dポイント投資の始め方。身銭を切らずにポイント運用で投資体験ができますね。

dカード dポイント投資 dカード
スポンサーリンク

NTTドコモがdポイントによる投資体験サービス「ポイント投資」

運用サービス「THEO+ docomo」の提供を開始しました。月1万円からの積立できるのと、2018年7月からはおつり運用もできるようになります。

ロボアドバイザー(AIによる資産運用)の「THEO」を手がけるお金のデザイン社とのタッグですね。THEOはSBI証券住信SBIネット銀行でも利用できますね。

THEOのポートフォリオは、およそ40種類のETFから構成されています。

普段、dカードを使う機会が多いのでdポイントの新しいサービスを早速使ってみました。

スポンサーリンク

dポイントを運用で増やせる

dカード dポイント投資

今回、新たに追加されたのが、

○dポイントを運用する「ポイント投資」

○ロボアドバイザー「THEO」での運用

の2点ですね。

1つ目の「ポイント投資」は簡単に始められます。なので、速攻してみました。

dポイントを運用して、dポイントを増やしていく仕組みです。運用なので、減ることももちろんあります。

疑似運用みたいで、おもしろいですね。

もらったdポイントを活用するので、全く懐は痛みません。

投資をしたことがない方にとって疑似体験できるのはいいですね。

dカード dポイント投資2

選べるのは、株式中心のアクティブコースト、債券中心のバランスコースです。

私は、アクティブコースを選びました。

dカード dポイント投資4

直近1年間の実績を見てみると、アクティブコースのほうが良いリターンが出ています。

2017年6月から約1年で5%ほど上昇していますね。

アクティブコースは、ロボアドバイザーのTHEO投信の「THEOグロース・AIファンド(世界の株式中心)」の基準価格に連動しています。世界のETFに分散投資することで、世界の成長を取り込むことができます。

バランスコースは、、THEO投信の「THEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)」の基準価格に連動しています。

dカード dポイント投資3

dポイント投資に使うdポイント数を設定する

dカード dポイント投資5

dポイント投資は100ポイントから設定できます。

dポイントはいつもで引き出しすることができます。

ポイント投資は、1日1回、17時ごろに更新されています。

dカード dポイント投資6

何もしてなくてもポイントが増えました。

ポイントが減ったり、増えたりするわけですが、年間5%程度ポイントが増えてくれれば、なかなか効率的です。

dカード dポイント投資7

しばらく使わないポイントはdポイント投資に回してみようと思います。

≫ dカード

スポンサーリンク

THEO(テオ)との連携

dカード dポイント投資 テオ

また、このほかロボアドバイザーによる自動資産運用サービスを手掛けるTHEO(テオ)に対して、ドコモ経由で積立ができるようになりました。

○最低1万円から投資が可能

○毎月の積立投資は1万円から

○月末残高に対して1万円につき1.5%のdポイント付与あり(docomo契約者、非契約者は1.0%のdポイント)

毎月、dポイントが自動付与されるのもいいですね。わずかとはいえ、ないよりましです。

もしもシミュレーション

もしもシミュレーションで毎月の積立でいくら増えていくのかを試算できます。

dカード dポイント投資8

初期投資10万円、毎月3万円を積み立てると、10年後には532万円にもなっています。

積立投資が重要なことを再確認できますね。

dカード dポイント投資8

また、このほか、2018年7月に開始予定のdカードでのおつり機能により、買い物のたびに、設定金額に対するおつり相当額を自動的に積立→運用をすることができます。

設定した支払い金額単位(100円 or 500円)に対するおつり相当額が計算され、運用できます。

dカードで積立金の支払いはできません。

スポンサーリンク

dポイントがますます便利に

NTTドコモは、今後ポイント会員を軸に事業運営する方針を打ち出しています。

楽天、Tポイント、Pontaの後発で入ってきたdポイントですが、すでに6,500万人のdポイント会員がいます。(ライバルの楽天は9500万人)

dカーシェアやdマガジン、dトラベルなど、dポイントを使ったサービスは豊富なので、ポイントの消化先に困ることはありませんね。

参考 オリックスレンタカーでdポイントの貯め方と注意点。実はかなりお得

もちろん、貯まったdポイントで機種変更代金などに充当することもできます。

ドコモ契約者でなくても、誰でも、dポイント会員になることができます。

マクドナルドローソン、マツモトキヨシなどでdポイントも使えますし、ポイントアップもあります。

投資をしてみたいけど、身銭を切るのはちょっと慣れてから・・・というかたは、dポイント投資で疑似体験するのもいいかもしれません。

投資信託は、100円からなど少額でもできるので、実際に運用するほうが身にはなりますけどね。

電子マネーiDも便利なdカードで貯めることができるdポイント

これからも期待したいですね。

ではでは。

\\今すぐチェックしてみる//

公式 dカード

dカード
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
佐賀県みやき町(iPad、Apple watch、Dysonなど家電)

佐賀県みやき町は魅力的な返礼品を用意しています。
人気の高い『iPad』や『Dyson(ダイソン)』のほか、シャープ製品もあります。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)と期間限定の『Apple watch』です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

佐賀県みやき町(旅行券、商品券)

佐賀県みやき町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(Apple watch)

福岡県行橋市の返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

おさいふプラス

コメント