dポイント投資の始め方。身銭を切らずにポイント運用で投資体験ができますね。

スポンサーリンク
dカード dポイント投資

NTTドコモがdポイントによる投資体験サービス「ポイント投資」

運用サービス「THEO+ docomo」の提供を開始しました。月1万円からの積立できるのと、2018年7月からはおつり運用もできるようになります。

ロボアドバイザー(AIによる資産運用)の「THEO」を手がけるお金のデザイン社とのタッグですね。THEOはSBI証券住信SBIネット銀行でも利用できますね。

THEOのポートフォリオは、およそ40種類のETFから構成されています。

普段、dカードを使う機会が多いのでdポイントの新しいサービスを早速使ってみました。

スポンサーリンク

dポイントを運用で増やせる

dカード dポイント投資

今回、新たに追加されたのが、

○dポイントを運用する「ポイント投資」

○ロボアドバイザー「THEO」での運用

の2点ですね。

1つ目の「ポイント投資」は簡単に始められます。なので、速攻してみました。

dポイントを運用して、dポイントを増やしていく仕組みです。運用なので、減ることももちろんあります。

疑似運用みたいで、おもしろいですね。

もらったdポイントを活用するので、全く懐は痛みません。

投資をしたことがない方にとって疑似体験できるのはいいですね。

dカード dポイント投資2

選べるのは、株式中心のアクティブコースト、債券中心のバランスコースです。

私は、アクティブコースを選びました。

dカード dポイント投資4

直近1年間の実績を見てみると、アクティブコースのほうが良いリターンが出ています。

2017年6月から約1年で5%ほど上昇していますね。

アクティブコースは、ロボアドバイザーのTHEO投信の「THEOグロース・AIファンド(世界の株式中心)」の基準価格に連動しています。世界のETFに分散投資することで、世界の成長を取り込むことができます。

バランスコースは、、THEO投信の「THEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)」の基準価格に連動しています。

dカード dポイント投資3

dポイント投資に使うdポイント数を設定する

dカード dポイント投資5

dポイント投資は100ポイントから設定できます。

dポイントはいつもで引き出しすることができます。

ポイント投資は、1日1回、17時ごろに更新されています。

dカード dポイント投資6

何もしてなくてもポイントが増えました。

ポイントが減ったり、増えたりするわけですが、年間5%程度ポイントが増えてくれれば、なかなか効率的です。

dカード dポイント投資7

しばらく使わないポイントはdポイント投資に回してみようと思います。

≫ dカード

THEO(テオ)との連携

dカード dポイント投資 テオ

また、このほかロボアドバイザーによる自動資産運用サービスを手掛けるTHEO(テオ)に対して、ドコモ経由で積立ができるようになりました。

○最低1万円から投資が可能

○毎月の積立投資は1万円から

○月末残高に対して1万円につき1.5%のdポイント付与あり(docomo契約者、非契約者は1.0%のdポイント)

毎月、dポイントが自動付与されるのもいいですね。わずかとはいえ、ないよりましです。

もしもシミュレーション

もしもシミュレーションで毎月の積立でいくら増えていくのかを試算できます。

dカード dポイント投資8

初期投資10万円、毎月3万円を積み立てると、10年後には532万円にもなっています。

積立投資が重要なことを再確認できますね。

dカード dポイント投資8

また、このほか、2018年7月に開始予定のdカードでのおつり機能により、買い物のたびに、設定金額に対するおつり相当額を自動的に積立→運用をすることができます。

設定した支払い金額単位(100円 or 500円)に対するおつり相当額が計算され、運用できます。

dカードで積立金の支払いはできません。

dポイントがますます便利に

NTTドコモは、今後ポイント会員を軸に事業運営する方針を打ち出しています。

楽天、Tポイント、Pontaの後発で入ってきたdポイントですが、すでに6,500万人のdポイント会員がいます。(ライバルの楽天は9500万人)

dカーシェアやdマガジン、dトラベルなど、dポイントを使ったサービスは豊富なので、ポイントの消化先に困ることはありませんね。

参考 オリックスレンタカーでdポイントの貯め方と注意点。実はかなりお得

もちろん、貯まったdポイントで機種変更代金などに充当することもできます。

ドコモ契約者でなくても、誰でも、dポイント会員になることができます。

マクドナルドローソン、マツモトキヨシなどでdポイントも使えますし、ポイントアップもあります。

投資をしてみたいけど、身銭を切るのはちょっと慣れてから・・・というかたは、dポイント投資で疑似体験するのもいいかもしれません。

投資信託は、100円からなど少額でもできるので、実際に運用するほうが身にはなりますけどね。

電子マネーiDも便利なdカードで貯めることができるdポイント。

これからも期待したいですね。

ではでは。

≫ dカード

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly