【最大20%還元!】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【30万円以下で投資】12月優待が魅力的な3銘柄(キリンHDなど)

12月優待30万円以下
スポンサーリンク
スポンサーリンク

配当金はインカム収入源なので、安定してもらえるのがうれしいですね。

また、株主優待は、ちょっとした家計メリットにもなり、個人的には優待銘柄は好きです。

もちろん、株主優待をもらうためだけに投資をするというのはちょっと投資の筋からは外れるので、一部の銘柄を除いてしていませんが、業績が好調な銘柄であり優待もあると頼もしいですよね。

配当金や優待で気になる銘柄を取り上げます。

スポンサーリンク

12月権利日の配当・優待株

12月の権利日は次のようになっています。

【2021年12月の権利確定日】

  • 12月末日が権利確定日の権利付き最終日は12月28日(火)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、12月29日(水)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)

2503 キリンホールディングス

ビールで国内シェア級の会社ですね。

先日のがっちりマンデーにも登場していた銘柄ですが、ビール用サーバーが非常に好調のようです。

宅飲み需要をうまく掴んでいますね。

また、クラフトビールにも力を入れています。

日本のクラフトビール市場は1%程度のようですが、アメリカは10%程度あり、伸びしろのある分野という社長コメントもありました。

同社の優待は、100株保有で1000円相当、1000株で3000円相当の商品をもらうことができます。

2503 キリンHD 株主優待

2503 キリンHD 株主優待ページより

キリンHDの株主優待の詳細はこちら

同社は上場以来、配当を減配することなく増やしてきています。

一昨年の決算説明資料からの引用ですが、株主還元に注力してきた証拠ですね。

2503 キリンHD 配当金推移 2019年12月期決算説明資料より

2503 キリンHD 配当金推移 2019年12月期決算説明資料より

同業他社のアサヒグループホールディングスやサッポロHDも、12月権利日で優待も似ていますので、チェックしておきたいですね。

キリンはアサヒと比較しても投資金額で投資しやすい水準でありながら、アサヒとそこまで水をあけられるものではないだろうと思い、キリンのほうに興味がありますね。

指標面では、

  • アサヒ PER14.9倍
  • キリン PER17.4倍
  • サッポロ PER14.5倍

とややキリンは割高感もありますが。

6078 バリューHR

当ブログでも取り上げていた増配を続ける優待魅力株ですね。

バリューHRの株主優待は、同社が手掛けるカフェテリアプラン(福利厚生サービス)のポイントをもらうことができますね。

今年初めて同社株を取得しましたが、東京海上と資本提携したこともあって、株価の上昇もすごいですね。

ポイントも継続保有することで、100株だと2倍にUPするのでその点も魅力的ですね。

6078バリューHR株主優待_21 (1)

6078バリューHR株主優待_21

同社は8期連続で増配を続けており、増配銘柄としても注目ですね。

6078バリューHR 配当金推移21.12

グラフ上の3月期は12月期の誤りです。

健康保険組合への立ち上げ支援も手掛けている同社ですが、自己資本比率の低さが懸念でしたが、東京海上との資本提携で財務も改善しそうです。

7272 ヤマハ発動機

2輪世界大手のヤマハ発動機も12月株主優待銘柄のひとつですね。

ヤマハ発動機の株主優待は、ポイントがもらえる優待ですね。

ヤマハ発動機の優待も長期保有でポイントが貯まるのもいいですね。

7272 ヤマハ発動機 株主優待 (1)

コロナショックで無配発表も、復配し、今期は過去最高の配当金予想ですね。

7272 ヤマハ発動機 配当金21.12 (1)

二輪自動車はコロナ禍でむしろ需要増が出ましたね。

ヤマハ発動機はマリン事業や自動運転事業も手掛けています。

景気サイクルの影響を受ける銘柄ですが、世界トップクラスの二輪メーカーとして魅力的な銘柄ですね。

スポンサーリンク

12月優待の3銘柄

12月優待で配当利回りが高い、また、増配力の高い銘柄として3銘柄を取り上げました。

21.11.30現在 12月優待 (1)

21.11.30現在

大企業であるキリンHDやヤマハ発動機は、配当利回りも高く、指標面も割安ですね。

どれも株主優待銘柄として、注目しておきたい銘柄です。

我が家はバリューHRやヤマハ発動機を保有していますが、長く保有できればと考えています。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

LINE証券は、約定代金に関わらず、買付手数料が無料と人気が高いので、LINE証券を使うことです。
LINE証券は、LIENアプリから手軽に投資信託や個別銘柄を買うことができため、投資初心者の方にも使い勝手の良い設計となっています。

【LINE証券のメリット】

  • 1株数百円から手軽に投資ができる(最低100円から投資ができる)
  • 全銘柄買付手数料が無料
  • LINE Pay・LINEポイントを使って投資ができる(1ポイント1円で入金可能)

  • 平日21時まで取引可能
  • LINEアプリから取引ができる
  • LINE Payで引き落とし設定が簡単
  • 投資信託も購入できる
これから投資を始めたい方、少額で投資を始めたい方は、まずはこの機会に口座を開設してみましょう。
口座維持手数料は無料となっています。
まずは手軽に始めて見るのが大切ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
30万円以下12月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント