【ふるさと納税】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

配当利回り3%以上!大型株でPER10倍の割安3銘柄とは?

大型高配当株配当金投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は大型株よりは、時価総額1,000億円以下(できれば300億円以下)の中小株を物色することが多いのですが、大型株は大型株のメリットを感じることがあります。

それは、長期保有しやすい点です。

  • 大型株でビジネスの良い銘柄は長く持てる
  • 財務面が超鉄壁で倒産リスクが低い
  • 安定配当を実施している

株式投資をして初めての暴落経験のコロナショックで、考えもできなかったのは反省点ですが、〇〇ショックのときは仕込み時とも言えそうですね。

大型株で3銘柄をピックアップしました。

スポンサーリンク

時価総額1兆円以上の高配当株

次の条件でスクリーニングしてみましたよ。

  • 時価総額1兆円以上
  • 配当利回り3%以上
  • 今期が営業増益!

全部で21銘柄ありました。

配当利回りでトップ10は次のとおりです。

  • 9101 日本郵船 配当利回り8.68%
  • 9434 ソフトバンク 5.84%
  • 5401 日本製鉄 5.00%
  • 1605 INPEX 5.00%
  • 5020 ENEOS 4.62%
  • 6502 東芝 4.26%
  • 5201 AGC 4.20%
  • 1928 積水ハウス 3.89%
  • 9432 NTT 3.85%

日本郵船など船舶銘柄は、すごいことになっていますね。

ピックアップした3銘柄は、トップ10入りはしていない銘柄もありますが、魅力的な銘柄です。

取り上げたのは次の3銘柄です。

高配当3% 時価総額1兆円 

21.8.13時点

ジン
ジン

指標面で割安な銘柄です。

  • PER10倍程度
  • グレアムのミックス係数(PER×PBR)22.5以下
  • 配当利回り3%以上
  • 配当性向50%以下

7272 ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、保有株の一つですが、コロナショックで大きく下げましたが、絶好の買いのチャンスでしたね。

私は仕込めませんでしたが、当時含み損には耐えられる銘柄でした。

言わずと知れた自動二輪車の世界的なメーカーですね。

7272 ヤマハ発動機 株探

7272 ヤマハ発動機 株探

コロナショックが来ようとも、株価が下がろうとも、同社の自動二輪がなくなることはないですよね。

世界中で売れている二輪ですが、コロナ後は二輪ブームもあり、業績は好調。

一時は無配発表をしていましたが、復配もして、今期(21年12月期)は上場来高値となる1株100円の配当を発表しています。

7272 ヤマハ発動機 配当金

タラレバですが、コロナショックのときに仕込んでおければ、配当は8%近い利回りを実現できています。

もちろん、同社が倒産するリスクは極めて小さいので、配当と株主優待をもらいながら、のんびり保有できる銘柄となっていましたね。

業績面では、今期も増収増益となっており、好調さが伺えます。

7272 ヤマハ発動機 業績

また下がった時が来たら買い増ししたい銘柄と言えそうですね。

5108 ブリヂストン

世界トップのタイヤメーカーであるブリヂストンです。

ブリヂストンもコロナショックのときは、3000円割れまでなっていたんですね。

そのあと、株価は復調しています。

5108 ブリヂストン 株探

5108 ブリヂストン 株探

ブリヂストンも、コロナショックでまさかの最終赤字、そして、配当金も減配という形になりました。

しかし、今期は配当金を1株170円と上場来の高さですし、配当性向はまだ30%台です。

不景気になればもちろん、業績には影響がでますが、タイヤは今後も売れ続けるでしょうし、必要不可欠なものです。

5108 ブリヂストン 配当金

業績面も復調の兆しがありますし、以前の高収益企業に戻りつつありますね。

5108 ブリヂストン 業績

ブリヂストンのような、世界的に活躍しているグローバルメーカーは、株価が下げたときは、最安値を狙わずとも、コツコツ買い増ししても良いと考えられる銘柄と言えそうです。

5020 ENEOSホールディングス

最後は、ENEOSです。

ENEOSは10万円以下でも買える銘柄としても、投資しやすいですね。

コロナショックのときから株価もかなり戻してきましたね。

5020 ENEOS 株探

5020 ENEOS 株探

ガソリンのイメージがありますが、水素や風力発電などクリーンエネルギー企業への変貌をめざしていますので、エネルギー企業として期待です。

配当金は、コロナショックのときも減配せずに維持しました。

5020 ENEOS 配当金

業績面ではやや苦しい状況は続いていますが、長い目で見ておきたい銘柄かと考えます。

5020 ENEOS 業績

3社の比較

バブルチャートで3社を比較してみました。

PER×ROEで見ると、ENEOSはROEが低いですが、ブリヂストンとヤマハ発動機は、低PER・高ROEかつ高配当株ですね。

高配当3% 時価総額1兆円 PER×ROE

配当性向と配当利回りで見ても、配当性向は高すぎる状態ではないので、健全と言えます。

高配当3% 時価総額1兆円 配当利回り×配当性向

将来の成長投資を考えると、高すぎる配当性向の銘柄はなるべく投資をしたくないですね。

スポンサーリンク

大型株の高配当銘柄

時価総額1兆円以上で3%以上の高配当株を見てみました。

高配当3% 時価総額1兆円 

21.8.13時点

指標面でも割安であり、配当も安定しています。

一時的な減配はあったとしても、必ず必要なサービスを提供している会社であり、確固たるポジションを築いている企業。

一時的な株価の下落はチャンスで、投資できる銘柄かなと思います。

投資のしやすさでは、ENEOS。

株主優待も楽しみたいならヤマハ発動機。

今後の増配も期待できるブリヂストンといったところでしょうか。

少額でもコツコツ投資をしていくことも良いですね。

PayPay証券では、日米の主要銘柄が単元未満株である1株から購入できる優れもの。

1,000円から少額で投資が可能!

つまり、低予算で投資をすることができるので、さっさと始めるのが大事ですね。

これまで単元未満株では、手数料が割高でしたが、気にせず買えるようになります。

【PayPay証券のメリット】

  • 1株から購入できる
  • 1,000円から購入できる(1,000円以上1,000円単位)
  • 米国株も購入できる(しかも、24時間取引可能!)
  • 取引できる銘柄は、日米ともに限定されているが、主要銘柄を網羅。
  • 1株からIPO(新規上場)に申し込みができる
  • 手数料:日本株が0.5~1.0%、米国株が0.5%~0.7%
  • 利用者の約7割が未経験者。
  • 累計170万ダウンロ―ド!

公式 PayPay証券の口座を今すぐ開設してみる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

デメリットは、日米ともに購入できる銘柄が限定されていることですね。

デメリットもありますが、投資資金が少なくても、1,000円から購入できるので、ソフトバンクグループやトヨタ自動車など日本の大企業はもちろん、AppleやAmazonなどの米国株も購入できる魅力があります。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
配当金投資PERで割安
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大10000円キャッシュバック!12/7まで。
kindleおすすめ投資本!
村上世彰、高校生に投資を教える。

これから投資を学ぶ方にもおすすめ!高校生にも分かるように、解説してくれています。

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資を始められる方にとって、絶対に読んでおきたい本!

白いネコは何をくれた?

マーケティング、ライティングにも役立つおすすめ本!

“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

資産数億円を築かれているエナフンさんの投資本。
中長期投資を実践したい方におすすめの投資手法が具体的に記されています。
繰り返し読みたい投資本です。

「会社四季報」最強のウラ読み術

四季報を読む際のヒント満載です。

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント