ドコモ携帯料金はdカードで支払わないほうがお得な理由とは?

dカード-min dカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドコモが発行してしているクレジットカード「dカード」は、ローソンやマクドナルドの買い物で3%割引できるカード。

dカードは100円につき1ポイント貯まる還元率1%のクレジットカードです。

また、dカード GOLDは年会費が1万円+税必要ですが、このカードを保有しているとドコモ携帯料金やドコモ光の通信料金に対して、10%のdポイントが貯まって行きます。

月に1万円の通信料があれば、年間で12万円×10%=1.2万円のポイントが貯まります。

年会費が実質タダ!ということですね。

dカードは使いやすいカードだと感じますが、ドコモの携帯料金の支払いに使っている人もいますね。

実はそれって損しているんですよ。

スポンサーリンク

ドコモの携帯料金を支払うと損だよ

dカード

dカードは、1回でも利用すれば翌年度は年会費無料となることから、実質年会費無料のカードと言えますね。

ただし、1点注意が必要なのは、dカードおよびdカード GOLDで、

ドコモの携帯料金を支払ってもクレジットカードのポイントがつかない

ということ。

ドコモプレミアムクラブがdポイントクラブに統合されたため、ポイント付与対象外となっています。

NTTファイナンスおまとめ請求も対象外です。

このため、ドコモ料金をdカードで支払わず、別のクレジットカードを利用するほうが私たちにとっては有利となるのです。

dカードでポイントがつかないもの

クレジットカードは、ポイントが貯まるので現金払いよりお得になります。

しかし、ポイントがつかない支払いもあるので、注意しておく必要がありますね。

dポイントが貯まらない代表例

このほか、dカードは電子マネーへのチャージでもポイントが付与されません。

dポイントが貯まらない電子マネー

  • モバイルSuica
  • smart ICOCA
  • nanaco
  • Edy
  • WAON

電子マネーは便利な存在。小銭が不要になるため、よく利用しています。

電子マネーはクレジットカード一体型が管理が楽ちん。私が電子マネーを使い始めた理由。

電子マネーは財布を出すのがおっくうな時に重宝しますね。うちは、子どもを抱っこしている時の会計のストレスから解放されました。

スポンサーリンク

ドコモ携帯料金はエポスカードを使おう!

dカード Gold

出典 : dカード

ドコモ携帯料金の支払いはdカード/dカード GOLDで支払わないほうがいいです。

他のクレジットカードで支払うほうが家計的にはやさしいですね。

  • dカード/dカード GOLDで支払っても支払いに対するポイントは貯まらない(クレジットカードの還元率0%ってこと)

しかし、dカード GOLDは年会費1万円かかります。

ですが、ケータイ代とドコモ光の料金の支払いについては、1,000円ごとに100ポイントとなんとびっくりの、還元率10%と超高いんですよね。

dカード GOLDで携帯料金を支払ってもその分のポイントはつきませんが、もっておくと10%還元があるわけです。

ドコモ携帯料金とドコモ光で月1万円以上支払っていたら、1年間で12,000ポイントも貯まるから元が取れちゃいます。

ただし、dカード GOLD1枚につき1回線しか還元率10%になりません。

複数回線一括請求している時は家族の分は還元率10%にならないので注意が必要ですよ。これは、携帯番号を登録するのでそれで管理しているからですね。

その場合は、家族カードを作っておきましょう。

家族カードは、1枚目のみ年会費無料です(2枚目以降は1,000円+税)。

ドコモの携帯料金を払うのに最適なカード

ドコモ携帯料金をdカードで支払うのは得策ではありません。

そこで、どんなカードで支払ったらいいの?ってなりますが、ベストはエポスカードです。

えっ?エポスカード??

そうなんです。エポスカードです。

エポスカードで貯まるエポスポイントは、dポイントと等価交換ができるのです(au WAlletもできるんです)。

エポスカード dポイント

dポイントを集約したい場合は、ドコモの携帯料金とドコモ光の支払いについては、エポスカードを利用するといいですね。

エポスカードは、クレジットカードの券面番号のほかに、ネット決済専用の番号も発行できるため、セキュリティの高いカードと言えます。

また、利用可能額をいつでも変更できる便利なカードです。海外旅行保険が自動付帯でついているので、持っているだけでもお得なカード。

しかも、全国7,000店舗との優待制度を構築しており、今後も増えていくでしょう。

エポスカードはマルイの主力事業なので。

ということで、ドコモ携帯を利用している人にとっては、

dカード GOLDを持つ。

ドコモ携帯料金はエポスカードを使う。

これでdポイントを効率よく貯めて家計の節約につなげることができますね。思い立った時にエポスカードを作っておきましょう。

では。

≫≫ エポスカードの詳細を見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
dカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント