【スターバックスカードへのチャージ】dカードを持っているとスタバ代の節約が簡単

dカード スターバックス dカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スターバックスは、ちょっと一息ついたり、パソコンで仕事をしたりと、何かと便利な場所です。

ただ、値段は高いので少しでも節約しておきたいところ。

私は、普段スターバックスカードで支払いをしています。

スターバックスカードは、クレジットカードやApple payでのチャージが可能

つまり、キャッシュレス支払いができます。

スマホアプリからチャージができるので、手軽に支払えるのもいいですね。

このチャージするクレジットカードをdカード GOLDにするだけで、さらにお得になります。

スポンサーリンク

スタバ代は、スターバックスカードで支払おう

スターバックス カードIMG_4447-min

スターバックスカードは、チャージすることで支払いができます。

さらに便利なのが、スタバアプリでのモバイルスターバックスカードです。

カードタイプのスターバックス カードを持っていなくても、モバイルスターバックスカードは利用できます。

スマホのアプリから、

  • 残高照会
  • オンライン入金(チャージ)
  • オートチャージ設定
  • 残高補償サービス

などができるので、非常に重宝します。

カード型のスターバックスカードからモバイルスターバックスカードへの残高移行も可能です。

スマホでサクッと支払いができるのが、便利ですね。

チャージはdカードだと4%お得!

スターバックス5 チャージ4

ドコモが発行しているdカード

ドコモユーザーでなくても、作ることができます。

非常に人気のクレジットカードで、契約者数は右肩上がりで増えています。

特に、特典の多いdカード GOLDは人気ですね。

NTTドコモ 20年3月期2Q 金融

NTTドコモ 20年3月期2Q 金融

このdカードでスターバックスカードにチャージするだけで、

4%節約

を実現することができます。

  • dカードでのチャージ 1%(100円税込)
  • dカード特約店 3%(スターバックスが対象)

つまり、合計4%分のdポイントをもらうことができます。

実際にdカードでチャージしてみると、4%のポイントが貯まっていました!

dカード スタバ

これはかなりお得ですね!

dポイントは1ポイント1円で利用できるので、貯まったポイントはローソンや東急ハンズ、マクドナルドでも利用することができます。

スポンサーリンク

dカード GOLDがおすすめ

dカードは、年会費無料で還元率1%と高いクレジットカードです。

スターバックスをよく利用する方だけでなく、私のようにたまにしか使わない方でも、スタバカードへのチャージで4%節約できるのは魅力的です。

また、ドコモユーザーであれば、dカード GOLDを持っておくといいでしょう。

ドコモのスマホ料金やドコモ光などは、10%のdポイント還元が実現できるので、ざくざくdポイントが貯まっていきますね。

 

【dカード GOLD】

dポイントはドコモユーザー以外でも貯めることができます。

通常の還元率は1%ですが、ドコモユーザーであれば、ドコモ料金やドコモ光の料金の10%のdポイントが貯まります。

dカード Gold 10%還元

dカードHPより

ドコモユーザーであれば持っておきたいカード。

  • 年会費10,000円(税抜き)
  • 家族カード 1枚目無料、2枚目以降1,000円(税抜き)
  • 還元率1%
  • ローソン・ノジマは3%割引(20年6月30日まではローソンは+2%還元)
  • 年間100万円以上、200万円以上の利用で利用特典あり(最大2万円相当)
  • dカード携帯補償(購入後3年間は10万円まで補償
  • 盗難などの補償(年間300万円まで補償
  • 傷害治療費用 300万円(GOLD以外100万円)
  • 携帯品損害 50万円(GOLD以外なし)
  • 乗り継ぎ遅延 2万円(GOLD以外なし)

QRコード決済のd払いを使う際に利用しているんですが、ポイントが良く貯まります。

11月1日~11月14日まで。

500pt/回、2,000pt/期間中、国の還元対象店2%~5%加算、dポイント付与、dカード/dカード GOLD限定

公式 dカード GOLD

\今すぐチェック/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
dカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント