に高いので保有するだけで配当金収入が増えていく銘柄ですね。

株主優待

株主優待は、業務スーパーで使うことができる商品券がもらえます。

100株保有であれば1000円分もらえますが、3年以上保有すると3,000円と優待利回りがアップします。

3038 神戸物産 株主優待

3038 神戸物産 株主優待

普段、業務スーパーを利用している方にとっては、神戸物産の銘柄を保有するメリットは大きいですね。

【2021年10月の権利確定日】

  • 10月末日が権利確定日の権利付き最終日は10月27日(水)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、10月28日(木)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)
スポンサーリンク

神戸物産の財務面

神戸物産の財務面もチェックしておきましょう。

自己資本比率は30%未満と低い水準ですが、改善傾向にありますね。

フランチャイズビジネスであり、定期的な収入源があるので、それほど心配しなくていい会社です。

自己資本比率は30%程度

3038 神戸物産 自己資本比率

財務の健全性を見る指標の一つであるネットDEレシオは0.28倍と1倍を大きく下回っており、健全と言えますね。

3038 神戸物産 財務

負債資本倍率(Debt Equity Ratio)。企業財務の健全性を見る指標のひとつ。企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す指標。数値が低いほど財務内容が安定していることを意味します。
D/Eレシオ=有利子負債÷自己資本(株主資本)
ネットD/Eレシオ=(有利子負債-現預金)/自己資本

キャッシュフローは潤沢

また、キャッシュフローは、現金を稼ぐ力である営業キャッシュフローがしっかりと伸びていますね。

フリーキャッシュフローもプラス推移となっており、理想的ですね。

3038 神戸物産 キャッシュフロー

スポンサーリンク

株価の推移

株価は、8月下旬以降に大きく売り込まれています。

コロナ禍のなかでは、月次も良かったですが、やや落ち着いてきたこともあって売られています。

個人的には25日線をしたから突き上げてきた感のあるチャートは好みです。

3038 神戸物産 株探より

3038 神戸物産 株探より

指標面ですが、PER46倍と決して割安ではありません。

時価総額は約8000億円と、いったん見えた1兆円が遠のいていますが、いずれ超えてくるでしょう。

業績良く、成長性、と申し分ない銘柄ですね。

スポンサーリンク

神戸物産は10月優待銘柄+成長株

業務スーパーがなくなることは想定しづらく、むしろ、コロナ禍の影響による収入減を考えると、業務スーパーの利用は今後も増えていくのではないでしょうか。

お客さんはいつも多いですし、支出を抑えられるのは魅力のお店ですね。

  • 10月株主優待銘柄(業務スーパーの商品券)
  • 期末一括配当、9期連続増配と増配が続いている
  • 業務スーパーのフランチャイズを展開
  • PB商品3割以上に増え、営業利益率も向上
  • 財務は自己資本比率は30%、ネットDEレシオ1倍以下と健全
  • 株価はやや落ちているものの成長力に陰りなし

数少ない10月優待銘柄のなかで、生活コストを下げる優待内容と業績の良さは魅力的ですね。

株式分割により投資しやすくなっていますが、まだ単価は高いですね。

以上、業務スーパーのフランチャイズ展開で好調な神戸物産でした。

ではでは。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
10月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント