【反則級!最大12%還元】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【半導体関連】成長力も増配も期待できる3銘柄まとめ

増配株 半導体プロフィール
スポンサーリンク
スポンサーリンク

半導体需要が留まることを知らないですね。

今後は、5G、データセンター、自動運転、EVなどますます半導体需要が伸びていく予想がされています。

経済産業省の資料によると、パワー半導体の世界的市場規模は現時点で3兆円ですが、2030年で5兆円、2050年で10兆円にもなるとも言われています。

すごい市場ですね。

スポンサーリンク

日本もすごい半導体関連銘柄

パワー半導体 経済産業省より

経済産業省「半導体戦略」より

経済産業省が出している半導体戦略は目を通しておきたいですね。

日本には、東京エレクトロンや信越化学工業など世界に誇る半導体関連銘柄が数多くあります。

シリコンサイクルがあるので、景気の変動が大きい業界ですが、PC→スマートフォンと来て、データセンターや5G、EV、IoTなど半導体需要は高まっているので、シリコンサイクルはスーパーサイクルに入ったとも言われていますね(参考:東証マネ部

シリコンサイクルとは、半導体産業において見られる、約4年の周期を持つ景気循環のことである。 技術革新のスピードが早い半導体産業では、設備投資や在庫管理のタイミングの調整が難しいとされており、製品の世代が変わる時期に、需給と供給のバランスが崩れやすい。

半導体市場は倍増(20年→30年)と、成長市場であることが分かりますね。

4970 東洋合成工業 22.3 2Q (1)

4970 東洋合成工業 22.3 2Q (1)

5384 フジミインコーポレーテッド

以前も取り上げていたフジミインコーポレーテッド

改めて調べてみるとやっぱりすごいと思い、もう一度登場させます。

半導体向け超精密研磨材で世界トップシェアを誇る会社で、次世代パワー半導体用の研磨剤開発にも着手しています。

半導体の微細化に欠かせない同社の製品はまさに高収益事業です。

同社の利益成長も素晴らしいですね。

5384 フジミインコーポレーテッド 業績22.3

配当金は配当性向50%という目安があり、今期(22.3)は上方修正により配当金も115円から170円と大幅増配!

5384 フジミインコーポレーテッド 配当金22.3

株価も堅調に推移しています。

今年に入ってからも2倍程度とかなりすごいですね。

押し目らしい押し目がないですが、PER20倍程度と割安な点もいいですね。

5384 フジミインコーポレーテッド 株探

5384 フジミインコーポレーテッド 株探

指標面です。

5384 フジミインコーポレーテッド
株価7,450円営業利益率(予)18.2%
PER(予)20.93ROE(予)10.4%
PBR(実)3.28自己資本比率87.5%
ミックス係数68.72営業CFマージン16.2%
配当利回り(予)2.28%配当性向50.7%

自己資本比率8割を超えている好財務ですね。

4368 扶桑化学工業

グローバルニッチトップ企業でもある同社は、国内唯一のリンゴ酸製造メーカーで世界トップシェアを誇ります。

また、電子材料事業のナノ粒子『超高純度コロイダルシリカ』はシリコンウエハの最終研磨用として世界シェア80%以上とトップメーカーです。

高収益事業ですが、電子材料事業では利益率40%以上とすさまじい利益率を誇ります。

4368 扶桑化学工業 業績22.3

4368 扶桑化学工業 業績22.3

配当成長はゆるやかですが、配当性向は低く、増配余地がありますね。

4368 扶桑化学工業 配当22.3

京都に超高純度コロイダルシリカの世界最大規模の工場を有し、同社は半導体業界にとって欠かせない存在ですね。

株価も堅調に推移していますね。

4368 扶桑化学工業 株探

4368 扶桑化学工業 株探

指標面です。

4368 扶桑化学工業
株価4,780円営業利益率(予)22.8%
PER(予)21.45ROE(予)10.8%
PBR(実)2.55自己資本比率87.1%
ミックス係数54.62営業CFマージン28.9%
配当利回り(予)1.05%配当性向25.0%

同社も自己資本比率80%を超える超高財務の企業。

4970 東洋合成工業

半導体基板に回路を描くフォトレジスト用感光材は世界トップを誇ります。

半導体需要がすさまじく、業績も絶好調ですね。

4970 東洋合成工業 業績22.3

業績はすさまじいですが、配当性向は10%程度。

まだまだ十分な配当余力がありますね。

4970 東洋合成工業 配当22.3

株価もかなり堅調で、コロナショックから約8倍近くにもなっています。

4970 東洋合成工業 株探より

4970 東洋合成工業 株探より

財務面では、自己資本比率は3割以下と低いですね。

4970 東洋合成工業
株価17,490円営業利益率(予)10.8%
PER(予)57.84ROE(予)20.1%
PBR(実)10.85自己資本比率27.0%
ミックス係数627.76営業CFマージン14.2%
配当利回り(予)0.17%配当性向6.8%
スポンサーリンク

半導体関連銘柄はすごい

3社のバブルチャートを作ってみました。

扶桑化学工業は、ほかの2社と比較すると低成長ですね。

バブルチャート 売上 半導体 フジミインコーポレーテッド

東洋合成工業はPER60倍と非常に高くなっていますが、フジミインコーポレーテッドと扶桑化学工業はまだ、PER20倍程度ですね。

バブルチャート 半導体 フジミインコーポレーテッド

指標面の比較です。

21.11.26現在

21.11.26現在

今後の10年で浮き沈みはあるでしょうが、半導体市場で欠かせない3社と言えそうです。

市場の下げがあるときには、投資のチャンスがあるかもしれませんね。

PayPay証券では、日米の主要銘柄が単元未満株である1株から購入できる優れもの。

1,000円から少額で投資が可能!

つまり、低予算で投資をすることができるので、さっさと始めるのが大事ですね。

これまで単元未満株では、手数料が割高でしたが、気にせず買えるようになります。

1月31日まで抽選で100名に5万円相当が当たるキャンペーン(条件あり)とチャンスですね!キャンペーンコードはcpn2112です。

【PayPay証券のメリット】

  • 1株から購入できる
  • 1,000円から購入できる(1,000円以上1,000円単位)
  • 米国株も購入できる(しかも、24時間取引可能!)
  • 取引できる銘柄は、日米ともに限定されているが、主要銘柄を網羅。
  • 1株からIPO(新規上場)に申し込みができる
  • 手数料:日本株が0.5~1.0%、米国株が0.5%~0.7%
  • 利用者の約7割が未経験者。
  • 累計170万ダウンロ―ド!

公式 PayPay証券の口座を今すぐ開設してみる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

デメリットは、日米ともに購入できる銘柄が限定されていることですね。

デメリットもありますが、投資資金が少なくても、1,000円から購入できるので、ソフトバンクグループやトヨタ自動車など日本の大企業はもちろん、AppleやAmazonなどの米国株も購入できる魅力があります。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

スポンサーリンク
PayPay証券の年末キャンペーンが大きいですね。

口座開設で最大5万円相当がもらえるキャンペーンをPayPay証券でしていますね。

2022年1月31日までの申し込みが対象ですよ。

キャンペーンコード cpn2112

口座開設→PayPay証券

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント