【配当利回り3%以上】財務優良の中小株・高配当銘柄4選!

配当利回り3%以上高配当ランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高配当株は魅力である一方、減配リスクや株価があまり上がらないなどのデメリットもあります。

配当金は、株価ほどは動きませんので、安定した収入源にも繋がりますね。

高配当銘柄の中でも、財務力が健全な銘柄をピックアップしてみました。

高配当の魅力は、投資金額に対して多くの配当金を得ることができる点ですね。

すぐに減配するような銘柄は避けたいところですが、財務力の高い銘柄は、配当金を出す力もありますね。

スポンサーリンク

高配当株4銘柄!

2121 ミクシィ

ゲーム会社のミクシィは、実は高配当銘柄ですね。

モンスターストライクで大ヒットしてから莫大なキャッシュを貯めこんでいますが、その後のヒット作がなく、業績は低下傾向。

株価2838円で、PER25.2倍、PBR1.14倍となっており、配当利回りは3.88%と高い配当を誇ります。

ただし、22年3月期の配当性向は97.5%と高く、減配リスクも高くなっています。

2121ミクシィ 配当金22.3

このところ、増配もできておらず、投資対象としては難しいです。

私は、配当性向50%以下というのは基本方針なので、ミクシィは投資対象外となるんですが。

気になったのが、ミクシィの高い財務力です。

自己資本比率83%、営業キャッシュフローマージン29.1%、ネットDEレシオは余裕の1倍以下と、完璧な財務力を誇ります。

2121ミクシィ 安全面22.3

資産約2,000億円のうち、約1,500億円もの現預金を保有しており、M&Aなどの戦略も期待できる水準です。

高い営業キャッシュフローマージンが続いており、現金創出力が高いので、財務基盤はすぐに崩れるという心配はありません。

私の基準では投資対象外ではあるのですが、この財務力は魅力的で、多少の減配リスクを覚悟しながらも、次の一手を期待して保有したい銘柄として投資候補としています。

株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」を使ってみる

6073 アサンテ

アサンテは、知る人ぞ知る優良企業で、シロアリ駆除などを手掛けている会社ですね。

21年3月期までは上場来増配を続けていましたが、配当維持で増配年はストップしたものの、減配せず、今期は増配計画です。

配当性向はやや高く50%台ですが、業績はまずまず好調。

また、関西より西には営業所がなく、巨大な出店余地があります。

JAとの連携をすることで西の空白地を攻める計画ですね。

6073 アサンテ 配当金22.3

財務面は、鉄壁強固で何の不安もありません。

自己資本比率80%、平時では営業キャッシュフローマージン10%以上、ネットDEレシオは健全水準の1倍を大きく下回っています。

6073 アサンテ 安全面2.3

また、株主優待は年2回実施。

三菱UFJニコスギフトカードが1,000円分(年2,000円相当)もらえて、優待利回り1%強とまずまずの水準です。

株価1,750円、PER14.8倍、PBR1.64倍、配当利回り3.5%と魅力的な水準ですね。

中長期では伸びていく銘柄かと考えています。

株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」を使ってみる

2760 東京エレクトロンデバイス

半導体商社の東京エレクトロンデバイス。

以前、ブログで取り上げた時に、さっさと買えばよかったと後悔している銘柄。

株価も堅調ですね。

半導体製造装置で世界に誇る東京エレクトロンの子会社であり、半導体専門商社としてもすごい会社ですが、メーカー機能としての顔も持っています。

配当性向は4割程度と抑えられつつ、業績好調で配当金を大きく増やしていますね。

2760 東京エレクトロンデバイス 配当金22.3

株価堅調ですが、株価5240円、PER12倍、PBR1.82倍、配当利回り3.34%と申し分ない水準です。

こうした銘柄を見る際には、PBRを見るのが大事かなと改めて思います(ブログで取り上げたときは、PBR1.1倍)。

半導体需要が伸びていくなか、半導体関連銘柄としても注目ですね。

株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」を使ってみる

2763 エフティグループ

9期連続増配を続けており、中小企業向けにOA機器やネットワークセキュリティ、小売電力、回線などを手掛けている会社ですね。

光通信の子会社でもあります。

2763 エフティグループ 配当金22.3

株価は横ばい圏が続いていますね。

株価1314円、PER11.3倍、PBR2.56倍、配当利回り4.79%と、高配当水準ですね。

PBRはやや高いですが、PER11倍と割安水準と言えます。

非減配銘柄としても、注目しておきたいと考えています。

SBIネオモバイル証券の口座を開設してみる
スポンサーリンク

配当利回り3%以上の優良株

いずれも配当利回り3%以上の高配当株で、PERかPBRが低い銘柄をピックアップしてみました。

高配当株21.7.7時点

高配当株21.7.7時点

私の投資基準の一つに、配当性向50%以下というのを設けているのですが、その基準では実は厳しいと感じる銘柄が3銘柄もあります。

一方、豊富なキャッシュを持っていたり、ビジネスモデルが良かったりと興味のある銘柄でもあります。

PER×PBRで見るバブルチャートです。

割安な銘柄はエフティグループで最も高配当の銘柄でしたね。

高配当株21.7.7時点 PER×ROE バブルチャート

高配当株21.7.7時点 PER×ROE バブルチャート

高配当銘柄は、株価が鈍い銘柄も多いので投資しにくい点もあります。

一方、隠れた優良資産を持っていたり、ビジネスモデルが良かったりと良い銘柄もありますので、高配当銘柄の中から銘柄を探すのも良いですね。

資産運用を始めるにも、まずは証券会社に口座を開設することからですね。

【投資初心者向け】

これから投資を始める方は、少額でも手数料負担の小さい証券会社がおすすめです。

今後、本格的に始めたいと考えている方は、ネット証券大手の口座も開設しておきましょう。

【本格的に始めたい方】

日本株や米国株、投資信託など本格的に始めたい方は、ネット証券大手の口座もおすすめです。

  • PC・アプリの使い勝手が良く楽天ポイント活用できる⇒楽天証券
  • 銘柄分析機能が充実!1株買付手数料が無料⇒マネックス証券
  • ネット証券最大手!IPO(新規公開株)も充実⇒SBI証券

資産形成の一歩は、証券会社の口座を作ることからです。

口座開設は無料となっているので、まずは気軽に興味のある証券口座を開設してはじめてみましょう。

資産の管理で証券アプリではなく、分析に使えるアプリがあると便利ですね。

また、複数の証券会社を使っていると、管理が手間だと感じることはありませんか。

そこでおすすめのアプリが、複数の証券口座を一括管理できる株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」です。

株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」の特徴

  • 複数の証券口座を一括管理できる(2口座目からはプレミアム会員月額980円)
  • 資産の可視化、購入・売却時の可視化で分析できる
  • 米国株式にも対応
  • 家族名義も登録可能
  • セキュリティは国際規格「ISO/IEC 27001」認証を取得
株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」を使ってみる
対応している証券会社(2021年5月現在)
  • SBI証券、楽天証券、auカブコム証券、松井証券、GMOクリック証券、マネックス証券、SMBC日興証券、野村證券、大和証券
メールアドレスがあれば簡単にユーザー登録できます。まずは、資産管理の可視化を手軽に始めてみましょう!
\今すぐ試してみる/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
高配当ランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kindleおすすめ投資本!
村上世彰、高校生に投資を教える。

これから投資を学ぶ方にもおすすめ!高校生にも分かるように、解説してくれています。

1650円→499円税込

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資を始められる方にとって、絶対に読んでおきたい本!

白いネコは何をくれた?

マーケティング、ライティングにも役立つおすすめ本!

“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

資産数億円を築かれているエナフンさんの投資本。
中長期投資を実践したい方におすすめの投資手法が具体的に記されています。
繰り返し読みたい投資本です。

「会社四季報」最強のウラ読み術

1793円が715円税込とかなりのセール!

四季報を読む際のヒント満載です。

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント