レターパックライト・プラスの違い&ローソンでも買えるけど電子マネーで支払えるのか?

レターパック マネトク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

郵便局のレターパックは、A4サイズであれば4kgまで全国一律料金で、信書も送付できるサービスです。

全国一律料金というのが嬉しいですね。

確定申告を郵送でする場合も、郵便局に行って配達記録を利用することで、郵送の記録が残るため安心して送付できます。

ただ、郵便局が開いている平日しか利用できないのがデメリットですね(規模の大きい郵便局は時間外で休日も可能)。

そのときに、「レターパック」を使うと便利です。

コンビニ(ローソン)でも購入できるレターパックの購入方法、電子マネー支払いが可能なのかもローソンに行って聞いてきました。

スポンサーリンク

レターパックライトとプラスの違い

レターパックは、全国一律料金でどこでも送付できるわけですが、2種類あります。

  • レターパックライト 360円
  • レターパックプラス 510円
出典)郵便局 レターパック

出典)郵便局 レターパック

レターパックプラスは、対面でのお届けになるので、受領印又は署名をもらうことができます。

レターパックライトは、郵便受けへのお届けになりますね。

確定申告の書類を送付する場合は、対面で受け取ってもらえるレターパックプラスの方がいいかもしれません。

この違いを知らずにレターパックライトを買ってしまいました・・・。

配達記録も税務署に送付しても対面ではないですし、レターパックライトでも問題なく届きました。

*確定申告書を送付する場合、返信用封筒も同封しますが、返信用はレターパックライトでいいでしょう。

レターパックを送るとき

レターパックを郵送するときは、左下のバーコードをはがして送付します。

 

レターパック

あとは、ポストに入れるだけで、郵送が完了ですね。

A4サイズ・重さ4kgまで全国一律料金で郵送可能です。

切手も不要です。

郵便追跡サービスで届いているかを確認できます。

さきほどはがしたコードを入力するだけです。

レターパック 追跡

到着していることが分かります。

レターパック 追跡結果

スポンサーリンク

レターパックはどこで買えるのか?

レターパックは、郵便局(オンライン含む)はもとより、コンビニでも購入することができます。

  • ローソン
  • セブンイレブン(一部店舗のみ)
  • ファミリーマート(一部店舗のみ)
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ

大手コンビニではローソンが無難ですね。

レターパックは電子マネーで買えるのか?

ローソンに行ってレターパックを購入してきました。

支払い方法は、現金のみとなっています。

クレジットカード、電子マネー(iD,QUIC Pay,suicaなど)、QRコード決済、クオカードなどすべてダメだと言われました。

このため、現金を用意して持って行きましょう。

dポイントは貯まるのか

dポイントカードはスキャンしてもらえましたが、実際は貯まっていませんでした。

dポイントも貯まらないようです。

スポンサーリンク

レターパックのまとめ

レターパックは、

全国一律料金でA4サイズ・4kgまで郵送可能。

  • レターパックライト 360円(厚さ3cm以内、ポスト投函)
  • レターパックプラス 510円(4kg以内であれば3cm以上も可。対面届け)

何かと便利なので、これからも使おうと思います。

ちなみに、ローソンでの買い物は、dカードがおすすめです。

dカード ローソン

買い物代金が常に3%引きに加えて、dポイント1%、dカード払いで1%の合計5%お得に買い物ができます。

ローソンをよく利用されるのであれば、dカードを持っておくと節約できますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マネトク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント