【消費税増税】カレコ・カーシェアの料金はどう変わる?!値上げも子育て層にはメリットも

アイキャッチ カレコカーシェア カーシェアリング
スポンサーリンク

三井不動産系のカーシェアであるカレコは、業界第3位(会員数)です。

カレコは、チャイルドシート完備している唯一のカーシェアですので、子育て世代にとっては非常に便利な存在です。

2019年10月以降、消費税の増税によって、料金体系が変わります。

業界最大手のタイムズの値上げがあったので、カレコも見ておきます。

スポンサーリンク

カレコの料金改定内容

カレコ 車種

カレコHPより

カレコの料金改定の主な内容です。

【2019年10月以降変更されるもの】

  • 車種クラスの変更(コンパクト⇒ベーシック)
  • 時間料金が値上げ

一方でサービスが継続されるものもあります。

【変わらないもの】

  • 距離料金(1km16円)
  • 月会費は据え置き(月980円)
  • 自動最安値料金の適用
  • 夜間パック

利用料金の値上げ

カレコの料金は値上げしますが、値上げ幅はそれほど大きくありません。

<消費税8%のときの利用料金>

カレコ 料金(増税前)

カレコ 料金(増税前)

<消費税10%になったときの利用料金>

カレコ 料金(増税後)

カレコ 料金(増税後)

ジン
ジン

プレミアム、プレミアムプラスは値上げ幅が大きいですね。

ただ、ベーシック、ミドルクラスは時間料金では10円程度、パック料金では500円程度の値上げと小幅になっています。

車種クラス変更デメリットも

子育て世代にとっては、使いやすいシエンタやフリードのような小型ミニバンがミドルクラスからベーシッククラスに下がります。

これは、実質的に値下げとなりますね。

カレコ 車種増税後

カレコ 車種増税後

いくら値上げするのか

我が家の場合、6時間パックや48時間などの小旅行に使ったりすることが多いので、料金の比較をしてみます。

【ステップワゴンを6時間+走行距離100km利用した場合】(ミドルプラン)

【現在】

  • 6時間パック 3,800円+距離料金0円 = 3,800円

【2019年10月1日以降】

  • 6時間パック(ミドルクラス)4,080円+距離料金0円 = 4,080円

48時間を利用する場合

【ステップワゴンを48時間+走行距離300km利用した場合】(ミドルプラン)

【現在】

  • 48時間パック 15,600円+距離料金4,800円 = 20,400円

【2019年10月1日以降】

  • 48時間パック 16,600円+距離料金4,800円 = 21,400円

ほとんど値上げがなかったですね。

スポンサーリンク

カレコのカーシェア料金改定まとめ

最後に、カレコのカーシェア料金改定をまとめておきます。

【2019年10月以降変更されるもの】

  • 車種クラスの変更(コンパクト⇒ベーシック)
  • 時間料金が値上げ(10円~)
  • 月会費は据え置き(980円。年会費の場合4,800円)
  • シエンタ、フリードが値下げへ
  • 距離料金は据え置き(16円~/1km)
  • 最安料金が自動適用

値上げもありますが、シエンタ、フリードのように値下げする部分もあります。

【シエンタやフリードを6時間+走行距離100km利用した場合】(ベーシックプラン)

【現在】

  • 6時間パック 3,800円+距離料金0円 = 3,800円

【2019年10月1日以降】

  • 6時間パック(ミドルクラス)4,080円+距離料金0円 = 4,080円

カレコは、シエンタやフリードなどは値下げとなるので、48時間利用の場合は、もっと安くなりますね。

利用しやすさ(車両台数など)はタイムズです。

うまく3社の良いところを見極めて使っていきたい。

チャイルドシート完備のカレコは料金的にもいいですね。

カレコの新料金はこちら

\今すぐチェック/
ほかのカーシェアの料金体系もチェックしておきましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーシェアリング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント