ふるさと納税でソニー製品やVAIOなど。家電は減っているので見つけたらチャンス

ふるさと納税 ソニー sony

人気のふるさと納税ですが、今年は総務省が高額な返礼品の取り締まりを始めたことから、大きく変わっていますね。

もともと、地方創生の一環で始まった制度だと思うので、都市部の自治体が税金減ったから困る!と国に泣きつくのは、どこか違和感も感じます。

行き過ぎた返礼品は良くないという思いも分かる一方、ふるさと納税をしている身としては返礼品選びは楽しく、返礼品を通じて自治体を知って、足を運んだことも考えれば、ちょっともどかしい思いもあります。

そんなふるさと納税ですが、平成28年度は、

過去最高!!

の受け入れ額でした。なんと前年比1.7倍!の伸び率です。すごいですね。

その人気の返礼品の一つであった「家電・電化製品」ですが、自粛する自治体が相次いでいます。我が家も狙っていた家電の返礼品をどうしようかと、うじうじ悩んでいたら、

いつの間にか終了!

していました。。。

悩み過ぎて失敗した・・・。

あなたが、もし気に入った家電の返礼品の申し込みができるのであれば、すぐに申し込みを決めておくほうが無難です。

スポンサーリンク

前年比約1.7倍に伸びたふるさと納税

総務省の発表によると、約2844億円ものふるさと納税がされたようです。我が家も微々たるものですが、実践しています。

2017ふるさと納税実績 統計

資料:総務省

私がふるさと納税を始めたのは平成26年からですが、それから実に7倍にもなっていますね。こんなにすごい制度になるとは、当時は思いもしませんでした。

ふるさと納税は、自治体への寄付をすることで、税金が控除されます。つまり、税金が安くなるんです。従来は住民税の所得割の1割が安くなる限度だったのですが、その限度額が2倍になったことで、一気に伸びましたね。

また、税金を安くしてもらうためには、確定申告が不要になる制度確定申告をする必要があったのですが、一定の要件を満たせば、ができたことでより手軽にできるようになったと思います。

ふるさと納税が伸びたのは

◎税金控除の金額が増えた

◎確定申告不要で税金控除ができる制度が設けられた

◎返礼品が充実している

28年度 第1位は宮崎県都城市

2017ふるさと納税実績 統計 上位5位

資料:総務省

家電の返礼品で有名であった長野県伊那市が2位に入っています。

伊那市は、テレビ、カメラ、掃除機や炊飯器など生活家電が目白押しで、人気の自治体だったのですが、総務省の自粛要請に応じて、いまは取り扱いをしていません。

そのため、大幅な減額が予想されます。

伊那市は4~5月にかけて、返礼率を3割以下にして家電製品の取り扱いをやめた。伊那市は16年度の返礼品からこうした製品を除き、新たに投入した返礼品による効果を加えないと17年度の寄付額は「(98%減の)1億3000万円になる」(企画政策課)という。

日本経済新聞平成29年7月5日より

宮崎県都農町は、15年度から楽天市場のふるさと納税サイトに参加しており、「第1回ふるさと納税賞」の大賞に選ばれるなど、都農町特産の「尾鈴豚」を使ったハム、ソーセージが人気だったことも実績が増えた要因だそうです。

宮崎県都農町(つのちょう) 楽天ふるさと納税

ふるさと納税 楽天 都農町 鰻

我が家も都農町にふるさと納税をして、うなぎをもらいましたが、絶品でした。

なにより、楽天ふるさと納税でポイント10倍だったので、実質負担を軽減できてお得度の高い自治体だったのもよかったです。

≫ 楽天でふるさと納税をするとお得過ぎてビビった!スーパーSALEがねらい目

家電を選ぶなら早めにした方が良さそう

「返礼品は寄付額の3割までとしなさい」という総務省の通知もあって、寄付額が上がっています。

今までは、4割とか5割とかあったのですが、3割までに抑えようとすることで寄付額が上がっているのです。

仕方がないですね。手が届かない。

でも、年収が割と高めの人だと大いに活用すべきだと思う。もう、次々と返礼品縮小になっているので、申し込むなら早めのほうが良さそうですね。

いくつか、家電を扱っていて割と良さそうな返礼品を用意している自治体を紹介します。

多賀城市(たがじょうし)はソニー製品

多賀城市は、ソニー製品を扱っていて、人気の自治体です。まだしぶとく返礼品を用意してくれています。

デジカメは人気なので、記事公開時は品切れでしたが、たまにふと復活するので、そうしたときはチャンスなんですね。一気に申し込みがあるんだと思います。


ソニーデジタルスチルカメラ DSC-WX500 100,000円 


ソニーデジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-PJ680(TI) ブロンズブラウン 200,000円


タイガー 本土鍋炊飯ジャーで炊く極うま多賀米セット 200,000円


飯山市はディスプレイやmouseパソコンが人気

私も飯山市にふるさとう納税をして、液晶ディスプレイをもらいましたが、すこぶる使い勝手もよくて、やってよかったふるさと納税のトップ3に入ります。

CMでおなじみのmouseパソコンも人気が高いですね。


iiyama製 24型液晶ディスプレイ「iiyama ProLite E2483HS-B1 45,000円  


「made in 飯山」マウスコンピューター11.6型ノート「MB-C250X1-S2-IIYAMA」 140,000円


安曇野市はVAIOとエプソン

長野県安曇野市は、パソコンの返礼品が充実している自治体です。

喬木村や米沢市もパソコンの返礼品が充実していましたが、廃止が決まっていますので、とても貴重な自治体となりました。かつては、7自体くらいはあったのですが、どんどん減っていますね。


VAIO C15 200,000円


EPSON Endeavor AT993AZM1 300,000円

佐賀県みやき町

ダイソンなど人気の生活家電が多いのが、佐賀県みやき町です。

あまり有名でないのですが、個人的には隠れた家電の返礼品が充実している自治体だと思います。

ダイソン関連の返礼品が多いので、一度ご覧になってみてください。


Dyson Supersonic (ホワイト/シルバー) 150,000円


ふるさと納税をしてみよう

人気の返礼品であった家電・電化製品は、縮小傾向ですが、年収800万円以上など高い方は、探してみるといいと思います。

家電・電化製品が返礼品としてなくなってしまったとしても、返礼品でも人気の高いお肉やフルーツは、どんどん充実している印象です。

これからも、ふるさと納税を続けて、地方を知るきっかけになって足を運んだりして見たいと思います。

ではでは。

≫ ふるなびでふるさと納税をしてみる