車を持ちたいという初めての気持ち。車を保有したときの家計への影響を試算してみた。

トミカ 車 家計
スポンサーリンク

我が家は、車を保有していません。保有したことがありません。

普段は、カーシェアリング「タイムズカープラス」を利用し、お盆や年末年始、旅行のときには、タイムズカーレンタルを利用しています。

カーシェアやレンタカーの利点は、いろんな車を乗れることなんです。これはある意味楽しみでもありますね。

車は、私は(単なる)「移動手段」として考えていたので、お金をかけすぎないというのが我が家の考え。

夫婦二人とも田舎出身なので「車は一人一台」という感覚も持っているんです。

この年末に帰省した際にレンタカーを借りたわけなんですが、初めて出ました。

クルマを欲しいという気持ち。

車を持った場合にどんな家計への影響があるのか、試算してみました。

スポンサーリンク

車はどのくらいの人が保有しているの?

車の保有率 内閣府 消費動向調査

出典:内閣府「消費動向調査」より作成

まず、車の保有率ってどうなっているんだろうと思って調べてみました。

内閣府の統計「消費動向調査」によると、車の保有率って8割を超えているんですね。

た、高ッ!

えっ・・みんなそんなに持っているの?

ただ、20代世帯の乗用車保有率は5割を割るなど、若い人は車を持たないこと人も多いですね。

私が20代のときは、二十歳になると友人はほぼ全員車を持っていましたが、地域にもよりますが、車離れは加速しているようです。

スポンサーリンク

車を持つうれしさ

年末年始の際に、レンタカーを借りた際に、

「車ってかっこいいな」

って思いました。マツダのCX-5だったんですけどね。

こういうかっこいい車に乗ったとき、「車を持ちたいなぁ」という感覚がありました。初めてのことだったので、自分でも驚きです。

子どもの頃は、ほとんどの移動手段が車だったこともあって、車の思い出が多いです。我が子も、車に乗ることも大好きで、「ドライブしたい~」とせがまれることもあります。

家と同じで、「所有欲」ってありますね。

車に対しては持たないだろうと思っていたのですが、車を持ちたいという気持ちが出てきました。これが、兄弟ができると余計にそう思うんではなかろうかと思います。

車をもつ「所有欲」といつでも気軽に車で移動できる「便利さ」がありますね。

カーシェアの場合、所有欲は満たされませんが、利便性はかなり高いです。しかし、マイカーのように自宅にある駐車場への「距離」の短さにはかないません。

スポンサーリンク

車を持つコスト

維持費は一体いくらかかるの?

ただ、車を持つことってそれなりのコストがかかってきますね。

●車体費

●駐車場代

●ガソリン代

●自動車税

●車検代

●自動車保険

●洗車代

●メンテナンス代

こうしてみると、かなりの支出項目があります。

トミカ 車

例えば、ミニバンだと年間50万円~60万円の維持費(月4万円~5万円)がかかるようです。

参考 価格ドットコム「ミニバンの維持費」

年収別にみると、総務省の家計調査では、年間20万円~40万円(月1.6万円~3.3万円)を自動車にお金を費やしていることが分かります。

家計調査 自動車費用(2015)

出典 総務省「家計調査」2015年より作成

我が家の場合は、カーシェアリングを利用していることがほとんどなので、月5,000円を使うかどうかというところです。

レンタカーも含めれば、年間15万円(月1.2万円)くらいは車代として利用していますね。

価格コムあるいは家計調査と比較しても、安く済んでいるので、購入をするほうが家計へのダメージは大きいと言えます。

余談ですが、我が家の場合は、マンションの駐車場代だけで月2万円以上しますので、車を保有しないほうが圧倒的に安いわけです。

ライフプランシミュレーション

ライフプランシミュレーション

簡易ですが、ライフプランシミュレーションをしてみました。

車を購入しない場合と、10年ごとに300万円のクルマを買い替える場合を比較して試算すると、約1,000万円の差が出ました。

なお、自動車検査登録情報協会によると、2016年3月末時点の平均車齢は8.44年平均使用年数は12.76年となっています。車の車体価格って年々上がっているので、長く持つ人が増えているみたいですね。

10年ごとの買い替えと考えてみましたが、約1,000万円の差はでかいです。

参考  自動車検査登録情報協会

もちろん、買い替えの時期や車体費を変えれば、この差は縮まります。

しかし、縮まるとはいえ、埋まることはありません。それだけのコストをかけるべきなのか、というのを知ると冷静になれます。

スポンサーリンク

お金を貯めたいなら車をあきらめる

1か月1日しか利用しないなら4.6万円損?

車の利用率を考えると、どうでしょうか。

月5万円かかっているとすると、1日あたり、約1,600円のお金が出て行っているわけです。我が家の場合は、月に1回車を使うかどうかというところ。

1か月30日として、29日は利用していないわけです。使わないものに約46,000円(1,600円×29日)もかける?

車を持ちたい。

そういう気持ちは芽生えましたが、やはり我が家の家計にとっては、あまりにも高すぎる支出です。

所有欲を満たしたいという気持ちもありますが、お金の使い道を考えたときに、ほかにも使うことがたくさんあります。

家計の自由度を重視

私は、家計の自由度を重視します。

将来の支出は予測できるようで、できない部分が多いんです。「こんな出費は予定していなかったな」ということはありませんか。その時に対応できることが家計の自由度が高いということ。

それには、コツコツ貯金をしていく必要があります。

「貯金がすべて」ではありません。

お金は使ってなんぼです。

それでも、「不測」に備えて貯金をしていくと、安心感が生まれてくると思います。

欲しいは欲しいんだよ

あーーこうして頭でわかっていても(いつかは)車が欲しいわっ!!

カッコイイ車って運転していてワクワクしましたね。

これが車を運転する楽しみなんだと思います。自分にもこうした気持ちが生まれるなんて、予想にもしませんでした。

日本には有数の車メーカーがたくさんあります。

「運転する楽しみ」「ワクワク」を生む車をもっと作ってくれそうですね。

稼ぐ力を高めて、車を持つ!という小さいながらの夢をいつかは実現したいと思います(矛盾している!)。

クルマ欲しいね!

ではでは。

家計カーシェアリング
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント