ふるさと納税のポイント制度は使いやすい!ふるぽを使ってみよう!

ふるさと納税 ふるぽ

ふるさと納税の駆け込みが多い12月です。

ふるさと納税は自治体への寄付をすることですが、自己負担2,000円を超えた部分は所得税と住民税(あるいは住民税のみ)が安くなる節税方法として人気を集めています。

自治体へ寄付をすると特産品をもらえるわけですが、自己負担2,000円を超える特産品をゲットすれば、それ以上は全部タダってことですからね。だから、人気なんです。

その人気のふるさと納税は、年収によって自己負担2,000円になる上限額が決まっています。

その上限額が2015年から2倍にアップしているので、今までよりも多くふるさと納税をすることができるわけです。

そのふるさと納税ですが、人気の特産品(返礼品)は品切れになることも・・・・。

でも、この年内に寄付をしておかないとなんだかもったいない気持ちになる。ただ、ほしい特産品がないって思っているそこのあなたにとってもいいサービスがあります。

今年ふるさと納税して、来年特産品を選ぶ方法があります。

それが、ポイント制を導入している自治体へ寄付すること。

ということで、早速実践してみましたので、気になるあなたも是非やってみてください。

スポンサーリンク

ポイントで特産品を選べる「ふるぽ」がおすすめ

ふるさと納税 ふるぽ

ふるさと納税のサイトはたくさんありますが、私はその中でもふるさとチョイスを愛用しています。今年の年収もおおよそ分かってきましたので、ふるさと納税できる金額も確定してきますね。

計算してみると、ふるさと納税の限度額がちょっとばかり想定より上になりそうです。

関連記事 ふるさと納税の限度額を計算しよう!確定申告が不要になってさらに便利に。

でも、正直いまは欲しい特産品がない・・・・というより、選ぶの面倒くさい・・・

やらないとなんだかそんな気分かなぁと思っていたら見つけたのが「ふるぽ」というサイトです。JTB西日本が運営しているサイトなのですが、このサイトに登録している自治体はポイント制を採用しているんです。

というのは、各務原市(岐阜県)にふるさと納税したときに、寄付金額に対して特産品をちゃんと選べてなくて、まだポイントが余ってますよ~って連絡を頂きました。

当市では、1万円につき1ポイントの記念品をお選びいただけます。ジン様におかれましては3万円のご寄付を頂いておりますので、3ポイント分お選びいただけます。

いまのところ1ポイント分しかお選びいただいておりません。

よろしければあと2ポイント分お受けできますが、いかがなさいますでしょうか。

ふむ、そうなのか。うすうす気づいていたけど、ポイント制ってあるんですね。

ふるさと納税「ポイント制」とは?

このポイント制は、寄付額によってポイントをもらえる自治体があるということです。

寄付額によって、ポイントが付与されるのです。

このポイントを使って記念品をもらうことができるわけです。さきほどご紹介した「ふるぽ」のサイトをちょっと覗いてみましょう。

ふるさと納税 ふるぽ

交換ポイント○○ポイントってのが表記されています。

これは自治体によって異なりますが、画面ではイチゴの記念品をもらうのに50ポイントと交換できますよ~ってことです。

いくらの寄付額でいくらポイントもらえるの?

画面では栃木県の矢板市を例に挙げていますが、この市では次のように付与ポイントが決まっています。

ふるさと納税 ふるぽ3

50ポイントであれば1万円の寄付金が必要ということになりますね。

このポイントは自治体によって異なるので注意してください。必ず寄付先の自治体に確認しましょう。ふるぽでも確認できますし、自治体のHPでも確認することができます。

ポイント制をしている自治体は何が得なの?

さて、ここなんです。通常はふるさと納税をする際に記念品を選ばないといけません。

ポイント制を採用している自治体に寄付(ふるさと納税)をした場合、

今年ふるさと納税しても、来年に記念品を選んでもOK

なのです。

とりあえず、良さそうな自治体にしておくだけで今年はOKです。記念品は来年ゆっくり選ぶことができます。

なぜなら、このポイントには有効期限が設けられているからなのです。

ふるさと納税 ふるぽ2

矢板市では、ポイントの有効期限が2年間なので、2年の間に使えばオッケーってことです。これは焦って記念品を選ばなくてもいいですね。

ポイントの有効期限が1年間のところもありますので、必ず確認してください。そして、ポイントを必ず使うようにしておきましょう。

申しこみはふるさとチョイスから

ふるさと納税5

自治体が決まったらいよいよふるさと納税の実行です。申し込みは、ふるさとチョイスからすることになります。

ややこしいのですが、ふるぽ」からアクセスして申し込むときに、ふるさとチョイスの画面に飛びます。あとは、粛々とふるさと納税するだけです。

申込画面では、ポイント付与を希望するかどうかを聞かれますので、「希望する」を選択しておきましょう。

ふるさと納税 ふるぽ4

IDとパスワードがJTBから送られてくる

ふるさと納税 ふるぽ

後日、JTB西日本から「ID」と「パスワード」が記載されたハガキが到着します。そのIDとパスワードで、ふるぽのマイページにログインすることでポイントを利用して、記念品をもらえます。

または、自治体から送られてくるカタログから選んで記念品を申し込むこともできます。

カタログはJTB西日本(ふるぽのサイト運営)から送られてきます。

ふるさと納税カタログ-min

中にIDとパスワード、そして、ふるさと納税先のカタログが入っていました。

ふるさと納税 西条市-min

この中から、選んで記念品を申請するんですね。期限があるので、それまでに忘れずにしないともったいないですね。

ふるさと納税-min

小額しかふるさと納税していないですが、後でじっくり選ぼうと思います。

ポイントの有効期限が切れそうになると

ふるさと納税 ふるぽ

ポイントの有効期限間際になると、ハガキで連絡をしていただけます。

これで初めて知りましたが、有効期限内に追加で寄付をすると、ポイントが合算されて、さらに有効期限が延長されるんです。

ポイントを貯めていくことができるので、便利ですね。

ふるさと納税の駆け込みに

ふるさと納税 ふるぽ

欲しい特産品が品切れになっている・・・。とりあえず、節税したいから今年にふるさと納税しておきたいって方にはとくに「ふるぽ」が便利よさそうですね。

人気の商品はすぐになくなりますからね。

ふるさと納税は、限度額が2倍にアップになってお得度がアップしたサラリーマンが手軽にできる節税方法だと思います。

ふるさと納税をすると、確定申告が必要な場合と確定申告が不要な場合があります。

確定申告が必要な場合であれば、所得税の還付住民税の減額という形で税金が返ってきます。

今年の4月から始まった確定申告が不要のワンストップ特例制度を利用すれば、住民税の減額を受けることができます。

住民税の減額は来年6月からの住民税が12か月にわたって減額されます。

例えば、6万円の減額であれば、毎月5,000円住民税が安くなる計算です(概算)。

関連記事 【ふるさと納税】確定申告が不要になるワンストップ特例制度の利用方法と注意点とは?

関連記事 ふるさと納税しても住民税は還付されないよ。控除されるのはいつ?

また、ふるさと納税の限度額が分からないってあなたには、こちらにまとめましたので合わせて読んで見てください。

関連記事 ふるさと納税は給料以外の収入があった場合にどうなるの?便利な計算ツールを使おう

時間がないときには、ネットバンク(じぶん銀行ジャパンネット銀行など)か、もしくは、クレジットカード(セブンカード・プラスdカード/dカード GOLDが最近ではおすすめです)での支払いが便利です。

私はクレジットカード払い派です。

8割近くがクレカでの支払いになるようです。

12月は寄付申し込みの期限にも注意しましょう。

あなたもぜひ今年チャレンジしてみてくださいね。

≫ ふるさとチョイスでふるさと納税をしてみる

では。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly