育児・子育て本の厳選9冊!パパもママも一度は読んでおきたい本です

photo credit: kevin dooley via photopin cc

ジンです。

今年はじめて子どもが生まれたジン家では、育児に関する本を結構読みました。7か月育児に関わってきて思うことは、本よりも実践!って思っています。

それでも、本を読むことは大事だとわたしは思います。

人によっては育児本なんて読むだけ無駄だという人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

本を読むことで初めて知ることもありますよ。また、知っているからこそ行動できることもあります。何となく頭に入れておくってだけでずいぶんと違うこともあります。これは育児本に限らず、ですが。

わたしの子供はまだ7カ月。ようやくハイハイをしたところ。そんなルーキー親ですので親の経験はまだまだです。

なので、親になる前に読んでおくといいなって思う本をまとめてみました。

もうすぐうちの子が生まれるんだよなーっていうパパさんママさんに読んでもらいたいなぁーという本です。(あっ、おめでとうございます)

photo credit: kevin dooley via photopin cc

スポンサーリンク

育児本でお勧めする厳選9冊

子どもが生まれる前によく読んでいた本です。ほかにもありますが、なかでもご紹介するこの9冊がオススメです。

①子育てハッピーアドバイス(妊娠・出産・赤ちゃん)の巻

4コマ漫画と文章で書かれている本でサクサク読めます。どんな行動が親としてダメなのか、また、どういう行動が親としていいのか、妊娠中、出産後など時系列に読んでいくことができます。

読むと当たり前だよねーって思えることもあるけど、その当たり前を知らないのが親になる前のパパママです。それを気付かせてくれる良書です。

②ふたりの子育てルール

共働き夫婦に特にオススメの本です。夫婦共働きの方が父親が育児に参加する秘訣や、夫婦のあり方など多方面に書いています。正直全部は読んでいません(汗)

男性育児休業率が低いとかあんまり興味がなかったのでその辺は飛ばしました。夫婦で子育てをしていくにはどうしたらいいか?ってところを中心に読んでいました。わたしてきに心の変化があったな、と思って推奨させてもらいました。

③パパ子育てハッピーアドバイス

①のパパ版。とにかく繰り返し読みました。ダメパパにだけはなるまい、と。お母さんになる妻は本当に精神的に不安定になりますし、サポートが必要です。言葉を掛けてあげる必要があります。行動を表す必要があります(自然と行動に出ますけどね)。

パパとしてどんな行動が求められるのか。何となく頭に入れる感じでいいので読んでおきたいと思える本です。

④パパ1年生

一番読んだ。マンガと文章の組み合わせの本です。読みやすい。繰り返し読みやすいです。

パパは妻、親、子ども、会社、近所とさまざまな人と接するわけですが、それらの人と妊娠期から出産後、育児までいろんな場面場面を分かりやすく解説してくれています。なんかイメージして心構えができる!って本です。

⑤最強母乳外来

赤ちゃんに母乳は必要です。もちろんミルクでもOkです。ママが不安になる気持ちが出た時のためにと読みました。

⑥赤ちゃんの肌トラブルを防ぐ本

10代の時に肌トラブルに悩んだこともあったので、お肌のことはきちんと学んで赤ちゃんに肌トラブルがないようにしようと思って読みました。赤ちゃんの肌ってみずみずしいと思うけど、実は保湿をきちんとしないと肌はすぐボロボロになるようです。

赤ちゃんだから大丈夫って思っていたことが勘違いだと気づかされる本です。肌トラブルのことや対策のことも書かれている本です。もうすぐ赤ちゃんが生まれる方は是非読んだほうがいい本です。

⑦赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法

赤ちゃんが生まれると「寝ない赤ちゃん」に結構親もダメージを受けたりします。この本を読んでそのことを実践するとぐっすり寝てくれました。最近は、大きくなって夜泣きもあるけど・・・。

方法がかなり具体的なので、一度は読んでおきたい良書です。

⑧赤ちゃんの遊びBOOK

赤ちゃんの動きって結構これって大丈夫な行動?って思えることもあるのですが、この本で「あーなるほど、この時期のこんな行動は普通なのか」って安心させられた本です。最近は読んでないけど。

⑨コウノドリ(マンガ)

育児本ではないのですけど、妊娠期からずっと今も読んでいます。説明不要。読んでみてください。

泣けます。ティッシュ要ります。親になる人、親になった人、子に関わる人、いや、ほんと読んでほしいマンガです。

育児は習うより慣れろ!

育児本

育児ってどうしたらいいんじゃあああああ!!!

って生まれるまでは漠然と不安を持っていました。不安だらけでした。それを少しでも和らげるのがご紹介した「本との出会い」です。

読んでいたから多少なりとも心の準備ができた、その後の育児参加にスムーズになったって思います。

今では習うよりも慣れろ!!って思っていますが、分からないことがある時や初心に戻りたいときに本を読むことってすんごく大事です。そう思っています。

育児は楽しいです!!一つ一つの行動が幸せを運んでくれます

毎日お風呂に入れるために仕事がんばるのも、それは子どもの笑顔のためです。

育児への不安を取り除いて、ちょっぴり本を読むことで楽しさもアップさせる。そんな効果があります。本って大事です。だから、わたしは子どもにも本を読む大事さを伝えていきたいと考えています。

これから出産される方々!不安な気持ちは赤ちゃんにうつっちゃうので幸せなことを考えていきましょう!全然大丈夫ですから!頼りないジンですら親をなんとかやっていますから!

育児・子育てに関するオススメ本でした!

でわ!

【追記】最近読んだおススメ育児本の書評書きました!

小さなお子さんがいらっしゃる方は、読み聞かせってしていますか? 我が家はできるだけ毎日時間を決めて読み聞かせをするようにしています。 子どもにとって、教育は最も大事なことです。 ...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. ジンさん、コメント失礼します。

    大変勉強になりました。
    本を読むことって大事だなって改めて感じさせていただきました。
    それ以上に、
    「一つ一つの行動が幸せを運んでくれます。」
    という言葉に感動しました。
    その通りですよね。
    ジンさんのお子さんへの愛情が凝縮された言葉だと思います。
    早速週末本屋に行っていようと思います!

    • ジン より:

      せっかちパパさん!

      いやーせっかちパパさんは、お二人も育てられてるので先輩ですやー!うちはひとりでアップアップですよー。

      二人目は悩んでるので(まだ先ですけど)、子育てアドバイス求めに行くと思います(笑)

      コウノドリが一番おすすめです!それ以外はすでに子育てされているので不要かな、と。

      本って大事ですよね!